79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴岡市議会 2020-12-18 12月18日-06号

また、支援ニーズ把握・見える化・共有を推進し、市区町村における居住支援協議設置住生活基本計画策定促進等、地方自治体における住宅行政福祉行政のより一層の連携強化を図ること。 9.令和3年度から改正社会福祉法に基づきスタートする重層的支援体制整備事業において、必要な予算確保して居住支援などの参加支援の充実を図る等、市町村包括的支援体制の構築を進め、必要な支援の提供を進めること。 

酒田市議会 2019-12-20 12月20日-05号

障がい者地域自立支援協議就労部会、こちらでも引き続き参加を呼びかけ、事業所からの申し出があった場合は、協議会に諮り、参加できるように対応してまいりたいと考えております。 私からは以上でございます。 ◆1番(市原栄子議員) それでは、2問目をさせていただきます。 まず、災害に対してのものであります。 今回、防災という面と減災というものがあります。

村山市議会 2019-12-03 12月03日-02号

経過については、議員おっしゃったとおり、市長答弁したとおりでございますが、法に基づいて求められております地域支援協議というものがございますが、この協議会として、山形県においては県民会議という組織をつくりまして、各市町村福祉医療関係、教育、商工公共交通各種団体組織に入りまして一体的に進めているところでございます。 

山形市議会 2018-09-14 平成30年厚生委員会( 9月14日 厚生分科会・決算)

○障がい福祉課長   民間事業者雇用してもらえるような技術を身につけるため、就労移行支援就労継続支援などのサービスを提供するほか、障がい者自立支援協議において、障がい者雇用働きかけ意見交換を行っている。 ○委員   事業所等に対して、直接、障がい者雇用働きかけは行っていないのか。 ○障がい福祉課長   雇用率の達成については、ハローワークが指導している。

酒田市議会 2018-03-15 03月15日-05号

市による独自の条例制定につきましては、酒田市障がい者地域自立支援協議という組織がございますが、こういう協議会組織、さらには障がい者団体などの意見も伺いながら、市独自に条例を定める意義ですとか、あるいはその施策方向性、そういったものをしっかりと見定めながら、早期の制定に向けて検討を進めてまいりたいと、このように考えているところでございます。 

鶴岡市議会 2018-03-06 03月06日-04号

また、条例制定の進め方に関しましては、さまざまな立場の方々の御意見を集約し、また障害のある当事者からも直接声を聞くなど、対話の機会を設けるための新たな仕組みの検討とともに、障害者福祉課題等について議論しています障害者施策推進協議会障害者地域自立支援協議機能等の活用も含め、策定過程における議論の内容等透明性にも配慮しながら、丁寧に進めてまいりたいと考えております。  

天童市議会 2018-03-05 03月05日-02号

障がい者の方への支援体制、そういったものを協議する場としまして、天童市障がい者自立支援協議というものが市のほうで設置しております。 先ほど、市長答弁ございましたが、現在第5期の天童市障がい福祉計画をつくっておりますが、今後はその協議会のほうに専門部会を設けたいと。そうした中で専門的な協議を行っていきたいと考えております。

鶴岡市議会 2018-03-02 03月02日-02号

本市では、これまでの相談をいただいております状況から、国で示す対象者の中でも、住宅確保に一定の配慮が必要な低所得者高齢者障害者子育て世帯を主な対象と想定しておりますが、新年度から計画しております新たな制度での対象者につきましては、改めて今後鶴岡居住支援協議等での御意見を参考に調整してまいります。  

鶴岡市議会 2017-12-07 12月07日-02号

そして、障害者に関係する機関団体等で構成されております鶴岡障害者地域自立支援協議の中に設けました仕事部会におきまして、事業所同士情報共有商工団体などを通じての就労マッチングなど、障害者工賃向上のための就労支援に取り組んでおりまして、この取り組みをさらに推進してまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。

酒田市議会 2017-03-21 03月21日-05号

荘内銀行側のスペースになりますけれども、こちらを中心に、先ほど申し上げました、例えば酒田市に設置しております障がい者自立支援協議こちらには手をつなぐ育成会、御紹介ありました、そういった方々の代表の方も入っている協議会でございますし、あるいは障がい者支援法人、こういったところと今後協議を進めまして、障がい者の就労の場、あるいは雇用の場として活用できるように検討を急ぎたいと思っております。

庄内町議会 2017-03-10 03月10日-04号

本町の方といたしましても、新年度から地域おこし協力隊の配置をして、新規就農者確保というところにさらに力を入れていきたいというふうに考えておりますので、新年度に当初予算の方には就農アドバイザー設置経費の方も計上させていただいておるわけですが、それに加えまして、関係機関団体によります新規就農者支援協議というものを新たに設置したいというふうに考えておりますので、10番目というふうにしたいと思っております

山形市議会 2017-03-08 平成29年厚生委員会( 3月 8日 厚生分科会・予算)

単価の引き上げは利用者負担の増にもつながるため、どういうサービスが適切なのか、自立支援協議検討している。 ○委員   利用したい人からすれば、市が単価を上げないことで事業者サービスをできなくなることは問題である。しっかりと検討してほしい。 ○障がい福祉課長   よい方法を検討していきたい。