1866件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2020-09-18 09月18日-04号

委員からは、廃止することになる既存日光東6号線の一部は県が管理することになるのかとの質疑がありました。 これに対し、執行部からは、既存日光東6号線は、山口西工業団地整備に伴い、分譲地内に含まれる区間押切川に隣接している区間であり、押切川と隣接している区間については、河川管理用道路として位置づけられ、今後は河川管理者である山形県が管理することになるという説明がありました。 

天童市議会 2020-09-04 09月04日-03号

したがいまして、天童市としましては、既存の産後ケア事業を拡大していくということで考えているところでございます。 以上です。 ○山崎諭議長 野口さつき議員。 ◆3番(野口さつき議員) ありがとうございます。 法改正によって、4か月から、また1年にということで考えていただいているということで、ありがとうございます。 

庄内町議会 2020-06-11 06月11日-02号

あと畜産関係では市町村連携事業でありますが、既存セーフティネット、いわゆる肉用牛肥育経営安定特別対策事業というような、一定の価格が下回ったときにそれを補てんする制度がありますが、ほとんどのセーフティネットが9割ぐらいの保証になります。残り1割の部分について県と市町村で支援するといったような計画が示されているところでございます。 

庄内町議会 2020-06-09 06月09日-01号

[検証の結果]   ア 宿泊施設誘致可能性に関する実態調査    (ア) 町内への宿泊動向アンケート調査        町では、今後の宿泊施設動向を探るため、既存宿泊施設事業者6人から宿泊施設誘致についてヒヤリングを行っている。そのなかで将来の事業経営継続性についても調査し、経営者側からは後継者等の課題もあり、5施設からは継続的な経営は厳しいとの回答であった。    

酒田市議会 2020-03-19 03月19日-07号

どのような施設を造るかは、この1年をかけてワークショップ等の意見を参考にしながら検討するものだと理解しておりますが、現状では鶴岡市のような新たに大型屋内型児童遊戯施設検討しているのか、あるいは既存施設の再利用的なことを考えているのか、お考えをお伺いいたします。 次に、(2)屋外型児童遊戯施設についてお伺いをいたします。 

小国町議会 2020-03-19 令和2年第3回定例会(第3日) 本文 2020-03-19

その果実を、白い森ブランドの新商品開発既存製品のブラッシュアップによる商品開発などに活用していただき、さらなる稼ぐ力の掘り起こしを期待いたします。  3つ目。各家庭の協力を得て推進してきました生ごみEMぼかし肥料づくりは、耕作地土づくりによる安心安全の作物づくりに定着し、この考え方ごみ減量化とともに資源の有効活用として町民の意識改革に寄与したものと認識しております。

庄内町議会 2020-03-16 03月16日-05号

これは既存道路のものでございます。以上でございます。 ◆15番(石川保議員) 実際にそれを設置する予定がないというか考え方がないということで、これはいわゆる条例改正の基本である国の法律が変わったので町の条例の一部を改正すると、それについて具体性がない、実効性がない、予定していないんだということ、そのことを踏まえても改正しなくてはならない理由についてもう一度お聞きしたいと思います。

酒田市議会 2020-03-13 03月13日-05号

②として、既存施設、これから整備する施設への太陽光発電パネルなどの整備などの考えはどうかということです。以前に比べ太陽光パネルも安価になり、また光に対する発電力も大きくなってきていると言われています。既存施設への設置や、また新たに建設中の施設に対して整備考えられないかお尋ねをいたします。 (2)として、これからの酒田市の考え方についてです。 

村山市議会 2020-03-05 03月05日-03号

私はそういうふうな既存事業等を組み合わせて、市民にとっての財産である東沢公園をもっと利用しましょうというふうに考えているんですが、その公園利用拡大等市長考えていらっしゃることありましたらお聞かせください。 ○議長 志布市長。 ◎市長 基本的にはそのとおりだと思いますよ。ないものをねだるよりも、あるものを活用していく、これは市政全般にも言えることだと思います。

鶴岡市議会 2020-03-05 03月05日-02号

勤務時間管理体制を整えることでございますが、客観的に在校等時間を計測することが労働時間短縮の目安となり、結果的に教職員の健康、福祉の増進につながること、また有事の際に有効な記録としての役割を果たし得るということにつきましては、議員御指摘のとおりと考えますので、先ほども申し上げましたが、既存のシステムを有効活用しながら、また市長部局等との調整を図りながら、全国の先行事例などについても収集しまして、より

庄内町議会 2020-03-04 03月04日-02号

このことはこれまでの既存まちづくりから新しいまちづくりに向けた「気づき」に繋がり、改めて「日本一住みやすく、住み続けたい町」の具体的な姿を示すことになるものと考えます。 また、昨年度は立川庁舎利活用、新図書館や武道館のあり方、合併以来15年間手つかずのままだった町内施設使用料手数料等の見直しを行っております。