49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

酒田市議会 2019-12-19 12月19日-04号

ただ、おっしゃる意味は、やはりそのどうしようもないような時点で、自習監督ということではなくて、学級様子を誰かが見に行かなければならないというような状態において、指導というよりは子供たち様子あるいは安全も含めて一時的にそれを見ますと、それが教育支援員の責任というわけではなくて、やはり担任先生の指示あるいは教務主任とか教頭さんとかですね、そういったことが自習計画の中にちゃんと把握されていて、そこで

山形市議会 2017-09-25 平成29年産業文教委員会( 9月25日)

なお、山形市では、秋田大学の教授を招いて教務主任研究主任合同研修会で、昨年度と今年度の2回講話してもらっている。 ○委員   全国学力学習状況調査目的を再度確認したい。 ○学校教育課長   資料にもあるが、義務教育機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国児童生徒学力学習状況を把握・分析し改善していくことが目的となっている。

山形市議会 2017-06-20 平成29年 6月定例会(第2号 6月20日)

教頭先生教務先生授業を受け持っています。そのような中、事務職員1人が職員室にいて、電話対応中に来客のチャイムが鳴ったときや、教室から緊急の対応を求められる連絡が入ったときなど、とても苦慮する場面もあります。翻せば、緊急事態ヘの対応できる教員が全くいない危険な状況にあると言ってもいいと思います。  

山形市議会 2016-11-30 平成28年12月定例会(第3号11月30日)

司書職員のいない山形市では、司書を担当する教員が、そのほかの教務を兼任しながら過度な負担を強いられている実態もあります。  子供たち学びにとって、また学校教育全体に資するものとして、学校図書館充実、とりわけ学校司書職員全校配置を計画的に進めることを求めたいと思います。教育長の答弁を求めます。  次に、住生活の安定のために家賃補助制度の創設についてです。  

山形市議会 2016-06-27 平成28年産業文教委員会( 6月27日)

また、教務主任学級担任をしながら行っているため、担任外教員がいない状況である。そのため、学校側から授業やさまざまな学校行事において人手が不足しているとの話を受け、今年度から4名増員している特別指導員のうち1名を、大曽根小学校に配属している状況である。教員が減ったことによりさまざまな活動に影響があり、指導の面でも負担があると聞いている。

山形市議会 2016-06-21 平成28年 6月定例会(第2号 6月21日)

教頭先生教務先生も個別の対応が必要な児童生徒支援のために学級に入っていたり、ほかの場所で個別の支援を行っていたり、また出張の先生がいると、そのかわりに教室での学習指導に当たったりと、担任外教員フル回転状況で、もしそこに緊急事態が起こったりしたら、もうお手上げ、という綱渡りのようなぎりぎりの状況が続いています。どの学校からも人がほしい、マンパワーをつけてくれと言われます。

高畠町議会 2014-12-03 2014-12-03 平成26年第485回定例会第2号 本文

町内の各中学校教頭教務主任研修先の第三中学校に朝の登校時間から下校時間帯まで丸1日滞在し、生徒学校生活様子をつぶさに視察いたしました。あわせて、大規模校におけるいじめや不登校などの指導の課題を教示していただきました。この研修により、参加した先生方は、改めて大規模校ならではの視点で指導方針を考える必要性を再認識したところです。

庄内町議会 2014-03-10 03月10日-05号

もちろん他の幼稚園もそれぞれ頑張っていることと思いますが、一方、外部評価といいますか、その中でもらった外部評価、「教員委員会の権限に属する事務管理及び執行の状況の点検及び評価報告書」の中の10ページですが、お持ちかと思いますが、「人間性の基礎を培う幼児教育の見直し・評価」の中に発達段階を踏まえた保育活動充実の中では、幼稚園教務主任会議、年4回行われているということでございました。

山形市議会 2012-09-21 平成24年産業文教委員会( 9月21日)

当該教諭は9月3日から復帰したが、当面は校内で教務の仕事を中心に行い、授業はしばらく担当させないとの校長の考えがあり、8月24日の保護者会でもその旨を校長保護者に伝えている。  これから県教育委員会からの処分が出されることとなるが、市教育委員会としても厳正に対処するとともに、本人への指導を継続していく。また、今後とも教職員の綱紀粛正についてさらに指導を重ねていく。...

天童市議会 2012-06-12 06月12日-03号

さらに、授業研究会を開催し、教員同士学び合う場を共有したり、各学校が独自の学び向上プランを実施したり、教務主任研究主任合同研修会外国語活動研修会などを開催したりすることにより、教員指導力を高め、質の高い授業を提供できるように努力しているところです。 次に、「親学のすすめ」について申し上げます。