48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第509回定例会第3号 本文

商工観光課長(八巻洋樹) 今、議員からなぜ難しいのかというお話がありましたけれども、いわゆる知的財産というのは特許が中心となりますけれども、非常に難しい技術であります。それを今まで使用してこなかったものに転用するというか、使ってみるということで生まれる新たな産業には期待しているというのが知的財産の活用であります。

高畠町議会 2018-09-21 2018-09-21 平成30年第507回定例会第3号 本文

遺伝子組み換え作物の種子で有名なモンサント、デュポンなど多国籍企業も、日本公共品種から開発した遺伝子組み換えなどを応用し、特許として申請することも可能です。そうなれば、日本の農家は高額な種子価格に加えて特許料まで支払わなければなりません。  種子は飛翔し、どこへでも拡散します。高畠町だけでは、遺伝子組み換えなしの農産物農地は守り切れません。

庄内町議会 2018-03-14 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−03号

◎商工労働係長 来年度からのまちゼミは、特許がございますので、まちゼミを模した取り組みといった形になるかと思いますが、取り組みに向けて、また、平成31年度以降の支援についてということでご質問というふうに承りました。  一店逸品研究会に対しましては、町の一店逸品運動推進事業補助金、こちらの交付要綱をもとにして交付をいたしているところでございます。

高畠町議会 2018-03-08 2018-03-08 平成30年第504回定例会第3号 本文

次に、開放特許のマッチング事業というようなことで、私も余り耳なれない言葉なので、具体的にわからなかったんですけれども、大企業が持っている休眠特許中小企業に活用しようというようなことでお答えがあったわけで、特にTBP工業会が主体となっていろいろ取り組んでいるというようなことになっているわけですが、ちょっと考えると、休眠特許ということで、大企業もなかなか活用が難しい特許を、この中小企業で生かそうかなという

高畠町議会 2018-03-07 2018-03-07 平成30年第504回定例会第2号 本文

工業製品等のものづくり分野においては、川崎産業振興財団との連携により、大手企業が有する開放特許について、町内企業への活用を図るマッチング事業を実施するなど、新たなビジネスチャンスにつながる取り組みが進められております。  こうした追い風を生かしながら、稼ぐ力をさらに強化するために、中小製造業設備投資に対する支援を行いながら、町内経済を牽引する既存企業の新たな取り組みを支援してまいります。  

高畠町議会 2016-12-05 2016-12-05 平成28年第497回定例会第2号 本文

日本車の特許とも言われていた軽自動車も、アメリカなどのメーカーも仲間入りに力を入れ始めたと聞いております。そして、自動車業界だけではなく、多くの大手メーカーが利益を驚くほど上げているのは、どうも下請の零細・中小企業に発注する部品の単価を抑えているのが一要因だとも情報されているようでございます。  

高畠町議会 2016-03-22 2016-03-22 平成28年第492回定例会第4号 本文

豊富な特許による顧客に喜ばれる製品化づくりを強みとしている点が評価されております。また、ASEジャパンについては、シャープが経営不振を理由に台湾企業の傘下に入る報道がなされている中、10年以上も前にNECの地方工場が台湾企業資本有効に活用しながら、地方工場の存続を図り、地方雇用を守っている点であります。

山形市議会 2016-03-14 平成28年環境建設委員会( 3月14日)

道路維持課長   今後、どのような新工法が出てくるがわからないが、特許を持つ工法が含まれることも予想され、委員御指摘のとおり、特許を持った大手などの会社しかできない部分が出てくる可能性もある。長寿命化計画は、従来の市内の業者が担う部分も多数あるため、役割分担をしながら進めていくとともに、新しい技術については、どこの業者も参入できるよう技術的なレベルを上げるための指導を行っていく。

山形市議会 2013-12-04 平成25年12月定例会(第3号12月 4日)

大変そして非常に特許も何百と持っていらっしゃる。そんな企業もございます。まだまだ我々は山形はものづくりに関しまして非常に大きな可能性が持っていると私は大いに思っておりますので、それが行政と一体となってでき得るものをしていきたいと思っています。なお、議員さんの今後の御提言もよろしくお願い申し上げます。以上です。 ○議長(加藤賢一) 加藤孝議員

天童市議会 2013-09-13 平成25年  9月 予算特別委員会-09月13日−01号

そうすると、特許庁で審査して、それが特許として、特許というか、商標登録として認められるか認められないか返事が来るということなんですけれども、来ない場合は拒絶理由が来て、この間も拒絶理由が1回来てだめですと、だけれども、もう一回反論してやって認められたという経緯があるんですけれども、調査というのも必要なのかというところが単純な疑問でお聞きいたします。 ○結城義巳予算特別委員長 新関政策調整監。

庄内町議会 2013-09-13 平成25年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

ディオバンの特許が切れる前にジェネリックの参入を防ぐため、脳卒中や狭心症を減らす効果があるなどとデータ捏造して適応症の追加をし、新たな特許を取得するということが問題となっておりました。  日本の薬価はイギリスフランスの2倍と言われ、ジェネリックの使用が遅れております。

庄内町議会 2010-06-01 平成22年  6月 定例会(第4回)-06月01日−01号

ある一定、TSS方式ということで、特許だということです。今まで全国で2例、今、説明あったように、全国で3例目の実績だということのようでございます。いろいろ担当課でもそれぞれ調査しながら、この方式が一番よろしいのだということで結果を出されたようでございます。それについては3月議会でも、私は評価されてございます。  ただし、随意契約についてお聞きしたいと思います。

天童市議会 2009-09-04 平成21年  9月 定例会(第4回)-09月04日−03号

しかし、ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間20年から25年が経過して特許が切れたことにより、同じ成分で同じ効能の薬を安価で製造することができることになります。  欧米では、医療保険制度の違いはあるものの、コスト意識が非常に高いことから、数量ベースで全医薬品に占めるジェネリック医薬品の売り上げ率はアメリカイギリスドイツは50%前後であるのに対して日本では約17%台にすぎません。

庄内町議会 2009-03-13 平成21年  3月 予算特別委員会-03月13日−05号

いわゆる特許なり意匠があるわけでございます。でも一定の期間が過ぎますと、この部分についての製造方法というものが公開をされ、他の医薬品会社も作れる。同じ品質、同じ効能医薬品がいわゆる2分の1なり3分の1の医薬品として販売がされるという、いわゆるジェネリック医薬品というものが現在普及をいたしております。

高畠町議会 2006-06-11 2006-06-11 平成18年第428回定例会第2号 本文

もっとも、この制度行政の専売特許ではなく、個人会社としても提案申請できることは余りよく知られておりません。町長のご所見をお伺いいたします。  次の項目に移ります。  我が町の今後の農業振興に関連をして、このたびの国の新たな経営所得安定対策大綱とそれに対する町の対応について、何点かお尋ねをいたします。