319件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-13 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

それから、もう1件ですが、こちらも天童市地域介護福祉空間整備推進補助金が28年度に行われたんですが、その中で消費分について返納が生じたということで、1件9,968円の返納金でございます。 ○山崎諭決算特別委員長 今田子育て支援課長。 ◎今田晃子育て支援課長 では、子育て支援課分について御説明を申し上げます。  子育て支援課分につきましては2件ございます。

庄内町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

これまでも見直しをする機会というのは何度かあったわけでありますが、消費の問題なども加味しながら、この消費10%というところが非常に分かりやすい時期ではないかというふうなことも含めて考えてきた経緯がありますので、それと合わせて、これから仕事をしてまいりたいというふうに思います。  

天童市議会 2018-04-27 平成30年  4月 臨時会(第1回)-04月27日−01号

歳入については、額の確定に伴い、地方譲与税、地方消費交付金、地方交付税等を増額するとともに、国庫支出金について額の決定に伴い臨時道路除雪事業費補助金を計上するものであります。  市債については、事業費の確定に伴い減額を行ったものであります。  繰入金については、これらの財源調整として財政調整基金繰入金及び減債基金繰入金を減額したものであります。  

庄内町議会 2018-03-14 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−03号

その他の建築費の増額にともないます諸経費が190万円、また消費で80万円ほど、合計でおよそ今の差額分1,000万円ぐらいの上昇ということでございます。 ◆五十嵐啓一委員 実際に設計を始めてみて、当初の概算基本設計から、こういうふうに変更せざるを得ないと。そういった形で、この工事費が1,100万円ほど上昇していると。そういったことについては、理解するところでございます。  

庄内町議会 2018-03-08 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月08日−03号

ということは、消費の関係、これがどういうふうな形になっているのか分かりませんが、そうしますと、当初予算よりも高い見積り金額858万6,000円でこれを委託したという形になりますが、それでよろしいのでしょうか。 ◎商工観光課長 予算との関係につきましては、今議員おっしゃるとおりでございます。

庄内町議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月07日−02号

2項営業外費用4,362万5,000円には、1目1節企業債利息3,157万1,000円、3目1節消費及び地方消費として1,200万円を見込んだものでございます。  4項予備費を含め、水道事業費用として、受水費の減少もあり、前年度に比較し3,380万4,000円減の5億9,190万5,000円を予定したところでございます。  次に、30・31ページをご覧ください。  

庄内町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−01号

また、公課費は前年度の売電収入等が増加したことにともないまして、その消費及び地方消費分143万円を追加するものでございます。  2款1項1目風力発電基金積立金は売電収入の減額等を調整し、不足する額643万円を減額するものです。 ○議長 これより本案に対し質疑を行います。 ◆7番(齋藤健議員) ただいまの提案につきまして、1点ご質問申し上げます。  

天童市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第5回)-02月28日−01号

3款利子割交付金、4款配当割交付金、5款株式等譲渡所得割交付金、6款地方消費交付金、7款ゴルフ場利用税交付金、8款自動車取得税交付金及び9款地方特例交付金につきましては、交付実績などを踏まえた見込額を計上しております。  10款地方交付税につきましては、国の地方財政計画などを踏まえ、前年度比5.9%の減収を見込んでおります。  

庄内町議会 2018-02-21 平成30年  2月 全員協議会-02月21日−01号

併せて介護職員処遇改善加算や、予定されている消費引上げに係る影響額。それから、おむつ支給・外出支援の特別給付事業の創設に伴う増の影響があります。これらで算出した介護保険料に、第6期で積み立てをいたしました介護給付費準備基金1億2,800万円を取り崩し、第7期介護保険料の軽減を図っております。

庄内町議会 2017-12-20 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月20日−05号

もともと指定管理者につきましては1,000万円等々の括りがありますが、3年目から消費ということもありますけれども、あとは法人税についてもありますが、法人税につきましては、この3月に税務署の方に申告しておりまして、まずは5年間の実費弁償方式というんでしょうか、特例措置を受けておりますので、法人税につきましては、まず5年後、指定管理委託期間が満了した後に残額がいくら残るかで法人税がかかるかどうかということになってきますが

庄内町議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月15日−03号

基本的には、これまでも申し上げてきましたが、できるだけ負担を抑制はしたいと思っていますので、これまでの基金の活用であるとか、国の状況、いわゆる消費が絡んでくるものもございます。そういった状況を見る。それから、認定者の数の推移といったような要素があるわけですので、そういったものを踏まえて、現在第7期の計画策定に向かっているということでございます。

庄内町議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月14日−02号

それから、今後消費が10%になっていくということも含めながら、現在の各種の施設の利用料であるとか、そういったものについてもしっかりと町民との関係の中で継続できる、いわゆる全部町が持ち出しをするんではなくて、町民も、使った場合にその受益者として、利益を得る側として、どこまでその負担に耐えられるかということを見極めながら、我々としては、そういった使用料なども考えていく必要があるだろうと。

庄内町議会 2017-11-09 平成29年 11月 全員協議会-11月09日−01号

なお、これから申し上げます金額につきましては、消費を含んだ金額として受けとめていただきたいと思います。費用試算合計は約5,683万6,000円となり、その内訳としまして、旧調理室改修120.35u及び玄関、事務室、トイレ等増築部分66.76uにかかる費用として約4,880万円。駐車場整備10台分としまして約350万円。設計監理業務費としまして453万6,000円となりました。  

天童市議会 2017-09-29 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月29日−資料

資本収入及び支出) 第2条 予算第4条本文括弧書中「資本収入額が資本的支出額に対し不足する額616,158千円は、当年度分損益勘定留保資金351,980千円、当年度分消費及び地方消費資本的収支調整額36,419千円、減債積立金50,000千円及び建設改良積立金177,759千円で補填するものとする。」

天童市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月13日−04号

高齢者や低所得者は、消費増税による影響もあり、年金生活者等支援臨時福祉給付金、経済対策臨時福祉給付金が支給されたものの、生活不安は拭い切れません。  消費税率引き上げによる地方消費交付金の社会保障関係施策に充てられた経費は、4億2,514万円で14項目に振り分けられましたが、各項目ともわずか0.08%と微々たるものであります。  

庄内町議会 2017-09-13 平成29年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号

また、地方消費交付金につきましては、こちらも4,362万5,000円の減額。あともう一つ大きな要因といたしまして、臨時財政対策債につきましては、昨年度と比較しまして7,566万1,000円の減額と、この三つを合わせますと1億6,771万2,000円ということで、この部分が分母の減額の要因となっているところでございます。  一方、分子でございます。

庄内町議会 2017-09-06 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月06日−02号

特に、6款の地方消費交付金は4,362万5,000円の減額となっております。税制改正以降増額しておりましたが、制度の定着と消費の低迷によるものと類推されます。  また、最も大きい収入であり、収入全体の37.2%を占める10款地方交付税につきましては、48億6,198万1,000円の収入済額となっています。前年度より3,523万1,000円減額となりました。