7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

天童市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

浸水区域における救助訓練につきましては、消防職員の訓練機関である消防大学校消防学校における水難救助に関する教育訓練を参考に実施をしております。具体的には、消防本部訓練場において、月1回程度の想定訓練のほか、実際の湖沼において年に1回、実践訓練を実施しております。  

庄内町議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月02日−02号

消防防災については、消防団消防演習、操法大会等を実施するとともに、消防学校教育訓練等に団員を派遣し、火災災害に備えてまいります。消防施設等の計画的な整備及び危機管理専門員を配置し、自主防災組織育成と町民の防災意識の高揚を図ってまいります。また、山形県防災行政通信ネットワーク再整備事業により、防災情報システムの機能向上と情報通信手段の強化を図ってまいります。  

天童市議会 2014-09-10 平成26年  9月 定例会(第5回)-09月10日−03号

国では、非正規雇用労働者である若者が資格取得につながる自発的な教育訓練の受講をはじめ、社会人の雇用保険制度を見直す方向性が出されました。これを受けて、平成26年10月から給付内容が拡充されるほか、新たに教育訓練支援給付金が創設されるようです。  今後の人口減少対策において、本市は若者の雇用生活を安定するために、さらに企業誘致や正規雇用の推進に積極的に取り組んでいただきたい。

天童市議会 2014-06-10 平成26年  6月 定例会(第3回)-06月10日−02号

この県立山形職業能力開発専門校でございますが、教育訓練部門が2つございます。1つが自動車科、もう一つが、今議員のほうからお話ございました建設技術科でございます。  やはり今議員御心配のように、自動車科の定員が1年生が25人、2年生が25人、これはどちらも満杯でございます。しかしながら、建設技術のほうでございますが、1年生の定員に対しまして、在籍者が7名でございます。

庄内町議会 2007-12-17 平成19年 12月 定例会(第7回)-12月17日−04号

条件云々ではないというようなことでございましたので、引き上げはやむを得ないものといたしまして、その後の対応でございますが、会計室の体制や立川庁舎における収納業務も密接に関係してくるものではございますが、現金の取り扱いに関しましては、やはり専門的な教育訓練を受けた方から担っていただくのが、よりベターではないかと、そういうことでの結論を出したところでございまして、具体的には地方自治法施行令の138条に

天童市議会 2007-08-30 平成19年  9月 定例会(第3回)-08月30日−03号

天童商工会議所などの関係機関と連携をして、女性労働者職業能力を向上させるための研修会や男女平等の理念に立った教育訓練の充実を企業に働きかけるとともに、意識啓発を促進するためのパンフレット等を活用し、啓発活動を行っているところであります。  今後とも女性の社会進出向上に向けた取り組みを関係機関と連携をしながら促進をしてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

庄内町議会 2006-03-08 平成18年  3月 定例会(第1回)-03月08日−06号

それから訓練この教育訓練もやると。列車の訓練そして消防警察、県この関係機関の訓練もやると。膨大な内容がずっと書かっているんですよ、JRの関係では。ですから旧余目町の防災計画というのはあまり参考にならないところが多いにあるんですよ。あなた参考なると言ってましたが、ですからこういう先進地をですねきちっと見ながらJRとも話ししてそして作るのが当然でしょうよ。違いますか、お答え下さい。

  • 1