9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

庄内町議会 2017-03-07 03月07日-01号

ただし、特定世帯は「7,500円」を「8,000円」に改正するものです。 同じく特定継続世帯は、「11,250円」を「12,000円」に改正するものでございます。 次に、2ページの第11条になります。 国民健康保険税減額制度に関する規定になりますが、所得に応じて7割、5割、2割の減額並びに特定世帯及び特定継続世帯に係る減額に関してのものになります。

庄内町議会 2012-03-21 03月21日-07号

第6条の2、被保険者に係る世帯別平等割額世帯割部分でございますが、1号で現行「17,000円」と規定しているものにつきまして「13,000円」と、4,000円を減額し、2項につきましては、特定世帯という部分の定めがあるわけでありますが、2分の1ということで規定されておりますので、「8,500円」を「6,500円」と改正する内容になっております。 

庄内町議会 2008-06-18 06月18日-05号

第6条の2の国民健康保険の被保険者に係る世帯別平等割額でございますが、今回、後期高齢者医療制度移行した被保険者の属する国保単身世帯、いわゆる国保に2人の方がいらっしゃって、1人が75歳以上、1人が75歳以下という方の場面になるわけでございますが、これらについて特定世帯という位置付けをしながら、それらの世帯に対する国保部分に残る方につきましては、世帯別平等割軽減措置が5年間適用されるという改正

天童市議会 2008-06-06 06月06日-01号

次に、特定世帯この対象世帯数ですね。 それから、3つ目は、被扶養者であった者の保険税軽減に関することで、この被扶養者であった者の保険税軽減に該当する対象人数についてお示しをいただきたいと思います。 以上よろしくお願いします。 ○小澤精議長 鈴木市民部長。 ◎鈴木周宏市民部長 税条例の案件でございますけれども、国保税関連でございますので私のほうから御答弁申し上げたいと思います。 

  • 1