101件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小国町議会 2020-06-04 令和2年第7回定例会(第1日) 本文 2020-06-04

本町では、災害対策基本規定に基づき策定している小国地域防災計画において、災害予防対策災害応急対策等行動指針を定めており、災害発生した場合は、速やかに災害対策本部等組織編成要員確保を行い、初動体制を確立するとともに、緊密な連携を図りつつ、災害発生を防御することとしています。  

高畠町議会 2020-03-11 2020-03-11 令和2年第515回定例会第4号 本文

既に手がけていらっしゃるかもしれませんけれども、この計画は、災害対策基本とか防災まちづくり条例でもきちんと明記をされています。町長には計画をつくる、策定をする責務があるわけですけれども、町民側にも、やっぱりみずからの防災自助努力としてきちんと備えておくということと、地域防災に対しても相互に協力をして、そして、防災まちづくりに寄与していくというか、そういう努力義務があるわけです。  

村山市議会 2020-03-04 03月04日-02号

昭和34年の伊勢湾台風契機として昭和36年に制定されたのが災害対策基本であります。災害対策基本は、防災体制の不備を改め、災害対策全体を体系化し、総合的かつ計画的な防災行政整備及び推進を図ることを目的として制定されたものであり、阪神淡路大震災後の平成7年には、その教訓を踏まえ2度にわたり災害対策の強化を図るための改正が行われています。 

酒田市議会 2019-12-20 12月20日-05号

指定緊急避難場所は、災害対策基本災害種別ごとに定めることとなっております。洪水の場合の指定緊急避難場所建物基本確保しており、学校などは指定緊急避難場所指定避難所とかねて指定されているものも多くあります。浸水区域にある指定緊急避難場所では、校舎の2階以上が避難場所ということになります。 一方、指定避難所については、他の災害も含め全て建物であり、体育館と校舎の一部で対応することになります。

鶴岡市議会 2019-12-06 12月06日-03号

しかしながら、現地建てかえを想定した場合には、建築基準法都市計画法及び災害対策基本等での建築制限を受けるものではなく、建設は可能であることの説明を行い、さらに児童への安全確保についての疑念に対しましては、国土交通省で定めるタイムラインに基づき、河川氾濫の24時間前には教育委員会学校休校判断を行いますし、市でも氾濫発生の少なくとも2時間以上前には、レベル3の避難準備高齢者等避難開始を発令し、

高畠町議会 2019-12-04 2019-12-04 令和元年第514回定例会第2号 本文

さて、高畠町は災害に強い安全安心なまちづくりを進めていますが、災害対策基本でも町に災害対策の第一線の責務があることを明示しており、このたびの水害対策でも高畠地域防災計画に基づき対応されたと思います。そこで、今後の防災対策に役立てるための視点で、実際どう機能が発揮されてきたのかについて伺います。  1つは、特に初動段階においてであります。  

鶴岡市議会 2019-09-05 09月05日-02号

平成7年1月に発生した阪神淡路大震災被害教訓に、自主防災組織重要性が見直され、それ以降に行われた災害対策基本改正で初めて自主防災組織育成行政責務の一つとして明記されました。そのことにより、全国的に自主防災組織結成が促進されるとともに、各地で自主防災組織育成に積極的に取り組まれるようになってきた経緯があるようです。

鶴岡市議会 2019-09-03 09月03日-01号

災害対策基本は、1959年、昭和34年の伊勢湾台風契機昭和36年に制定されましたが、東日本大震災教訓から平成24年に緊急的な改正、25年には本格的な大改正が行われました。特に災害対策基本理念、第2条の2で明文化され、被害最小化とその迅速な回復を図ることを明確にしたこと、被災者の保護の諸規定が新設され、市町村長責務が明確にされたことなどが注目されています。

天童市議会 2019-06-05 06月05日-03号

その伊勢湾台風契機に制定されたのが、災害対策基本であります。今日の災害に対する防災計画作成災害予防災害応急対策災害復旧及び防災に関する財政金融措置、そのほか必要な災害対策基本を定める総合的かつ計画的な防災行政整備及び推進を図り、社会秩序の維持と公共福祉確保に資することを目的とし、その災害対策基本に基づき、本市地域防災計画があります。 

酒田市議会 2018-12-18 12月18日-04号

このため我が国では、伊勢湾台風契機災害対策基本を定めており、それに沿って、地方においても都道府県及び市町村地域防災計画をつくり、防災活動を展開してまいりました。しかし、大規模災害になればなるほど公の機関が機能麻痺に陥ったり、同時多発的に避難や救助、消火活動が必要となることから、個人や家族、地域が力を合わせることが必要となってまいります。

鶴岡市議会 2018-09-11 09月11日-04号

災害対策基本では、災害発生時にまたは発生のおそれがある場合において、要支援者生命または身体災害から保護するため、本人の同意を得ずに、自主防災組織等避難支援関係者避難行動支援者名簿の情報を提供することができるものと定めており、このたび避難行動の発令があった藤島、羽黒地域名簿提供を行ったところであります。

高畠町議会 2018-09-07 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文

8 番(数馬治男) 災害対策基本とあるわけですけれども、この中での災害という規定では暴風とか竜巻、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火というようなことがあって、その他異常な自然災害というようなところで、なかなか高温というところが規定されなかったわけですけれども、やっぱり年々、今度こういうふうな形で異常気象が続くとすれば、やはりこの高温災害ということについてもきちんと捉えるべきではないかと思いますし

酒田市議会 2018-03-15 03月15日-05号

まず、避難行動支援者名簿につきましては、要支援者避難支援安否確認の実施などを行うため、災害対策基本に基づき、その作成が義務づけられているもので、この名簿生活の基盤が自宅にある方のうち、一定の要介護認定を受けている方及び障がい者等避難時に支援が必要な方を、本人の意思の有無にかかわらず、リストアップをして毎年作成をしております。

高畠町議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第503回定例会第2号 本文

その基本的な考え方は災害対策基本に示されており、「国民の生命身体及び財産災害から保護することは、行政上最も重要な施策である」と規定しています。  また、災害対策基本は、災害対策全体を体系化し、総合的かつ計画的な防災行政整備及び推進を図ることを目的として制定されたものであります。  

小国町議会 2017-09-08 平成29年第6回定例会(第2日) 本文 2017-09-08

まず、本町における災害予防対策災害応急対策等行動指針は、災害対策基本規定に基づき策定している小国地域防災計画に定めているものであります。  災害発生した場合、または災害発生が予想される場合は、速やかに災害対策本部等組織編成要員確保を行い、初動態勢を確立するとともに、緊密な連携を図りつつ、災害発生を防御することとしております。