6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

天童市議会 2020-12-14 12月14日-02号

災害発生時には、行政等の指示に従い、近隣住民と協力しながら、防災知識や技能を生かしながら、避難誘導救助活動を行うことになるわけです。 しかしながら、防災士は、あくまで民間資格であり、防災士資格取得の過程において学習する内容は、防災基礎知識にすぎず、防災に詳しい人の域を出ないということであります。 さて、市内には防災士は何人おられるのでしょうか。

酒田市議会 2018-09-20 09月20日-05号

本市では、災害の状況に応じて県とも協議をして、公表することが行方不明者等早期発見や迅速な救助活動に有効であると判断される場合には、公表を行うこととしたいと、このように考えております。 それから、⑤災害救助法適用についてでございますけれども、災害救助法適用までの手順は、市の被害情報が県を通じて国に報告されて、国が基準に照らして適用を決定するという手順になっております。 

酒田市議会 2015-03-12 03月12日-07号

災害用ヘリサインは、学校や病院等の屋上に施設名を表示して、大規模災害時に他県から応援に駆けつけたヘリコプターなどが円滑に救出救助活動を行えるようにするもので、災害時には効果的であると考えております。本市においては、津波浸水域への設置が考えられます。今後、施設管理者とも相談しながら、勉強してまいりたいと思っております。 次に、耐震シェルターでございます。 

山形市議会 1997-03-11 平成 9年予算委員会( 3月11日)

阪神・淡路大震災を期に,国内における地震等の大規模災害発生に際し,迅速かつ効率的な人命救助活動を行うため,全国的に緊急消防援助隊が設置されましたが,このたび北海道東北ブロック合同訓練北海道で実施されることから,これら派遣に要する所要額を計上したものであります。  次に,非常備消防費につきましては,消防団の運営及び活動に要する経費を計上したものであります。

  • 1