580件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴岡市議会 2022-09-09 09月09日-04号

本市の水道水もこの基準をクリアした安全な水をお客様に提供しておりますが、水のおいしさといった場合はこの基準とはまた別に昭和60年4月に厚生省、現在の厚生労働省でありますが、この国の諮問機関でありますおいしい水研究がまとめたおいしい水の要件では水温、残留塩素、硬度、これはカルシウム、マグネシウムの量であります。

鶴岡市議会 2021-09-03 09月03日-01号

議員御案内のとおり急速に進展する少子高齢、人口減少社会にあって、労働人口の減少が懸念される中、総務省自治体戦略2040構想研究からは職員数が減少しても自治体が本来担うべき機能を発揮できる仕組みが必要とされ、簡易な事務作業についてAI・ロボティクスが全て自動処理するスマート自治体への転換及び新しい公・共・私の協力関係の構築の必要性が報告されております。

鶴岡市議会 2020-12-05 12月05日-02号

キッズドームソライの建設に至るまでの間、市とYAMAGATA DESIGN社では次世代学童保育に関する研究というのが設置され、後に会の名前が次世代教育施設子ども棟開発準備会に変更し、官民連携について協議されていたと聞いています。その協議ではどのようなことが話し合われ、どのようなことが決定してきたのか伺います。

小国町議会 2020-06-04 令和2年第7回定例会(第1日) 本文 2020-06-04

最後に、精神面のケアですが、町では、小国小学校、小国中学校教育相談員を配置して、児童生徒や保護者が抱える様々な不安への対応を行っているほか、山形県スクールカウンセリング研究代表世話人である臨床心理士の大御 均先生によるスクールカウンセリングを年6回、個別相談の形を取り実施しており、今年度も既に5月末に実施しました。

酒田市議会 2020-03-19 03月19日-07号

全国町村会の農村価値創生と観光・交流に関する研究では、四、五年前から田園回帰志向が全国的に高まっているとする調査結果を報告しております。一方、本市では、生産者の高齢化で余剰農地が拡大することも懸念されております。

鶴岡市議会 2020-03-06 03月06日-03号

また、こうした国の動きを受けまして、庄内におきましても鶴岡と酒田地区の設計事務所や建設業者が発起人となりまして庄内BIM研究が設立されまして、これに賛同いたしました企業など約70社が参加しまして、設立総会が先月開催されたところでございます。  次に、BIMが将来的にどう進んでいくのかについてお答えをいたします。

庄内町議会 2020-03-05 03月05日-03号

昨年度で国の補助制度は終了いたしましたが、事業者はこれまでの事業経過を踏まえて、今年度に新たな研究の立ち上げを行っております。町は交付金を支給したことを踏まえて、これまでの成果をどのように評価し、今後の支援体制をどのように考えているか。 以上2点について1回目の質問といたします。 ◎町長 五十嵐啓一議員の方にお答えをいたしたいというふうに思います。 

鶴岡市議会 2020-03-05 03月05日-02号

つるおか森の保育研究、先月の10周年記念フォーラムには県外からも参加者がありまして、大きな注目を集めていると思います。こちらの先月のフォーラム、本当に多くの方がお集まりでしたけども、もうちょっと遅かったら開催できなかったなと思って、本当にまず成果を出せてよかったなと感じるところでございます。

酒田市議会 2020-03-03 03月03日-03号

(4番 齋藤美昭議員 登壇) ◆4番(齋藤美昭議員) それでは、通告の順に従い、市政研究代表して令和2年度市長施政方針及び議第19号令和2年度酒田市一般会計予算について代表質疑を行います。 また、前者と重複する点もありますが、質問していきたいと思います。 まずは、(1)令和元年度までの成果、評価と新年度予算編成の考え方についてお伺いいたします。 

鶴岡市議会 2020-03-03 03月03日-01号

一方、市民への浸透の観点ということでいいますと、昨年10月には全国産直サミットで地域の内外から約300名が参加したほか、豊かな食の郷土づくり研究や和食文化学会で200名以上の皆様がおいでになりまして、交流がありました。また、本年2月には第1回鶴岡No.1次世代料理人決定戦を開催しまして、100名の市民参加する中、6名の市民からも審査員を務めていただきました。

天童市議会 2020-03-03 03月03日-03号

昨年10月に、天童市観光協会のボランティアガイドの皆さんと天童郷土研究の野口先生の講師による研修会に参加させていただき、青少年センター前の鳥居の説明から始まり、天童公園周辺を案内していただきました。その折、天童神社などの説明板などが傷んでいたり、愛宕神社の拝殿内も一部の絵馬がはがれていたり、すさんだ状況を見て心が折れました。 

天童市議会 2020-03-02 03月02日-02号

教材研究の支援は、教育委員会としていろんな研究などを行っている、そういうことでございます。 地域人材の活用についても、ひと・もの・ことをやりやすいように、各学校地域の講師を派遣できるお金を、教育委員会で派遣するということを措置させていただいておりますので、全般に従って、この10項目についてそれぞれの取組を進めているところでございます。 ○山崎諭議長 伊藤和子議員

酒田市議会 2019-12-19 12月19日-04号

具体的に申し上げますと、法人保育園では、保育士調理師食育実践研究を開催し、地元でとれる魚や四季の野菜を取り入れたメニューなどを提供し、四季折々の酒田の旬を味わう給食を実施しています。 次いで、公立保育園では、笹巻づくり、芋煮会、干し柿づくりなどの体験を行っており、地域の方々との交流や連携のもとに実践をされているところです。 

山形市議会 2019-12-13 令和元年12月定例会(第4号12月13日)

現在、国の地方制度調査会で検討されている自治体戦略2040構想は、人口減少の危機をあおりながら、市町村の業務を圏域に集約し、自治体の役割、仕事をAI、ロボティクスに代行させ、職員を半減しようとする構想でありますが、その研究の報告では、連携中枢都市圏構想推進要綱が定められた2014年以降、全国11のモデル事業を初め、ビジョンを作成した32の圏域、304の構成市町村の取り組みについて不十分と指摘しています

山形市議会 2019-12-09 令和元年総務委員会(12月 9日)

○委員  以前山形新聞に、かつて総務大臣だった片山氏の、「一見有利に見えても」との見出しで記事があり、これは、自治体戦略2040構想研究の報告などをもとにして言っているのかもしれないが、この連携協約というのは、2015年ごろから、本格的にモデル事業として全国11くらい、東北では盛岡市がモデル事業として進めてきている中で、制度的に連携する市町の主体性がなくなるような懸念はないか。