2778件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

庄内町議会 2020-06-09 06月09日-01号

企業課主査公務管理係長 菅原 敦 総務課文書法制係長     今井真貴   総務課管財係長      石川 浩 保健福祉課介護保険係長   丸山昭宏   商工観光課観光物産係長  成田 響 商工観光課産業創造係長  荻原 直 教育課長    佐藤美枝  社会教育課長 鶴巻 勇 指導主事          富山裕二   教育課主査学校教育係長 渡部恵子 教育課教育施設係長     押切崇寛   社会教育課文化

小国町議会 2020-06-04 令和2年第7回定例会(第1日) 本文 2020-06-04

また、政府自粛要請を踏まえて、一定文化芸術、スポーツイベントを中止とした主催者に対し、観客等入場料等の払戻しを請求しなかった場合には、放棄した金額を寄附金控除の対象とするものです。  加えて、住宅ローン控除期間特例措置弾力化として、新型コロナウイルス感染症の影響により住宅ローン減税が適用される入居期限に遅れた場合でも、一定の要件を満たせば適用対応とするものです。  

鶴岡市議会 2020-03-25 03月25日-07号

過疎地域は、我が国の豊かな自然や歴史文化を有するふるさとの地域であり、また、都市に対して、食糧・水資源の供給、自然環境の保全と癒しの場を提供するとともに、森林による地球温暖化防止に貢献するなどの多面的・公共的機能を担っている。  過疎地域は、国民共通の財産であり、国民の心のよりどころとなる美しい国土と豊かな環境を未来の世代に引き継ぐ努力をしている地域である。  

鶴岡市議会 2020-03-24 03月24日-06号

この意見書では、全労連の最低生計費調査を紹介し、地域間格差がほとんどないこと、生計費時給換算では1,300円から1,400円になるとして、健康で文化的な最低限度生活を営むための必要最低生計費を下回ることは許されないと強調しています。中小企業支援策では、社会保険料負担軽減などの導入、独占禁止法下請法積極的運用を求めています。

天童市議会 2020-03-18 03月18日-04号

3 行政水準向上対策について 4 広報・広聴及び市民参加等について 5 消防・救急業務について 6 教育振興について 7 危機管理及び災害対策について 8 その他総務教育常任委員会の所管に属する事項について環境福祉常任委員会健康・医療福祉生活環境問題について1 社会福祉対策について 2 交通安全対策について 3 健康・福祉環境衛生事業について 4 国民健康保険介護保険事業について 5 文化

酒田市議会 2020-03-17 03月17日-06号

都民の皆様から本市に来ていただき、文化、歴史、人、そしておいしい食事に満足をしていただき、酒田ファンになっていただきたいと思いますが、情報発信拠点である吉祥寺テラス状況についてお聞きをします。 次に、(4)として、お試し住宅状況についてお聞きします。 本市移住を考えている方にとりましては、移住地住まい環境医療、仕事は一番気になるところと思います。

酒田市議会 2020-03-13 03月13日-05号

ちょっと各課の状況ではないのですけれども、先ほどちょっと御説明いたしました提言メール、それからふれあいBOX、市役所とか文化センターとか各総合支所にあるふれあいBOX、それから手紙とかはがきとか、あるいは直接いらっしゃる、市政への意見ということで分けますと、平成30年度でいいますと提言メールが268件、ふれあいBOXが168件、はがき等、実際に来た関係の意見が46件の約482件。

高畠町議会 2020-03-13 2020-03-13 令和2年予算特別委員会 本文

11番(鏡 善弘) 私のほうはページ数で188ページ、11目文化ホール管理運営費の中の説明の一番下にありますワイヤレスマイクですね。これ120万円ということで、きのう説明をお伺いしました。そのときに2022年から実際は文化ホールの中で使っているワイヤレスマイクのことだと思いますが、その理由として電波法が変わったというような話でしたが、まずそれでよろしかったですか。

酒田市議会 2020-03-12 03月12日-04号

具体的には、駅周辺整備事業、仮称でありますが、酒田コミュニケーションポート整備事業や新産業会館整備支援事業、浜田・若竹統合保育園整備事業、2か所の学童保育所整備事業、旧割烹小幡を改築する観光物産施設改修事業市民会館音響設備等を改修する文化施設長寿命化対策事業などなど、いずれも長年にわたって懸案となっていた事業がいよいよ本格的にスタートし、形となって完成に向け始動するものであります。 

高畠町議会 2020-03-12 2020-03-12 令和2年第515回定例会第5号 本文

2020年東京オリンピックレガシーは、ことし、東京都を中心に開催される第32回夏季オリンピック及び第16回パラリンピック競技大会後に残る有形無形レガシー、すなわち「社会的遺産」(ソーシャルキャピタル)・文化的財環境財本町として残し得るのか。これを意識した本町の新年度予算、今後の事業についてお聞かせください。  

高畠町議会 2020-03-11 2020-03-11 令和2年第515回定例会第4号 本文

新しい学習指導要領の中では、言語能力の育成、外国語教育プログラミング教育理数教育充実道徳教育、伝統や文化に関する教育主権者教育消費者教育と多種にわたり、そのほかにも体験活動企業に関する教育金融教育、防災・安全教育国土に関する教育などの充実が図られていくとのことですが、膨大な学習要領であり、どの教育が小学校、中学校、高校教育要領か判断がつきません。  

高畠町議会 2020-03-10 2020-03-10 令和2年第515回定例会第3号 本文

地区公民館では、地域住民が主体となり、自分たちの住む地域の自然、産業生活歴史文化、景観などを学び、暮らしやすい地域の将来像を地区づくり計画として策定をしております。毎年、この計画をもとに各地区公民館運営委員会では地区の現状と課題を整理をし、地区づくり推進事業を展開しており、町でも事業費支援を行っております。  

鶴岡市議会 2020-03-09 03月09日-04号

ユネスコ食文化創造都市の登録を受けて、市が推進してきた食文化創造都市、食文化情報発信行政内部での思いや、またこれまでに呼応してきた事業者思いもあると思います。出発点、原点、これが何だったのかということを大切にしていただいて、内外とも、庁舎内も、そして事業者とも信頼を回復する丁寧な話し合いを続けてほしいと思います。  次の質問に移ります。持続可能な農業振興について伺います。