1372件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会(第3号 6月17日)

専門免許専門知識のない教師が教科書を使って授業することは不自然でありますし、問題があると思われます。このような状況教育長はどのように考えていらっしゃるのかお伺いします。  教育問題3点目、9月入学制度についてであります。  政府は、新型コロナウイルスの影響による長期休校を受け、9月入学実施の検討を行っています。与党は本年度や来年度の導入を見送る方針を発表いたしました。

山形市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会(第2号 6月16日)

相談への対応専門的な知識経験、継続的な支援対応が必要とされるため、それぞれの担当部署において関係機関と連絡、調整を図りながら進めております。今後、相談窓口を分かりやすく整理したチラシを作成するなど、広報やまがたやSNS等も通じて広く周知を図ってまいります。 ○議長(斎藤武弘) 松井愛議員

庄内町議会 2020-06-09 06月09日-01号

[検証の結果]   ア 先進地事例の活用    (ア) 生産者にとっては身近に農協や県の出先機関があり、そこに専門家がすでに配置されていることや、生産者一定専門知識習得していることから、町として特に専門家の配置は考えていない。    (イ) 本町の、ほ場整備については当初から水稲にむけた整備であることや、地理的要件等から水田に戻さない畑地化については想定されていない。       

小国町議会 2020-06-04 令和2年第7回定例会(第1日) 本文 2020-06-04

また、ソフト面では、先ほど町長からもありましたように、専門知識を持つICTアドバイザーを委嘱し、教職員ICT機器指導資質の向上のための定期的な研修を行っております。児童生徒においては、本町一貫教育の「情報」の科目として、各学校において総合的な学習の時間の中で情報教育に取り組んでいます。  

山形市議会 2020-03-24 令和 2年 3月定例会(第5号 3月24日)

まず、委員から、浄化槽法の改正に伴い、浄化槽管理士に対する研修機会確保浄化槽保守点検業者に義務づけるとのことだが、その背景はどうか、との質疑があり、当局から、浄化槽コンパクト化や、処理性能高度化対応する最新知識確保と、適正な管理による水質保全推進を図る趣旨のもと改正されたものである、との答弁がありました。  

酒田市議会 2020-03-19 03月19日-07号

学校だけじゃなくて、小学校高学年あたりからも専門的な知識を勉強する機会も増えますし、その中で、例えば講話とか、あるいは、実際には職場体験とか職場訪問とか、そういった形でもキャリア教育推進事業は展開されております。 今、お話があったとおりで、特に高校生あたりは、例えば青年部ですので、若い人、非常に年代の近い人から話を聞くというのは非常に有効かと思います。

酒田市議会 2020-03-17 03月17日-06号

罹患後の対応・処置はもちろん大切ですが、国が示している濃厚接触の禁止や手洗いの方法、せきをする場合のエチケット、正しいマスクの着用の仕方といった罹患しないための予防知識を持ち合わせることが肝要と考えます。 

山形市議会 2020-03-17 令和 2年産業文教委員会( 3月17日)

委員   すぐれた知識経験をもっている地域から協力してもらい、よりよい学校づくりに取り組んでほしい。 ○委員   地域とのつながりを強化していくとのことだが、これまでも市内学校では地域連携をしており、コミュニティ・スクールを導入したことによる成果が得られるのか疑問である。また、地域によっては、町内会長振興会長を選ぶのも大変な地域もあり、負担をかけてしまうのではないか。

山形市議会 2020-03-17 令和 2年環境建設委員会( 3月17日)

廃棄物指導課長   浄化槽コンパクト化や、処理性能高度化対応する最新知識確保と、適正な管理による水質保全推進を図る主旨のもと改正されたものである。 ○委員   市内浄化槽管理士はどのくらいいるのか。 ○廃棄物指導課長   2月1日現在、市内で業を行う浄化槽保守点検業者確保している浄化槽管理士は77名である。  

酒田市議会 2020-03-13 03月13日-05号

今年度はこのほかに、6月の山形県沖地震対応に対する課題を踏まえて、追加研修を行っており、日本海側の津波の特性に関する知識職員招集システム操作方法習得避難所等開設マニュアルに基づく避難場所開設・受入れの手順などの確認を行ったところであります。 課題もございまして、それは職員が居住していない地区は地元の職員を配置できないため、参集に一定程度の時間がかかってしまうということが挙げられます。

高畠町議会 2020-03-12 2020-03-12 令和2年第515回定例会第5号 本文

このような激しい変化の時代を生き抜く力を育むため、教育課程全体や各教科などの学びを通じて「何ができるようになるのか」という観点から、「知識及び技能」、また「思考力判断力表現力等」、そして「学びに向かう力、人間性等」の3つの柱からなる「資質・能力」を総合的にバランスよく育んでいくことを目指すとしています。  

高畠町議会 2020-03-10 2020-03-10 令和2年第515回定例会第3号 本文

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、地域住民に対し感染症に関する正しい知識普及啓発が重要だと考えており、広報ホームページ等を活用しながら情報提供を行っております。刻々と変化する状況対応するため、国や県と連携を図りながら、感染症に関する情報について迅速かつ的確な情報提供に努めてまいります。  次に、感染症に対する医療機関体制整備についてお答えをいたします。  

鶴岡市議会 2020-03-09 03月09日-04号

徂徠学とは、生まれながらの個性に応じてその才能を伸ばすことを天性重視、個性伸長基本理念とし、知識を詰め込むのではなく、自ら考え、学ぶ意識を高めることを重んじた学問であります。その教えをコンセプトの核として、子供の本能と創造性が爆発する遊び場を造りましたというようなことでお伺いいたしました。

高畠町議会 2020-03-09 2020-03-09 令和2年第515回定例会第2号 本文

社会を生き抜く基盤となる確かな学力を育成するために、基礎的で基本的な知識技能の確実な習得を図りながら、児童生徒がみずから課題を設定をし、主体的・協働的に問題を解決していく授業づくりを行ってまいります。  次に、2つ目の視点であります、「町の特色を活かした産業への支援と雇用の創出」に関する主要施策について申し上げます。