45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2018-12-05 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文

今回のTPP11はもとより、年明けには日米物品貿易協定、いわゆるTAG交渉も控え、TPPを離脱した米国の開放圧力が強まることが予想されており、さらに一部品目でTPPを上回る譲歩をした欧州連合との経済連携協定、いわゆるEPAも来年2月に発効される見通しであり、TPPと同様、農林水産物の82%で関税が撤廃されることになっております。  

高畠町議会 2017-03-06 2017-03-06 平成29年第498回定例会第3号 本文

6次産業化のその6次産業化とは何かというようなことを挙げますと、やはり6次産業化は農畜産物、水産物の生産だけでなくて、食品加工、2次産業、流通販売、第3次産業農業者が主体的かつ総合的にかかわることによって、加工賃や流通マージンなどの今まで第2次、第3次産業の事業者が得ていた付加価値を農業者自身が得ることになるというようなことであるので、農業者が流通にかかわったり、あるいは加工にかかわったりして、そして

高畠町議会 2016-09-06 2016-09-06 平成28年第495回定例会第2号 本文

TPPによって、農林水産物のうち82%の品目の関税が撤廃され、米、麦、牛肉豚肉乳製品、砂糖の重要5項目でも29%の品目が撤廃されます。これで国会決議を守ったとはとても言えないと思います。日本は世界一の農産物輸入国であり、農産物輸入額は2012年の5兆4,419億円から2015年の6兆5,629億円へ3年間で1兆1,210億円がふえました。

高畠町議会 2016-03-07 2016-03-07 平成28年第492回定例会第3号 本文

6次産業化は、ご承知のとおり、第1次産業である農林水産業が、農林水産物の生産だけにとどまらず、それを原材料とした加工食品の製造・販売や観光農園のような地域資源を生かしたサービスなど、第2次産業や第3次産業にまでかかわることであり、農家などが加工や販売、サービスまで行うことであります。こうしたことにより農林水産物の付加価値を高め、所得向上や雇用創出につなげることを目指すものであります。

山形市議会 2014-03-06 平成26年 3月定例会(第3号 3月 6日)

昨年末に国が示した農林水産業地域活力創造プランでは、強い農林水産業、美しく活力ある農山漁村を達成するために施策として国内外の需要拡大、農林水産物の付加価値向上、多面的機能の維持・発揮、生産現場の強化を4本の柱とし、具体的には地産地消食育の推進、6次産業化の推進、農山漁村の活性化、農業の生産コスト削減などを進めるとしております。

高畠町議会 2012-06-06 2012-06-06 平成24年第471回定例会第2号 本文

地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律、いわゆる6次産業化法は、農畜産物生産だけでなく、食品加工や流通販売を農業者みずからの取り組みによって農業の活性化を図るということだろうと思いますけれども、この取り組みが目標としている内容について町長はどのように考えておられるかお伺いをいたします。  

高畠町議会 2011-03-07 2011-03-07 平成23年第462回定例会第3号 本文

その後、民主党農林漁業農山漁村再生に向けての六次産業化ビジョンとして用いられ、昨年11月、国会地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律といった実に長ったらしい名称の法律通称六次産業化法として正式に立法化されたものであります。

山形市議会 2010-12-03 平成22年産業文教委員会(12月 3日 産業文教分科会・予算)

なお,水産物については10%ほど減っている。また,産地の育成,出荷者の確保,高齢化対策などさまざま検討しているが,卸売事業者が東京仙台方面に直接販売する第三者販売は大きく伸びており,今後,奨励品種の紹介など生産者の育成にも力を入れていってもらうことに期待している。 ○委員   事業者の経営内容の把握は行っているのか。

山形市議会 2010-12-01 平成22年12月定例会(第3号12月 1日)

そこで提案したいのは,現在の地方卸売市場をジャンクション内に移転し,卸売市場の跡地を清掃工場の関連企業やほかの企業誘致として活用を図り,ジャンクション内に移転した市場は公設民営化とし,市場のほかに,テナントを造成し,農産物水産物を扱う商店や食堂,大型の直売所などの施設整備を図り,さらにはETCの設置を行い,食材提供の拠点や市民市場として利用促進を図ってはいかがでしょうか。

山形市議会 2009-09-16 平成21年産業文教委員会( 9月16日)

中央卸売市場業務課長   青果部6社,水産物部5社が入場している。 ○委員   売上高が減少し,地方卸売市場に移行する中,本市がどのようにかかわっていくかという部分で大きく変わらざるを得ないが,管理運営におけるかかわり方について市としての検討は始めているか。 ○中央卸売市場業務課長   地方卸売市場に転換すれば,法的にかなり規制が緩くなる部分もある。

山形市議会 2009-06-17 平成21年 6月定例会(第3号 6月17日)

そこで市場活性化策の1つとして,市場での農産物及び水産物の場外販売を行ってみてはどうでしょうか。  山形中央卸売市場は,山形自動車道インターチェンジより約5キロの位置にあり,国道13号線より大型バスが乗り入れることができるほか,市場北側の大駐車場には相当の車の駐車が可能であります。  

高畠町議会 2008-09-04 2008-09-04 平成20年第444回定例会第3号 本文

単に農林水産物本町では農産物が主流でしょうが、作物をつくって売るだけでは経済的な波及効果に限界があると思います。農林漁業者が中小企業者と連携し、相互の経営・資源を利用し、新製品や新サービスを生み出し、工夫も凝らした取り組みを展開することで、それぞれに経営の改善が見込まれ、そして地域の活性化を促し、ひいては雇用の拡大などにつながるのではないでしょうか。