17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鶴岡市議会 2020-03-06 03月06日-03号

今後市内観光関係者、また医療、健康に関する関係機関との連携も視野に入れながら、体験プログラム開発旅行商品など、観光協会をはじめ関係機関連携しながら具体的な取組検討してまいりたいと存じます。 ◆21番(阿部寛議員) クアオルト、湯田川で勉強会がありました。市長と語る会でも市長とお話ししたということでありますので、クアオルトの前向きな検討をお願いしたいと思います。  

鶴岡市議会 2019-09-05 09月05日-02号

このほか、DC期間終盤の12月には、湯野浜温泉羽黒山斎館東京の著名な料理人などによります過去、現在、未来をテーマとした食の競演イベント企画しまして、JR東日本グループ会社旅行商品働きかけるほか、他の温泉地でも食をテーマイベントを開催する予定でございます。冬期での誘客拡大のてこ入れを図りたいと考えております。

鶴岡市議会 2019-06-10 06月10日-04号

この調査結果を受け、市観光連盟事業企画委員会検討を行いまして、首都圏新潟庄内エリアデスティネーションキャンペーンにおける最重点市場であることから、本市誘客戦略において出羽三山をエンジンに、庄内ブランドの再構築を図る方針として出羽三山重点とした情報発信旅行商品取り組みを展開しているところでございます。  次に、DEGAM出羽三山との関連についてお答えをいたします。

鶴岡市議会 2019-06-06 06月06日-02号

市としては、「詣でる、つかる、いただきます」について、本市認知度向上を図り、市内滞在時間の拡大と温泉宿泊につなげることで地域経済に普及させる取り組みとして、新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン中心に、JR東日本を初め旅行会社旅行商品働きかけを行うとともに、情報発信を展開しております。

鶴岡市議会 2019-03-04 03月04日-03号

また、9月には東京で開催されましたツーリズムエキスポジャパン等機会を利用し、日本最大蚕室群絹産業歴史に触れ、鶴岡シルク商品を購入できる場所であることをPRしながら、旅行会社に対して旅行商品働きかけを行っております。10月には新潟市で行われました全国宣伝販売促進会議出羽三山サムライシルク日本遺産等旅行会社等に広く紹介しております。

鶴岡市議会 2018-12-04 12月04日-01号

下期に向けましてもこれまでの商談先情報交換を行っているほか、来年2月のDCに向け、商談会参加を予定しており、春から1年を通じて旅行商品が図られるよう取り組んでまいります。また、JRには羽黒山斎館精進料理を評価いただき、新たに旅行商品をつくっていただいておりますが、さらにポスター、雑誌等JRの媒体によるPRについても働きかけております。

鶴岡市議会 2018-09-11 09月11日-04号

こうした会議中心に、PRを重ねるなど、今後も引き続き本市認知度向上旅行商品などに向けまして、旅行会社に徹底したセールス活動を展開してまいりたいと存じます。  次に、経済効果地域への浸透についてお答え申し上げます。観光庁調査によりますと、国内旅行者の1人1回当たりの消費額は、日帰り旅行で約1万5,000円、宿泊の場合は約5万円と試算されております。

鶴岡市議会 2018-09-10 09月10日-03号

この市観光戦略プランでは、デスティネーションキャンペーンに向けた重点的な取り組みとして、「詣でる、つかる、いただきます」を掲げ、鶴岡伝統精進落としが広く観光客受け入れられるよう旅行商品し、同じテーマで4温泉共通取り組みを行うものでございます。こうした地域共通企画は、この戦略を受けて初めてのこととなります。  

酒田市議会 2008-03-21 03月21日-06号

そのほかにも、例えば酒田まつり歴史を見ていただく写真パネル展、それから酒田まつりで提供されておりました郷土料理、こういったものを、例えば祭り膳といったようなことにして旅行商品するといったようなことも考えているところでございます。 来年の本年祭でありますけれども、これは、ただいま申し上げたような伝統的な山車の復元参加をふやしていくということでございます。

  • 1