100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-10-01 令和 2年議会改革検討委員会(10月 1日)

武田委員(緑政会)   三役案でよい。開催の是非や議会報告会の在り方については、当面、議会運営委員会各派代表者会の中で模索し、ある程度軌道に乗ってきた段階広報聴委員会に諮問するなどの方法もあると思う。まずは議会として取り組んでいる内容をインターネット、SNS等での発信も含めて、幅広く示していくことに主眼を置いて対応してほしい。

山形市議会 2020-09-28 令和 2年厚生委員会( 9月28日)

武田委員   福祉避難所関係で、各施設にどのくらいの人が収容できるのか確認できているのか。 ○長寿支援課長   福祉避難所収容人数については、市のホームページに一覧を掲載している。 ○武田委員   市の避難所運営マニュアルは、新型コロナウイルス感染症への対応として見直しを行ったが、福祉避難所に関しても同様の見直しは行ったのか。

山形市議会 2020-09-25 令和 2年厚生委員会( 9月25日 厚生分科会・予算)

武田委員   補正金額国庫一般財源に分かれているが、国と地方負担割合配分はどうか。 ○市民課長   国庫補助については費用に対する国と地方配分ではなく、人口規模により一律に金額が決められている。 ○武田委員   戸籍住民基本台帳事務に要する経費について、今回の補正予算によるシステム改修の具体的な内容はどのようなものなのか。また、システム改修を請け負う業者は地元にいるのか。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年厚生委員会( 9月18日 厚生分科会・決算)

武田委員   フレイル内容について詳しく教えてほしい。 ○保健総務課長   介護状態になる前の段階と位置づけられている。身体的脆弱性のみならず、精神・心理的脆弱性社会的脆弱性など多方面の問題を抱えやすい状態であり、自立障がいや健康障がいを招きやすいハイリスク状態を意味している。

山形市議会 2020-09-17 令和 2年議会運営委員会( 9月17日)

武田委員(緑政会)   公開か非公開かが基準になると考える。各派代表者会非公開であるため要点筆記とし、それ以外は全文筆記することでよいのではないか。 ○高橋公夫委員令政会)   各派代表者会要点筆記でよい。 ○折原政信委員(公明党)   各派代表者会非公開であるため要点筆記とし、それ以外については、原則、全文筆記でよい。

山形市議会 2020-09-10 令和 2年議会改革検討委員会( 9月10日)

武田委員(緑政会)   広報聴委員会が設置され、議会報の発行以外の所管事項が増えた場合、各会派から1名ずつの構成で運営が可能なのか懸念もある。議会運営委員会で視察した市議会では、所管項目ごと班分けをして運営しているところもあった。どのような体制がよいかは議論して決めたいが、各会派から1名ずつでは負担が大きすぎるのではないか。

山形市議会 2020-09-10 令和 2年議会運営委員会( 9月10日)

武田委員(緑政会)   必要であれば設置してもよいのではないか。テレビなどで話題になっているが、健康上の理由でマスクを着用できない場合などの取扱いについては協議したことがないため、可能性が全くゼロではない。 ○事務局長   マウスシールドについては、調理人が配膳する際などに使用するものであるため、論外であるとの保健所の見解であった。

山形市議会 2020-09-07 令和 2年厚生委員会( 9月 7日)

武田委員   新型コロナウイルス感染拡大時期に、済生館として面会の制限措置をかなり早い時期から行っていたと思うが、入館者に対する当日の検温などを実施していなかったことについて、院内での議論の経過はどうか。 ○済生館管理課長   これまでも発熱や呼吸器症状がある場合は申し出るよう促しており、また、各診療科や外来などでの問診、検温についても必要に応じて十分に行っていた。

山形市議会 2020-07-22 令和 2年厚生委員会( 7月22日 厚生分科会・予算)

武田委員   施設内で感染が発生した場合、入所者がいる中で施設消毒作業を行うことは可能なのか。 ○指導監査課長   福祉施設内で感染の疑いのある者が出た場合には、事業所新型コロナ受診相談センター相談を行うとともに、市の指導監査課へ報告することになっている。PCR検査にて陽性となった場合には、事業所保健所の指示に従い施設内の消毒、清掃を行うことになる。

山形市議会 2020-06-26 令和 2年厚生委員会( 6月26日 厚生分科会・予算)

武田委員   移住者への対応生活困窮者への対応は違うのではないか。米の現物給付よりも自分たち生活に合わせ、選択できる形にすべきと考えるが、県とも協議してほしい。 ○生活福祉課長   米の現物給付目的は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、余剰となっている業務用米消費拡大も含めた制度と聞いている。1世帯当たりキログラム数については、今後、県とも協議していく。  

山形市議会 2020-06-22 令和 2年厚生委員会( 6月22日)

武田委員   昨年の取組結果については、定員には達したものの誇れる内容ではなかったと思っている。セルフチェック項目目標の種類については市で指定することになるのか。 ○健康増進課長   セルフチェック機能については、市で8項目自分目標を2項目設定し、達成したらポイントがもらえる仕組みを考えている。

山形市議会 2020-06-19 令和 2年厚生委員会( 6月19日 厚生分科会・予算)

武田委員   高齢者施設等における非常用自家発電設備については、災害発生時に不備なく稼働できることが重要と考えるが、事業所での点検・確認体制をどう考えているのか。 ○長寿支援課長   指定を受けている介護保険事業所では、非常災害対策計画の策定や避難訓練等が義務づけられているが、事業所への指導等を通じて確認していきたい。

山形市議会 2020-06-11 令和 2年議会運営委員会( 6月11日)

武田委員(緑政会)   5月7日に実施予定であった議会報告会班編成と会場で実施してはどうか。必要な周知期間から逆算してリミットを定め、その時の状況を見て判断してはどうか。市内に感染者がいれば、町内会等の集まりもなくなり、依頼することもできなくなる可能性がある。その場合は議会としてもやむを得ない判断をするしかない。

山形市議会 2020-06-04 令和 2年議会改革検討委員会( 6月 4日)

武田委員(緑政会)   目的機能など内容に応じて議論をして結論を出してはどうか。 ○浅野弥史委員(新翔会)   我が会派としては、議会報委員会名称変更機能の充実で事足りると考えており、もう一つ広報委員会を設置するとなると議論が必要と考えている。二本立てでいくのか、一本とするのかも含めて三役で検討してほしい。  

山形市議会 2020-06-03 令和 2年厚生委員会( 6月 3日)

武田委員   ドライブスルーによるPCR検査について、検査結果の通知までの期間は、通常の検査の場合と比べ差はあるのか。また、1日当たり検査人数が最大12人、1人当たり検査時間は約15分とのことだが、今後検査対象者が増えた場合、1日の検査人数を増やす検討は行っているのか。また、感染リスクと戦っている医療従事者に対し、手当などの仕組みは確認できているのか。

山形市議会 2020-05-13 令和 2年議会改革検討委員会( 5月13日)

武田委員(緑政会)   タブレット導入に当たっては、各会派とも連絡体制グループウェア機能を大事に考えている。セキュリティー上のルールをしっかり定めた上で運用するという前提の中で、統一した機器で貸与としたほうがよいという意見である。  ここで、浅野弥史委員より、会派意見を調整するため休憩を求める意見があり、休憩に入った。