976件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-09-30 2019-09-30 令和元年第513回定例会第4号 本文

今後は、第55回高畠町総合体育大会やチーム対抗ロードリレー、また、ラ・フェスタ・ミッレミリア、そして全日本50キロ競歩高畠大会兼東京オリンピック日本代表選手選考競技会など、食やスポーツ文化など、本町の魅力満載のイベントが毎週のように開催をされ、町民を初め町外から多くの方々がお越しになります。  議員の皆様にも足を運んでいただき、イベントを大いに盛り上げていただきたいとお願いを申し上げます。  

高畠町議会 2019-09-18 2019-09-18 令和元年第513回定例会第3号 本文

質問にある実施に向けた準備の進捗状況や制度の理解度に関しましては、このたびの税率引き上げが国税であることから、本町独自の統計的な把握は行っておりません。町として把握している内容としては、既に税務署による説明会を数回開催している状況のほか、消費税率の引き上げ後においても、税務署による説明会が開催される予定のようです。  

高畠町議会 2019-09-17 2019-09-17 令和元年第513回定例会第2号 本文

歩道整備、先ほど答弁いただいた深沼入生田線、本町縦3号線、高小西線、合計して1,050メートルなわけですけれども、そのほかにこの本町泉岡線が800メートル工事を進めているという回答があったんですが、この総合計画ですけれども、これは起点がこの歩道の場合ですと、2018年度からというようなことになるので、その800メートルも含まれるというように理解されるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

高畠町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年予算特別委員会 本文

ですので、本町としても手を挙げて、町費も加えながら事業を実施するというふうなことでございます。  今、町内に商店街は4つございまして、プラス高畠商業協同組合、いわゆるあのハッピーシール事業のほうですが、その5つの団体が今のところ事業を実施したいということで考えているようでございます。

小国町議会 2019-09-05 令和元年第5回定例会(第2日) 本文 2019-09-05

こうした状況の中、本町商業振興策につきましては、町商工会と連携を密にし、展開をしております。  議員御存じのように、町商工会は町内の小規模事業者を含む商工業者を225事業所が会員となっており、かつ、町内の中小企業者に対して経営相談、助言指導から融資窓口等を行っております。

小国町議会 2019-06-12 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-06-12

5番(間宮尚江君)片洞門休憩所設置条例廃止となっていますが、この条例におきますと、「本町観光の振興を図るとともに」というのが第1条にあります。やはり、この休憩所を解体して設置条例を廃止するとなった場合、有名な景勝地あるいは片洞門という名称の浸透性などから考えて、今後あそこには何も設置する予定はないのか。

小国町議会 2019-06-07 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 2019-06-07

町としましては、これらの影響等を最小限に導くため、商工会金融機関との定期的な情報交換や町内事業所への経営状況の聞き取りなどを通して、その実態の把握に努めながら、議員御提案の町独自の制度資金の創設が本町の商工業の持続的発展に寄与する仕組みになるのか否かの検討を重ね、より効果的な施策のあり方について詰めてまいりますので、御理解を賜りますようお願いをいたします。

小国町議会 2019-06-06 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-06-06

県立小国高等学校は、本町の保小中高一貫教育の中で、地域との連携体制が確立されていること、さらに平成28年度に東北初のコミュニティ・スクールとして指定され、以来、学校運営協議会が設置され、多様な協働の試みが展開されていることなどから、こうした基盤を活用しながら学校側と地域側、双方の課題を、共同事業体が中心に、その解決策と未来像を見出し実践していこうとするものであります。  

高畠町議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第509回定例会第3号 本文

本町には、児童虐待の事例などはあるのでしょうか。全国共通ダイヤル189やチャイルドラインなどの利用相談事例などはいかがでしょうか。相談が発生した場合は、すぐに把握できるシステムになっているのでしょうか。  次に、保育サービスについてですが、現在、少子化が進み、本町でも出生数が150人を割る現状であります。しかしながら、核家族化の進行保護者共働きなどにより保育需要は高まっています。

小国町議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(第2日) 本文 2019-03-06

小国高校の必要性及び本町におけるその存在の重要性は極めて高いものがあり、同校は保小中高一貫教育の最高学習機関として、本町の次代を担う人づくりや選んでもらえるまちづくりを進める上でも必要かつ不可欠な教育機関であります。このため、毎年度、山形県教育庁及び置賜教育事務所に対し、町の重要事業要望として同校の存続を強く訴えているところであり、今後も引き続き、その働きかけを強化します。  

小国町議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第1日) 本文 2019-03-05

本町の魅力に共感する方を広く募るとともに、本町労働力不足を解消するため、本町産業地域資源を十二分に活用した独自の働き方・暮らし方を模索する「小国らしい暮らし方・働き方モデル調査事業」に取り組みます。  北部地区における空白地運送事業の実証試験を継続し、地域主体の運行可能性調査を進めます。  

山形市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第2号 2月26日)

中心市街地におきましては、七日町、本町、十日町の国道112号線に面した建物の再築に際しては、歩道のスペースを確保するためにセットバックに御協力いただいております。セットバックした部分の土地への休憩用ベンチ等の設置の可能性について、今後調査検討してまいります。