231件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-14 平成30年  9月 決算特別委員会-09月14日−05号

これは水が無駄になったのかなというふうに思ったわけでありますけれども、先ほどの説明をお聞きしますと、消防使用したもの、あるいは消火栓等と話がありましたけれども、その分はそうするとメーターをくぐっていないから、全然使用料だけでメーターをくぐっていないものだから、有収率には及んでいないんだというような認識でよろしいですか。 ○山崎諭決算特別委員長 那須上下水道課長

庄内町議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号

二つ目、水災時における消防。うちの方は、水防団イコール消防になっております。それで、その活動の中で、ある消防が現場で遭遇したとき、2・3人の方が、「あれ、我々何するんだっけ」と。それはすぐ本部に電話して指示受ければいいんだと言っても、「本部に電話したけれども夜いなかった」という、それは事実かどうか分かりません。夜いなかったのか。

庄内町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

消防第十分団長を介しまして、消防員25名が現地に到着し、ポンプ放水の水圧で雪を溶かすことができるかどうか協議を行いましたが、結果的に、大量の雪の状況が著しく強固であり、難しいとの判断に至りました。この頃から、和心で青パト活動報告会に出席していました消防団長以下、消防幹部らが現地に集合してきております。

庄内町議会 2017-09-14 平成29年  9月 決算特別委員会-09月14日−04号

こちらの調査方法につきましては、消防員が各家庭をまわらせていただいて聞き取りをした結果となっております。実際には報告がなかった四つの集落が含まれておりますので、71.4%という数字につきましては、分母とか分子が変われば若干の変動があるということでご認識をいただければというふうに思います。 ○決算特別委員会委員長 工藤範子委員、よろしいでしょうか。

庄内町議会 2017-09-13 平成29年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号

小型ポンプを使用するのに必要な人数とか、軽積載車を使用するにあたって必要な消防の人数とかはありますが、幹部の皆さんからの努力もあって、昨年以降、今年度に入りましても、消防の人数も増えてきておりますので、先程委員がおっしゃったとおり、集落を合わせて消防を結成しなければならないということも、将来的には検討しなければならないというふうにも考えておりますが、まずは今現在消防員数も順調に増えておりますので

庄内町議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月16日−03号

順を追って質問しますが、初めにOB消防について、2回目の質問をします。  その前に、冒頭の質問で「機能別団員」という、そういった聞き慣れない言葉をお話ししました。これは、機能別消防員のことをいいます。略して「機能別団員」といいます。簡単にいうと、能力や事情に応じて特定の活動にのみ参加する消防員のことをいいます。

庄内町議会 2017-03-15 平成29年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号

立川地域観光振興係長 先程もお話させてもらいましたが、この整備促進特別委員会のメンバーの中には、地元の消防の若手も加入しておりますし、地区の中で若年層が減っているという現状も確かではありますが、この事業のみならず、地域活性化には将来的な課題があることも事実であるということで考えております。  

天童市議会 2017-02-28 平成29年  3月 定例会(第6回)-02月28日−01号

2目非常備消防費98万8,000円の減額につきましては、消防の装備品として購入した可搬ウインチ及び油圧ジャッキの購入費の額の確定による減額が主なものであります。  3目消防施設費80万円の減額につきましては、消火栓用ホース更新等に係る補助金の精査による減額であります。  以上、消防本部所管に係る補正予算の概要について御説明申し上げました。 ○鈴木照一議長 次に、中島教育次長。   

庄内町議会 2016-09-16 平成28年  9月 定例会(第6回)-09月16日−05号

それでお聞きしたいのは、まず女性消防員、広報でも団員募集とか、女性消防とはっきり名称を謳っていてやっているのはいいんですが、これはこの定数とは一切関係ない組織と理解しておりますが、それでいいのか。もしそうであるならば、女性消防とは何ぞやということになるわけですが、女性消防消防員として別に持っていてそういう名称を使っているということになると、非常に疑問を感じるんです。その辺少し。

庄内町議会 2016-09-13 平成28年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号

箇所数ということでありますと今手元に資料はないんですが、報告書の方にも書かせていただきましたが、最上川に関しましては、毎年国土交通省が主催しまして、県の職員消防にも呼びかけまして、重要水防箇所ということで合同巡視を実施しております。  ここで言う重要水防箇所というのが、今現在、最上川は流れがまっすぐにきれいになっておりますが、過去の最上川であればかなり蛇行しております。

庄内町議会 2016-09-09 平成28年  9月 定例会(第6回)-09月09日−04号

そのためには、いろいろな団体、例えば老人クラブとかPTAとか消防に入るとか、縦軸・横軸にいろんなことを紡ぎ合いながら、他から見て大変まとまりのある地域だと。そして、そこに住んでいる人たちが非常に心豊かで、住んでいてうれしい、幸せ感を感じるような地域であることが一つ。  もう一つは、やはり安全で安心に住める地域

庄内町議会 2016-09-06 平成28年  9月 定例会(第6回)-09月06日−01号

11 需用費(印刷製本、消耗品、消防衣服等)でございます。    平成25年度 契約数80件、指名競争入札9件、平均落札率87.4%、随意契約71件。    平成26年度 契約数76件、指名競争入札14件、平均落札率88.0%、随意契約62件。    平成27年度 契約数51件、指名競争入札8件、平均落札率93.0%、随意契約43件。    

庄内町議会 2016-09-01 平成28年  9月 定例会(第6回)-目次

………………………………………………………………198   議案第82号 平成27年度庄内町ガス事業会計剰余金の処分及び決算の認定について(委員長報告)…………………………………………………………………………198   議案第92号 庄内農産物交流施設設置及び管理条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………204   議案第93号 庄内消防条例

庄内町議会 2016-06-17 平成28年  6月 定例会(第4回)-06月17日−03号

各集落には基本的に、若い方々がいらっしゃる場合には、消防に入団しているあるいは経験をしているといったような方々もおられますし、時間によっては働きに行かれていていない場合もあるわけでありますが、そういった連携、要するにOBの方々との連携なども本町の場合はかなり緊密に行っているようでありますので、そういった方々との、自主防災組織との連携プレーも非常に重要になってくるのではないかというふうに考えております

庄内町議会 2016-03-14 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月14日−06号

それから、消防の再編成ということで載っておりますが、これは今定数1,100人ですか、それがどういうふうにするのかというようなことなのかなと思っておりますが、その辺の2点についてお伺いしたい。 ◎保健福祉課長 新旧対照表でですが、6ページの「廃棄物処理施設の整備」という項目でございますが、これは酒田地区広域行政組合の廃棄物処理施設長寿命化の整備の計画でございます。

庄内町議会 2016-03-03 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月03日−03号

議会としてもいろんな意見を持ちながら、今回のようにお二人の方からも質問があるようでありますし、そういった部分も含めて、我々としても今年度中にまずは1点、方向性をさらにまとめていきたいというふうに考えておりまして、その後に、今、担当課の方で各自治会長の方々とか関係団体消防であるとか、関係団体の方々と具体的な話し合いを進めていますので、そういった中でのご意見をいただいてまとめてまいりたいというふうに

庄内町議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月02日−02号

消防防災については、消防消防演習、操法大会等を実施するとともに、消防学校教育訓練等に団員を派遣し、火災災害に備えてまいります。消防施設等の計画的な整備及び危機管理専門員を配置し、自主防災組織育成と町民の防災意識の高揚を図ってまいります。また、山形県防災行政通信ネットワーク再整備事業により、防災情報システムの機能向上と情報通信手段の強化を図ってまいります。