261件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-13 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

そちらにつきましては、どのような世帯かといいますと、こちらに分類されていないような世帯でございますが、例えば就労できる世帯といいますか、そういう世帯もあるんですけれども、たまたま、もともと傷病病気等で生活保護にされた方なんかもいらっしゃるわけなんですけれども、病気で亡くなったという場合もございます。

天童市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号

まずは、個人病気などの機微情報は聞かない。いない人の話はしない。サポート役の当番さんは、河田さん以外1人か2人、できる人が手を挙げるという方式ですが、当番表があるんです、そのサポート役。先ほど言うように世話をしているというわけじゃなく、ただサポートするだけです。当番表があるんですが、自主的に名前を書くのですが、自然と埋まってしまうと。聞いたこと全てが新感覚でありました。

庄内町議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号

[重点3]「健康長寿日本一のまちづくり」  元気でご長寿日本一の基本は、「病気予防」に尽きます。そのためには、自分の体は自分で守る意識を強く持つこと。自分の体を良く知ることが大事です。「友達仲間が多く、外出する機会が多い人は長生きする」と良くいわれます。そのための環境づくりは、今後も町で準備していきたいと思います。  

天童市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月06日−03号

そんな中で、職がなくなった場合、病気になった場合、そうした場合に起こり得る、生活困窮になってしまうということが考えられるわけですよね。  それで今、所得層の一番下の第10分位にいる10%の方々の暮らしなんかを見ても、本当に健康文化的な生活を営んでおられるのかなというふうなのがあると思うんです。  

庄内町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−01号

それと合わせて、施行規則を見ると、返還の滞納についても理由があってということだろうと思いますが、返還の延期申請をすれば、いろんな災害やら病気やらということで、施行規則の中に則って申請すれば可能なわけですが、そういった滞納の内容についても、できればもう少し詳しく説明していただきたいと思いますし、すばらしい制度であることは誰しも認めますが、一般財源、一般会計からの繰り入れということで、最終的に今年度末で

庄内町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−04号

この国民健康保険は、病気をしたときにありがたさがよく感じられるわけです。しかしながら半面、この負担がどうなるのかということも心配な面がございます。  この国民健康保険の現状を見ますと、なぜ都道府県でやらなければいけないのかということの背景。やはり被保険世帯の減少。こういうことがあるわけです。庄内町でも平成26年が3,724世帯

庄内町議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月14日−02号

花き農家の方に少し聞きましたら、本気でやるのだったら教えるし、以前あったような花きを学ぶ方に受け入れて指導をするというシステムの中でという仕組みもありますが、現在その受け入れの農家もゼロで、そういうふうに学んでいる方もいない現実の中で、体験に来た方に受け入れて、病気のことあります、まして歩いてくるとか、その方を受け入れて、育てていくという余裕が、今の第一線で、病気とかいろいろな難問題に取り組んでいる

庄内町議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月12日−01号

先程も説明いたしましたように、人事に絡むものとか、職員病気休暇に起因するもの、あるいは職場の状況の変化。いわゆる手のかかるお子さんを今回預かるということでの人的な配置とか、そういった諸々の要因があるということでございます。 ◆11番(工藤範子議員) それでは、再度質問させていただきます。  農林課の方では、これまで毎年ヒアリングがあると私伺っております。

天童市議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃や十二指腸潰瘍、慢性胃炎など消化器官に関係している多くの病気の原因と言われております。最近は、胃がんの原因になる菌としても重要視されてきております。感染状況は衛生状態が悪かった当時の方は感染率が高く、衛生環境がよくなった現在は感染者数が少ないと言われております。感染経路は、家庭内での口口感染、開発途上国では糞口感染などがあります。  

庄内町議会 2017-09-14 平成29年  9月 決算特別委員会-09月14日−04号

ただ、病後児保育というのは、病気で来られるということを前提で、なおかつ、どういった病気かも前提で準備ができますが、病気ではない子どもたちの状況を見て、病気を察知して対応するというのは、これもまた観察力と経験がいる大変重要な仕事であろうと思っております。これが平成29年度1名しかいない体制、1名が休めば、この体制とれないわけですよね。

庄内町議会 2017-09-13 平成29年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号

◆工藤範子委員 やはりそういうことも心配をなさっている方もおりますし、今後がんは治る病気とも言われております。また、がんの後援会もあるようでありますので、今は2人に1人ががんになる時代となっておりますし、がん検診のさらなる受診率の向上に努めていただきたいと思います。  それから、順序が逆になりますが、歴史民俗資料館運営費についてお伺いいたします。  

庄内町議会 2017-09-08 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月08日−04号

あるいは病気、それから安息状態を必要とする方。特に深夜とあるいは昼の時間帯にばんと来ると、非常に妨げになる。赤ちゃんがびっくりすると。今のところそういう状況は出ておりませんが、要するに多数で決めたものであっても、実際政策を実行する場合は、そういうところの負の面も考えた政策の運用。それが少数意見の尊重であると私は思っております。  

庄内町議会 2017-09-07 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月07日−03号

病気もするわ、疲れもするわ、いろんなことを踏まえながらも、本当に今の時点で町がどうなるのか。そこをただ判断をさせていただいたということであります。それで、他の人でいいんだということになれば、これは町民の方々が判断してくれると申し上げたとおりでありまして、その付託を受けたからにはその責任をしっかりと果たしていきますよということを私は申し上げてきたつもりであります。  

庄内町議会 2017-07-20 平成29年  7月 全員協議会-07月20日−01号

ただし、病気その他の理由により議長許可を得た場合は、この限りでない。」と、こういうことなものですから、議員は当然こっちにいるわけなんで、問題は事務局の受付のときの対応の仕方になるわけですが、やはりこういうことを、ここの検証にもあるとおり厳重にその辺は注意をするということで、帽子も襟巻も取ってもらうと。

庄内町議会 2017-06-20 平成29年  6月 全員協議会-06月20日−01号

こういうふうな形で文書の最初の文面、1行目の半分、ここを「辞職勧告を受けていることは事実である」という言葉を添えるということで、以下、「病気見舞金は議員内部に慶弔規定があるが、辞職勧告後であり」という形で直したいと思いますので、まずお計らいいただければと思います。いろいろと直すところがあるみたいですが。

庄内町議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月19日−04号

そのときは、市長は病気でお休みだったわけでありますが、職務代理者としての丸山副市長、それから、広域行政組合議長もおりましたので、そこに直接お諮りをして、我々としてはこのような謝罪のあり方があるというようなことも含めてお話をした経緯があります。そして、直接お謝りしたということであります。  

庄内町議会 2017-06-13 平成29年  6月 全員協議会-06月13日−01号

これは、病気旅行、公務、出張、家事都合、病人の看護、災害など、真にやむを得ない場合、社会通念上をいうと、こういうふうに「事故のため」というのは定義になってございますので、まずこれに当てはまるかどうかということをきっちり自分なりに考えてやるという行動をしていただきたいということであります。