656件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-12-13 2019-12-13 令和元年第514回定例会第3号 本文

本案は、特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律に準じて、特別職及び病院事業の管理者の期末手当の支給割合を改定するため提案するものでございます。  主な内容といたしましては、期末手当の支給割合を0.05月引き上げ、年間の支給割合を3.35月とするものでございます。  次に、議第102号 高畠町一般職職員給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてご説明を申し上げます。  

山形市議会 2019-12-13 令和元年12月定例会(第4号12月13日)

議第113号及び議第114号の議案は、人事院勧告及び県人事委員会勧告を考慮し、特別職職員の期末手当一般職職員の給料月額等を改定しようとするものです。  以上が提出議案の大要でありますが、細部につきましては、常任委員会等において関係部課長が十分に説明いたしますので、よろしく御審議の上、御決議くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(斎藤武弘) 以上で提案者の説明は終わりました。  

山形市議会 2019-12-13 令和元年予算委員会(12月13日)

今回の補正につきましては、人事院及び山形県人事委員会給与勧告を考慮した一般職職員の給料月額及び勤勉手当の支給月数の引き上げなど、並びに、特別職の期末手当の支給月数の引き上げに伴う措置を講じたものであります。  これらの措置を講じた結果、このたびの人件費の補正は、一般会計で5,094万円の増額、特別会計では243万6,000円の増額となり、総額では5,337万6,000円の増額となります。  

山形市議会 2019-12-13 令和元年産業文教委員会(12月13日 産業文教分科会・予算)

教育委員会管理課長  一般職については、給料表の平均改定率0.08%引き上げ、勤勉手当の支給月数を0.05月引き上げるものである。特別職については、期末手当を0.05月引き上げるものである。 ○委員  何年連続で引き上げを行っているのか。 ○教育委員会管理課長  手元に資料がないため不明である。 ○委員  ことしは消費税が増税されたこともあり、年末の経済の活性化のためにも消費に回してほしい。  

山形市議会 2019-12-06 令和元年総務委員会(12月 6日 総務分科会・予算)

○委員  退職手当について、定年退職以外とは何か。 ○職員課長  勧奨退職や自己都合の普通退職によるものである。 ○委員  派遣職員人件費等負担金について、今後、県からの派遣をどのように考えているか。 ○職員課長  中核市移行を円滑に進めるため、県からの派遣職員は、健康医療部への14名である。市として、業務の習熟を図り独自の力をつけ、県と協議しながら、数年をかけて徐々に引き揚げとなる予定である。

山形市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第2号12月 3日)

最後に、特別障がい者手当についてです。  特別障がい者手当は身体、精神など著しい重度の障がいで、日常的に特別な介護が必要な20歳以上の特別障がい者に対して月額2万7,200円の手当を支給する国の制度です。ただし、障がい者支援施設やそれに類する施設に入所、または病院などに3カ月を超えて入院の場合には対象外になります。また所得制限があります。  

山形市議会 2019-10-31 令和元年 9月定例会(第4号10月31日)

職員労働組合とも話をしているとは思うが、現在の制度より不利益となるような懸念はあるか、との質疑があり、当局から、今回の改正は、臨時・嘱託職員の位置づけや処遇について、これまで法の規定が明確ではなく自治体によりまちまちであったため、全国的な統一や適切な運用を図ることが目的であるが、結果として、期末手当の支給等、処遇改善となる場合が多い。

山形市議会 2019-10-25 令和元年厚生委員会(10月25日)

○済生館管理課長  収入に関して、年額で増額になるケースが大半であり、手当等に関しても不利益を生じるようなことはない。待遇は現状維持あるいは現状よりも向上すると考えている。 ○委員  職員の待遇が向上すれば、人件費も増額することになると思うが、どのように想定しているのか。また、人件費の引き上げが、人員削減につながるのではないかと懸念されるがどうか。

山形市議会 2019-10-18 令和元年総務委員会(10月18日 総務分科会・決算)

○委員  以前の活動手当支給の件や出初式の市長とオープンカーでの観閲など、団長と消防本部と十分話し合っているのか。 ○消防本部総務課長  新しい消防団長にかわり、出初式等において華美なものにならないよう話をしている。団運営費等、以前問題となっていた点についても団員に指導・改善を行っている。

山形市議会 2019-10-17 令和元年決算委員会(10月17日)

表中段の第3款民生費の不用額は、5億6,412万9,239円で、主なものは、障がい者自立支援給付費、児童手当福祉医療及び保育所に係る補助金の執行差金等であります。  10・11ページをお願いいたします。第7款商工費の不用額は、3億8,257万7,696円で、経営支援に係る貸付金額の減等によるものであります。

山形市議会 2019-10-07 令和元年 9月定例会(第1号10月 7日)

また、24時間健康医療相談サービス事業や、応急手当てに関する正しい知識技能を普及するための応急手当普及講習を継続して実施しました。  建物の耐震化・長寿命化については、南山形住宅B棟の耐震補強工事を行うとともに、耐震診断義務づけられた民間の大規模建築物耐震補強工事に対し支援を行いました。  

高畠町議会 2019-09-30 2019-09-30 令和元年第513回定例会第4号 本文

また、ほかの委員から、会計年度任用職員に移行することにより、現在の給与から増減はあるのかとの質疑があり、当局から、全く新しい制度に移行するもので、現給保障するものではない、新しい給料表をベースに格付するため下がる場合もある、期末手当が支給される分、人件費としてはふえると試算しているとの答弁がありました。

高畠町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年第513回定例会第1号 本文

主な内容といたしましては、フルタイム会計年度任用職員が給料、通勤手当、期末手当旅費等の支給対象であること、常勤の職員の給料月額を基礎とした給料表を定めるものでございます。  次に、議第73号 高畠町パートタイム会計年度任用職員の報酬等に関する条例の設定についてご説明を申し上げます。  

山形市議会 2019-06-21 令和元年厚生委員会( 6月21日 厚生分科会・予算)

○委員  未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金支給事業について、寡婦控除相当分の給付金を支給するとのことだが、そもそも、これまで寡婦控除の対象にならず、税制上、不利益があったという問題があると思う。今後、法律が改正され、次年度以降から寡婦控除の対象となるのか。 ○家庭支援課長  次年度以降の寡婦控除の適用については、令和2年度税制改正の中で検討されると聞いている。