418件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-09-17 2019-09-17 令和元年第513回定例会第2号 本文

ただ、そういった機会を創出したり、あるいは今首都圏の中学生、高校生を対象とした教育旅行ということで、将来的な田舎暮らしに向けたきっかけづくりというようなことで幅広く実施はしておるところでございますが、なお、そういった具体的な農作業体験に結びつけるような催し物については、今後そういったことができるように、町もいろいろ支援していきたいなと考えているところでございます。

高畠町議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年第509回定例会第2号 本文

具体的には、熱中小学校プロジェクトを通じて都市住民や首都圏企業経営者、第一線で活躍する有意な人材との交流を促進するとともに、農業研修生や教育旅行の積極的な受け入れと民泊の拡大、交流体験プログラムの開発等によって、都会では味わえない価値観共有できる取り組みを推進をしてまいります。

山形市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第2号 2月26日)

まず、小中学校修学旅行における、小中学校の連携についてお伺いいたします。  現在、小中学校の修学旅行先は、東京方面が多く、同じ学区内においても、小学校時も中学校時も東京という児童・生徒が多くなっています。若年期の多感な時期にいろいろな場所で、さまざま学ぶこと、あるいは見聞を広めることは人としての成長にもつながるものと考えます。  

天童市議会 2018-09-12 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号

その下の観光誘客事業、7款1項3目の2番目、観光誘客事業ということで、国内長距離バスツアー、インバウンドのバスツアーを実施する旅行事業者に対し、バス1台当たり2万円の助成を行い、観光誘客の促進を図ったということがあるんですが、28年度176万円ほどで、29年度が286万円ほどの助成を行ったようなんですが、その効果、どのようなものだったのか、お願いいたします。

天童市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、政府は訪日外国人旅行者を4,000万人に増やす目標を掲げていて、宿泊の受け皿づくりとして期待されております。  首都圏などでは、いわゆる闇民泊の横行、民泊の利用者による騒音やごみ出しなどの近隣住民とのトラブルの増加などを踏まえ、一定のルールを定めることで健全な民泊サービスの普及を図ることを目的としております。  

高畠町議会 2018-03-08 2018-03-08 平成30年第504回定例会第3号 本文

8 番(数馬治男) なかなかアンテナショップとまでいかなくても、そういう継続的ないろいろな首都圏との交流、販路の拡大、そういうことがやっぱりこれから必要になってくると思いますので、密な交流といいますか、あるいは修学旅行の受け入れなどもやっているわけですけれども、そうした中でのPRというのも大事なことではないかというふうに思います。  現在、山形県アンテナショップを開設しておりますね。

高畠町議会 2018-03-07 2018-03-07 平成30年第504回定例会第2号 本文

平成30年度におきましても、町観光協会と連携し、インバウンド受け入れ体制の整備と、旅行造成への取り組みを強化してまいります。  次に、地域のにぎわいづくりについてでありますが、地域商店街のにぎわいを創出することは、町全体の活性化にもつながりますが、小売店を中心とする商業については、経営者の高齢化等による廃業や、大型量販店の出店により、厳しい経営環境にあります。  

山形市議会 2017-12-11 平成29年産業文教委員会(12月11日)

観光物産課長   昨年度から、農観連携型の体験型旅行を実施しており、商材の発掘を既に始めている。また、これまでのスポーツ大会においては、観光面での連携は不足しており、今後、教育委員会と協議を進めていきたいと考えている。 ○委員   ニューツーリズムについては、以前、グリーンツーリズムということで、その分野に限った形で広げたことがあるが、それがどのくらい広がっているのかは疑問がある。

山形市議会 2017-12-06 平成29年12月定例会(第3号12月 6日)

19世紀後半から20世紀初頭に、旅行家、紀行作家として活躍したイギリスの女性、イザベラ・バード、彼女が日本を訪れ、山形を旅したのが、1878年、明治11年7月であった。バードの著書「日本紀行」では、英国人から見た当時の人々の暮らしが記されているほか、完成間近の旧済生館、現郷土館や市内各所が称賛されており、山形の魅力を改めて気づかさせてくれる。

庄内町議会 2017-11-09 平成29年 11月 臨時会(第5回)-11月09日−01号

換金性の高いようなパソコン、商品券、旅行券、そういったものに関しては控えていくという状況はあるようです。庄内町の場合は、お米が中心でありますので、そのような換金性が高いとはいえないものが中心でありますので、ルールとして決まっていない、そうあるべきだというレベルの中では、そう簡単に3割にする必要がないのかと思いますが、いかがでしょうか。

庄内町議会 2017-09-19 平成29年  9月 全員協議会-09月19日−01号

石川県で超えたという、それにも、やはり旅行会社庄内町には1件しかないということもありまして、それ以外選択肢がないということもあって、いろんな事情があってそういうふうになったのですが、そこのところもどういうふうに理解すればいいのかということもあったということが1点あります。  

山形市議会 2017-09-13 平成29年 9月定例会(第3号 9月13日)

そのために旅行食事に行く方もいるとも聞いております。このようなニーズなどを捉えながら、新たな道の駅象徴するモニュメントとして設置することにより、二代目鍋太郎を有効に活用してはいかがかと考えますが、市長の御所見をお尋ねいたします。  続いて、エックスゲームズの誘致についてお伺いをいたします。