289件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会(第3号 6月17日)

新型コロナウイルス感染症における済生館対応についてでございますが、山形市ではこのたびの感染拡大に際し、山形大学医学部附属病院山形県立中央病院及び済生館連携し、機能分担を行い、新型コロナウイルス感染症に係る医療のみならず、高度医療及び救急医療を担保し、医療提供体制確保に努めてまいりました。今後想定される第2波・第3波に対しましても、引き続き役割を果たしていきたいと考えております。  

山形市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会(第2号 6月16日)

続きまして、より安心な救急医療への取り組みということで、救急医療情報キット安心キットの導入について、御提案というか、お伺いしたいと思います。  山形市の福祉連絡カードは、かかりつけ医や持病などの医療情報を記入し、冷蔵庫等に貼っておくことで急病者救急搬送時などに役立てられております。  

高畠町議会 2020-03-11 2020-03-11 令和2年第515回定例会第4号 本文

具体的に例を挙げますと、観光面では町内観光地へのアクセス向上など、そして、工業面では産業拠点形成活性化、さらには救急医療活動の支援、そして、これら多方面にわたる整備効果が検討されております。スマートインターチェンジが設置された後には、ただいま申し上げましたこれらの効果が実現され、町の振興発展に結びつくものと考えております。  

山形市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会(第3号 3月 5日)

AEDの設置に関しましては、一般財団法人日本救急医療財団基準を示しており、心停止から5分以内に電気ショックが可能となるよう、現場から片道1分の距離に設置することとしています。山形市ではどのようになっておりますでしょうか。平吹消防長にお尋ねいたします。 ○副議長(長谷川幸司) 平吹消防長

庄内町議会 2020-03-04 03月04日-02号

地域における救急医療体制確保を図るため、町内救急搬送受け入れ医療機関に対し、私的二次救急病院救急体制確保補助金を交付いたします。 人生100年時代を迎え、今後も増加が見込まれる認知症高齢者やその家族の支援のため、認知症サポーター要請講座徘徊声掛け訓練認知症カフェ等事業を継続し、地域への普及啓発を図ります。 

酒田市議会 2020-03-03 03月03日-03号

そういうようなところもございまして、市長が施政方針にも記載しておりました広域的な救急医療体制確立というようなところで、やはり戸沢立川道路というようなところも重要な道路になってくるんだろうと思います。そういった整備も進める上で、やはり県あるいは国というようなところの連携というのが非常に大切になってくるんだと思います。

酒田市議会 2020-02-28 02月28日-02号

本市の救急医療体制を支えている市内唯一の私的二次救急医療機関である本間病院救急搬送患者の受入れに対する助成制度を創設し、安心して生活できる医療提供体制の維持を図ります。 国民健康保険については、引き続き健全な財政運営に努めるとともに、制度運営の重要な財源である国民健康保険税について、加入者負担軽減を図るため、令和2年度に税率の引下げを行います。 

天童市議会 2020-02-27 02月27日-01号

歳出については、救急医療確保に係る経費を市民病院事業会計へ繰り出すための直営診療施設勘定繰出金を減額するものであります。 次に、議第68号令和年度天童介護保険特別会計補正予算(第4号)について申し上げます。 今回の補正予算は、既定の予算総額に677万5,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算総額をそれぞれ61億2,225万2,000円とするものであります。 

天童市議会 2019-12-10 12月10日-02号

あわせて、市民目線で一番心配なのは救急医療なんかじゃないかなというふうに思います。救急医療というのは非常に難しいものがございまして、何を中心に考えればいいかというと患者さんの命でございます。患者さんの命が一番適切に守るためにどういう対応をしたらいいかということが全てでございますけれども、表向き、数字が出てくるのは、例えば受け入れ人数とかそういうことが表に出てくると思います。 

高畠町議会 2019-12-04 2019-12-04 令和元年第514回定例会第2号 本文

今、高畠病院が置かれている現状として、経営黒字化病床稼働率が90%を超え、経営的には何ら問題はないのですが、今や国民的疾患とも言われているがんに対する諸治療や、その他の疾病による手術など急性期医療救急医療部分医療連携病院となっている公立置賜総合病院への搬送が多くなっており、病状がある程度落ちついたところで、自宅に近い高畠病院へ転院し療養することが恒常化しているように見てとれます。

酒田市議会 2019-09-30 09月30日-01号

国道47号新庄酒田道路及び国道7号は、日本海沿岸部県内陸地方や隣県を結ぶ重要な物流ルートとして、また広域的な救急医療確保にも重要な役割を果たすものと期待されています。余目酒田道路全線開通に続き、戸沢立川道路などの早期事業化及び国道号広野興野地区車線化早期整備が図られるよう国や県に強力に働きかけていきます。 (5)酒田港における新規航路開拓エネルギー拠点化。 

鶴岡市議会 2019-09-03 09月03日-01号

荘内病院は、庄内南部地域約15万5,000人を医療圏とした高度専門医療急性期医療救急医療を担う基幹病院として市民の皆様のみならず、地域医療においても重要な財産であると考えております。また、病院経営におきましては、平成30年度決算は改善傾向にあるものの、純損失となっており、経営改善も喫緊の課題と認識をしております。

高畠町議会 2019-03-05 2019-03-05 平成31年予算特別委員会 本文

特に救急医療等々、夜間の部分については、当然、採算がとれるものではございませんので、そこを維持していくということであれば、やはり何らかの形での町からの支援をいただかなければ、住民の生命というものを守っていくことができないというような事情もありますので、その辺につきましてもご理解をいただければと思います。