2234件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-09-18 2019-09-18 令和元年第513回定例会第3号 本文

訪問看護の主なサービスは、健康状態の観察、療養生活の食事や排せつなどのお世話や指導留置カテーテル交換・管理等の医療処置や医療機具の管理、がん末期や終末期を自宅で過ごせるような支援、ご家族介護者に対する介護方法の助言、不安やストレスの相談などの広範囲なサービスを行っております。  

高畠町議会 2019-09-17 2019-09-17 令和元年第513回定例会第2号 本文

学校で登下校の危険箇所点検等で把握され、子供への指導もなされていると思います。暗い道路安全を確保するには、子供への指導だけでは限界があります。安全安心の確保には何といっても街灯の設置です。各学校から何カ所ぐらい要望として上がってきているのか。また、教育委員会として街灯設置が必要と判断している箇所はどのくらいあるのか、また設置に向けてどのように取り組んでいるのかお聞きします。  

高畠町議会 2019-09-02 2019-09-02 令和元年第512回臨時会 本文

議員各位におかれましては、町民の代表として、第6次高畠町総合計画に掲げる「一人ひとりが幸せになるまちづくり」、そして「人口減少社会に対応した将来にわたって持続可能なまちづくり」の実現に向け、今後とも一層のご指導、ご鞭撻をお願いを申し上げまして、開会に当たりましてのご挨拶といたします。  

山形市議会 2019-06-24 令和元年厚生委員会( 6月24日)

一般財団法人山形市健康福祉医療事業団の平成30年度            決算及び令和元年度事業計画等について         7 行政視察について         8 その他         (1)市有施設の現場視察について      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 1 議第48号 山形市指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の設定について  指導監査課長

山形市議会 2019-06-24 令和元年産業文教委員会( 6月24日)

公務員としての信用を著しく失墜したことを厳粛に受け止め、今後二度とこのようなことが起きないよう、これまで以上に職員に対して綱紀粛正の徹底を指導していく。 1 議第55号 山形市体育館等設置、管理及び使用に関する条例の一部改正について  スポーツ保健課長から説明を受けた後、質疑に入った。その主なものは次のとおり。

山形市議会 2019-06-21 令和元年厚生委員会( 6月21日 厚生分科会・予算)

保育育成課長  障害児加算に基づき、対応にあたる人員を雇用し、担当する職員には、県で開催している研修を必ず受講するように指導している。 ○委員  人員確保などに課題がある中、実態がないのに加算請求していた等の不正請求の問題が発生することがある。どのように対応し確認しているのか。 ○保育育成課長  クラブから書類等を提出してもらい、それを確認している状況である。

高畠町議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第511回定例会第3号 本文

不肖私、平成29年9月に議長に就任して以来、皆様方の多大なるご支援、ご指導のもと本日を迎えられましたこと、心から感謝を申し上げます。  さて、今期を顧みますと、少子高齢社会人口減少の進展が、当町にも大きく影響を及ぼしていると実感しております。  そのような中、次代を担う子供たちによりよい教育環境の中で学んでもらうべく、町内4つの中学校を統合し、高畠中学校が開校いたしました。

山形市議会 2019-05-23 令和元年厚生委員会( 5月23日)

○委員  少なくとも、災害拠点病院同士の情報交換は行うべきであり、県の指導体制等に対して、連携を求めていくような方向性を持つべきだと思う。市民への計画の周知とともに関係機関との連携についても検討してほしい。 ○済生館管理課長  県内の災害拠点病院も加わった形での防災訓練があり、DMAT隊が参加している。

山形市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第5号 3月19日)

開発行為により整備される道路で、出入り口が1カ所となる道路については、安全上支障がないよう指導していく、との答弁がありました。  大要以上の後、議第15号及び議第16号については、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  次に、議第26号山形市手数料条例の一部改正について、その主な質疑を申し上げます。  

山形市議会 2019-03-14 平成31年予算委員会( 3月14日)

次に、委員から、市保健所における精神保健福祉に関する相談体制はどのようになるのか、との質疑があり、当局から、精神科医師による精神保健福祉相談とひきこもり相談を毎月1回実施するとともに、精神保健福祉士保健師による相談を随時受け付け、精神科医療機関への紹介や訪問指導などを行っていく、との答弁がありました。  

山形市議会 2019-03-13 平成31年中核市移行検討特別委員会( 3月13日)

中核市推進課長  これまで県に対して、円滑な移行のため指導的な立場の職員の派遣を求めてきたが、2月5日に獣医師7名、薬剤師5名、保健師2名を派遣する旨の回答を得ている。また、霞城セントラル改修工事が完了した12月末に、健康課が異動し従来の業務を行うとともに保健所開設の準備に当たっている。

山形市議会 2019-03-11 平成31年総務委員会( 3月11日)

2階の健康課だった部分には、指導監査課、相談室が配置される。 ○委員  1階を広げるとのことだが、市民課に来た市民に相談内容が聞こえないよう相談者に配慮したものにしてほしい。 ○委員  東京事務所の人員体制はどうか。銀行との人事相互交流等との関係をどう考えているか。 ○行革推進課長  正職員2名、嘱託職員1名の計3名体制である。人事相互交流等と東京事務所設置とは、組織上、別のものである。

山形市議会 2019-03-11 平成31年厚生委員会( 3月11日)

事業所に対し、指導等の対応は行っているのか。 ○長寿支援課長  事故の翌週に、事業所に状況を確認したが、事故を起こした運転者にヒアリングができていない状況であった。事業所で状況が確認できた後に、再度報告を受けたいと考えている。 ○委員  状況把握に努めてもらい、委員会にも報告してほしい。(後日、資料を配付。)