4140件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-10-01 令和 2年議会改革検討委員会(10月 1日)

令和 2年議会改革検討委員会(10月 1日) 議会改革検討委員会   日  時    10月1日(木) 13時53分~14時05分 場  所    第1委員会室 出席委員    伊藤香織渋江朋博佐藤秀明高橋公夫浅野弥史、         田中英子佐藤亜希子武田 聡、武田新世、菊地健太郎 欠席委員    なし 関係出席者   斎藤武弘議長長谷川幸司議長、平事務局長、         

山形市議会 2020-10-01 令和 2年議会運営委員会(10月 1日)

2 議会報告会について  9月17日に協議し、会派持ち帰りとなっていたこの件について、各会派から検討結果の報告があった後、協議に入った。 ○浅野弥史委員(新翔会)   今年に限っては、人数制限をどこまでできるかという課題がある。これからGoToトラベルによる感染状況も注視する必要があり、現時点で判断するとなれば、中止せざるを得ないという結論に至っている。

山形市議会 2020-09-30 令和 2年予算委員会( 9月30日)

次に、委員から、山形西口バスベイ整備事業について、整備に合わせ、貸切バスの発着を全て西口に移行するのであれば、日本一の観光案内所は、西口側整備することも考えられるのではないか、との質疑があり、当局から、観光振興の側面からも、バスなどの交通との連携は重要な視点であることから、観光案内所設置場所については、総合的に検討する必要があると考えている、との答弁がありました。  

山形市議会 2020-09-28 令和 2年環境建設委員会( 9月28日)

道路整備課長   JRとの協議を含め、企画調整課が窓口となり検討しているが、進捗状況については詳しく承知していない。楯山停車場立谷川線事業においては、北口にある市有地を活用し、駅北側へのロータリー機能整備を、道路工事と併せて実施できないか検討しているところである。 ○斎藤淳一委員   早い完成を目指して頑張ってほしい。

山形市議会 2020-09-28 令和 2年産業文教委員会( 9月28日)

井上和行委員   慎重に検討したが、反対である。  大要以上の後、継続請願第6号(2)について継続審査とすべきかを諮ったところ、賛成多数で継続審査すべきものと決定した。 2 報告事項 (1)新型コロナウイルス感染症に係る中小企業等への雇用事業継続支援状況について  雇用創出課長補佐から、別紙資料に基づき報告があった。

山形市議会 2020-09-28 令和 2年厚生委員会( 9月28日)

また、避難所での滞在期間によってやるべきことも変わると思うため、多角的な検討も加えながらよい方向での見直しを図ってほしい。 ○折原政信委員   介護施設同士連携避難所となっている施設もあるが、費用負担の点からも市に申請すれば福祉避難所となるのか。 ○長寿支援課長   施設間の連携により対応してもらっているところについては、福祉避難所関係での支援費用負担などは行っていない。

山形市議会 2020-09-25 令和 2年産業文教委員会( 9月25日 産業文教分科会・予算)

新型コロナウイルス感染症対策経済活動の両立を鑑みながら、経済波及効果が生まれるようなイベント開催方法検討してほしいがどうか。 ○山形ブランド推進課長   対策を取りながら開催できるものは開催したいと考えているが、イベントによっては全国から人が集まるものもあるため、顧客層に合わせた検討を行っていく。

山形市議会 2020-09-25 令和 2年環境建設委員会( 9月25日 環境建設分科会・予算)

湯田橋については以前から、地元より架け替えの要望が出されており、診断結果を踏まえ検討していく予定である。 ○斉藤栄治委員   7月豪雨の被害で、軽微なものについては全市内で数多くあると思うが、予算の考え方はどうか。 ○道路維持課長   軽微なものについては、道路維持課の通常の作業での対応等既決予算の中で対応している。 ○斉藤栄治委員   既決予算での対応となると、予算が不足するのではないか。

山形市議会 2020-09-25 令和 2年厚生委員会( 9月25日 厚生分科会・予算)

折原政信委員   マイナンバーカード利用拡大に向けては、国で検討されているが、想定されるサービスと手続についてはどうか。 ○市民課長   マイナンバーカード利用機会拡大予定については、国ではロードマップを作成し、多岐にわたり将来的に利用の場面が増やせるように計画をつくっている。その一環としてはマイナポイントや保険証免許証との一体化などと聞いている。

山形市議会 2020-09-25 令和 2年総務委員会( 9月25日 総務分科会・予算)

今野誠一委員   扶助費民生費が増えている中、事業債が増加していけば、市独自の施策も窮屈になることも考えられるため、事業債在り方についても検討しながら取り組んでほしい。  大要以上の後、議第72号の付託部分のうち、歳入及び地方債については、全員異議なく可決すべきものと決定した。

山形市議会 2020-09-23 令和 2年厚生委員会( 9月23日 厚生分科会・決算)

地域のニーズに応じてどのような事業が望ましいのか検討を進めているところであり、来年度から新しく策定する地域公共交通計画や第8期介護保険事業計画に向けて引き続き検討していきたい。 ○浅野弥史委員   地域公共交通計画や第8期介護保険事業計画の中に免許返納者数値目標なども入れるかどうかについても今後検討していくということでよいか。

山形市議会 2020-09-23 令和 2年総務委員会( 9月23日 総務分科会・決算)

企画調整課長   国において、新しい道路可能性を調査していることから、今後の交通変化を見据えながら検討する必要があり、また、民間による開発の動きもあるため、動向を注視している状況である。なるべく遅くならないよう動きを止めずに、地元の方の話を聞きながら進めていきたいと考えている。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年産業文教委員会( 9月18日 産業文教分科会・決算)

雇用創出課長補佐   市内企業への就職促進については、新型コロナウイルス感染症影響により、今年3月に首都圏開催される予定であった合同企業説明会が中止となったため、今年度の開催方法について、オンライン方式とするか対面式とするか、昨年度参加予定であった企業へのアンケート調査を基に、労働局、県と検討することとしている。来年度の開催については、今年度の成果を踏まえて検討していく。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年厚生委員会( 9月18日 厚生分科会・決算)

新型コロナウイルス感染症影響もあり、検討が中断している状況もあるため、市として効率性実効性を考慮しながらよりよい検査体制在り方を含めて現在検討している。 ○佐藤亜希子委員   新型コロナウイルス感染症の問題もあるため、ぜひ前向きな方向で進めてほしい。 ○鈴木進委員   ようこそ赤ちゃん応援メッセージ事業について、赤ちゃんギフトはどこで渡すのか。またどういった内容のギフトなのか。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年環境建設委員会( 9月18日 環境建設分科会・決算)

経営企画課長   県の浄化センターへの接続については検討を行っているが、水道事業会計と同様、使用する水の量が減少し、収入が少なくなっている状況であり、料金に反映できるどうかについては、引き続き検討していきたい。 ○武田世委員   今後、移住定住を推進していく上でも、使用料の引下げについて努力してほしい。