16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

村山市議会 2020-12-04 12月04日-04号

最初に、柴田建設課長定住促進事業の利用申込み状況をお尋ねし、登壇での質問を終了します。 ○議長 志布市長。 ◎市長 2つほどありましたので、私のほうからお答えを申し上げたいと思います。 まず、この高齢者に対する点については、私もあっちこっちで子育てプロジェクトスマイルプロジェクト初め、子育て応援を主にいろいろ言ってきましたので、それだけだと思って高齢者からは何人かから言われました。

村山市議会 2020-09-17 09月17日-05号

議長 柴田建設課長建設課長 駅西中央線ラウンドアバウト関係でございますが、今、通行規制などで皆様にいろいろとご迷惑をおかけしているところでございますが、完成は12月末になってございます。ただ、ラウンドアバウトのところにつきましては、11月中には形が見えてくるのかなということで、今、工事を進めているところでございます。 

村山市議会 2020-09-04 09月04日-04号

議長 柴田建設課長建設課長 今回の長島大淀中央地区についての浸水した要因と今後の対策というご質問でございます。 まず、要因としまして、今回、大淀長島地区浸水につきましては、最上川の水位が上昇したものにより発生したと考えておるところです。特に大淀地区ビューポイント付近が土地が低くなっている部分がありますので、そこに浸水長島地区につきましては暫定堤防完成しております。

村山市議会 2020-09-02 09月02日-02号

議長 柴田建設課長建設課長 お答えいたします。 市道の場合、市のほうで規制をかけたものについては当然でありますが、そのほかに県道なり国道についても情報が続々入ってまいります。そういう情報につきましては随時対策本部へ連絡をいたしまして、消防に限らず市役所全体で内容の共有が図られるようにしておるところでございます。 ○議長 2番 吉田 創議員

村山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

議長 柴田建設課長建設課長 お答えいたします。 市道鶴ヶ町西線事業でございますが、平成26年4月に開校した県立の村山産業高校への通学の安全確保と、それから県道東根尾花沢線の交通の分散化を図るということで平成27年より着手をしております。 この道路につきましては、鶴ケ町の住宅団地北から県道東根尾花沢線林崎交差点まで本線、それから支線も合わせますと約2,500メートルほどございます。

村山市議会 2020-03-04 03月04日-02号

議長 柴田建設課長建設課長 お答えいたします。 建設課としまして今考えられるものということでありますが、主に大規模な災害時において重要なインフラ等が機能、維持できるものということを計画に盛り込む予定をしております。 具体的に言えば、住宅とか建物の耐震化、それから空き家対策、それから道路で言えば道路とか橋の老朽化対策、それから緊急輸送路確保対策、それから除雪体制など。

村山市議会 2019-12-05 12月05日-04号

議長 柴田建設課長建設課長 高齢者への除雪の支援、配慮ということで道路関係を申し上げますが、当然市道につきましては全世帯間口配慮除雪ということで今進めております。県道においても毎年山形県に対しまして、自力では除雪が困難と思われる世帯に対して間口に雪を置かないよう配慮していただくように、毎年除雪の依頼をしているところでございます。 以上です。 ○議長 12番 中里議員

村山市議会 2019-12-04 12月04日-03号

ここについてどうしていくかということを今後計画していただきたいと思うのですが、柴田建設課長に伺います。緊急車両の進入困難な道路、こちらのほうの拡幅工事、改善の計画、この辺について現状はどのように計画なり考えがあるのか、お聞かせいただきたいと思います。 ○議長 柴田建設課長建設課長 お答えいたします。 

村山市議会 2019-09-05 09月05日-03号

議長 柴田建設課長建設課長 市道東西2号線、大槇と白鳥間の計画でございます。これにつきましては関係機関皆さんといろいろと検討してまいりまして、ルートとしましては共栄橋西側交差点、沖の集落の中です。そこから反田のため池を通りまして国道347号線、土海在家に入る市道との交差点までということで、延長としましては約1,549メートルを予定をしております。 

  • 1