301件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-06-24 令和元年総務委員会( 6月24日)

○企画調整課長  国の要綱で、事務的に国勢調査と国立社会保障人口問題研究所の数値を記載するよう示されている。なお、山形市発展計画では人口30万人を目指すとしており、今年度新たな発展計画を策定する予定である。その中で、将来の人口ビジョンを改めて検討する予定である。現在の発展計画で一定の考えが出されているため、それに沿った方向性で今後具体的に検討していく。

高畠町議会 2019-06-04 2019-06-04 令和元年第511回定例会第2号 本文

最後になりますけれども、部活動において、私は地域とか保護者とどのようにコンセンサスということで質問させていただきましたけれども、昨年ですけれども、朝日新聞とベネッセ教育総合研究所による学校教育に対する意識調査というのをやられておりまして、その報告によりますと、学校全体に対する満足度というのが保護者の83%が満足していると、部活だけでなくて授業も含めてだと思いますけれども。

山形市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第3号 2月27日)

御指摘のとおり、小規模農家が果たす役割の重要性は認識しており、山形大学東北創生研究所委託し、高瀬地区及び大曽根地区において小規模農家や中山間地域でも取り組める農産物として、信濃ぐるみや落花生の試験栽培を実施したところでございます。今後も引き続き、農業戦略本部において、小規模農家を維持するための必要な施策を検討してまいります。  次に、森林公益性についてでございます。  

山形市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第2号 2月26日)

現状を見ますと、発展計画に定めた目標までは至っておりませんけれども、国立社会保障人口問題研究所が当初掲げていた推計値よりは多い人口が維持されているという状況かと思います。これにつきましては、各種施策を総動員しまして街全体としての魅力を高めていく、これが肝要かと思いますので引き続き努力をしてまいりたいと思います。山形市発展計画の計画期間は、平成31年度までとなっております。

高畠町議会 2018-06-06 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文

初めに、3年前に策定した「人口ビジョン」では、国立社会保障人口問題研究所が推計した当町の人口が、2040年に1万8,000人に減少するという予測を視野に、町の環境整備を整えながら2万人を目指す戦略を打ち出しています。しかし、同研究所がことし発表した推計では、この5年間でさらに減少が進み、1万6,000人近くまでになるとしています。  

庄内町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

二つ目が、本年3月30日に2045年の将来推計人口が、国立社会保障人口問題研究所から発表されてございます。その中で、県内全市町村の将来推計人口が、4月4日に一斉にマスコミ報道されてございます。これを見て、私だけではないと思います、愕然としました。2030年には、ではどうなるかということでございますが、庄内町が1万7,049人、2045年には1万2,669人、これが推計人口でございます。  

庄内町議会 2018-04-18 平成30年  4月 全員協議会-04月18日−01号

平成29年5月18日に、有限会社香山壽夫建築研究所平成30年3月20日を期限契約締結した。防災安全社会資本整備交付金事業 庄内町役場本庁舎等整備事業 実施業務委託が完了したので、その概要を、お手元の資料の両面刷りカラー、A3版、全8ページで説明したいと思います。今までの基本設計と重複する部分が多いかと思われますが、確認することもあろうかと思いますので、この点はご容赦願いたいと思います。  

天童市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月06日−03号

国立研究開発法人国立環境研究所資源循環・廃棄物研究センターによる全国の自治体を対象に行った「高齢者に対するごみ出し支援の取り組みに関するアンケート調査」の結果報告が、2015年10月に出されました。  それによりますと、「今後、高齢化によりごみ出しが困難な住民が増える」と思う自治体は約9割。高齢者を対象とした「ごみ出し支援制度」がある自治体は約2割。

庄内町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−04号

イの道の駅付近の風車撤去予定と新たな設置計画についてはどうかということでありますが、昨年12月に立川風力発電研究所の400kw風車2基を撤去いたしたわけであります。あの付近に8基立っていたものが、今6基ということで風車が回っているわけであります。その2基分を、現在その跡地に日立製作所が2,500kwの風車建設を計画しておりまして、地元住民への説明会などを実施しております。

天童市議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

NHK放送文化研究所平成28年2月にまとめた国民生活時間調査報告書によると、月曜日から金曜日までのそれぞれの平日が休みであると答えた有職者は3%から6%、土曜日が休みであると答えた有職者は48%、日曜日が休みであると答えた有職者は63%、決まっていないと答えた有職者は33%でした。  

天童市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

さて、本市においては、国立社会保障人口問題研究所の推計によりますと、平成37年には5万8,000人弱と6万人を切っており、平成57年には4万6,000人強という驚愕の数字となっております。もちろん、この数字をうのみにすることはできませんし、現に平成27年度の数字を見比べてみましても、推計値よりも実際、2,000人以上も天童市は多い数となっております。  

高畠町議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第503回定例会第2号 本文

国立社会保障人口問題研究所が調査し報告した少子化人口減少に影響する原因の一つと言われる2015年「生涯未婚率」は、全国で男性23.37%、女性14.06%ということで、5年前の調査から伸びてほぼ男性の4人に1人、女性の7人に1人の割合で結婚離れが進んでいるといいます。要因となる少子化対策としての行政の婚活支援について伺います。  

天童市議会 2017-09-06 平成29年  9月 決算特別委員会-09月06日−02号

4目教育研究所費の中で、小中学校知能学力検査業務委託料526万5,000円と、結構な金額でやられているわけですが、どこに委託をしてやっているのか、その目的は何なのか、出てきた結果をどのように応用しているのかというふうなことでお願いします。 ○狩野佳和決算特別委員長 江川学校教育課長。 ◎江川久美子学校教育課長 委託先は、山形教育用品でございます。

山形市議会 2017-06-26 平成29年総務委員会( 6月26日)

        │【山口県山口市】         │ │   │・地域分権の推進に関する条例につ│・公共交通について        │ │   │ いて             │【山口県下関市】         │ │視察地│・地域づくり一括交付金について │・公共施設マネジメントについて  │ │と項目│【滋賀県津市】        │【山口県宇部市】         │ │   │・草津未来研究所