257件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

庄内町議会 2020-03-16 03月16日-05号

皆さま方におかれましては、今後も町政のよき理解者としてご協力をいただくとともに、ご健勝とご多幸を心から念願するものであります。本当に長い間ご苦労さまでした。 以上、定例会における各位のご協力に感謝を申し上げ、挨拶といたします。皆さん長い間大変ご苦労さまでした。                          (15時08分 終了)地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

鶴岡市議会 2020-03-10 03月10日-05号

平成23年3月11日の東日本大震災から9年が経過することから、被災地の一日も早い復興を念願するとともに犠牲者の方々に対し哀悼の意を表するため、1分間の黙祷をささげたいと思います。  御起立をお願いいたします。黙祷。   (黙  祷) ○議長本間兵衛議員) 黙祷を終わります。御着席願います。  ただいまから本日の会議を開きます。  本日の欠席届出者はありません。

酒田市議会 2020-03-03 03月03日-03号

念願であった駅周辺整備事業は順調に工事が進んでおり、中核施設となる公共施設酒田コミュニケーションポートは、図書館施設ライブラリーセンター、カフェ、観光情報センター、広場、駐車場バスベイで構成され、本年11月には一部先行オープンするとしています。 中町地区については、老朽化した産業会館建て替え工事が始まろうとしており、来年オープンする予定です。 

庄内町議会 2019-12-17 12月17日-04号

現在、念願であった新庄酒田道路戸沢狩川間の事業段階評価も行われておりまして、年末から年始にかけて皆さん方にもアンケート用紙が届くと思います。全戸配布ということになりますので。そのアンケート次第でこの事業評価というものが1年以内で収まって、この新庄酒田道路事業が早まるという、そんな可能性もあるというふうに思っております。ぜひご協力をお願いしたいと思います。 

庄内町議会 2019-12-11 12月11日-02号

◆4番(阿部利勝議員) 関連ですが、先に行われました「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」において、念願の本町産のつや姫最優秀金賞に輝きました9月の決算特別委員会での参考人佐藤さんの話にもありましたが、所得向上のために土壌改良有機肥料補助についての考えはどのようにお考えなのかお伺いします。 ◎農林課長 土づくりに関しては今年度の予算にもありますが、その散布に対する補助

小国町議会 2019-12-06 令和元年第7回定例会(第2日) 本文 2019-12-06

新潟山形南部連絡道路地域高規格道路として計画路線の指定を受けたのが平成6年12月であり、小国道路調査区間に指定されたのが平成11年12月でありますので、ようやく念願小国町内を通る路線が具体化し、地域高規格道路建設実現に向け大きな一歩となりました。これもひとえに、議員各位を初め町民皆さまのお力添えのたまものと存じ、改めまして多様な活動に対し厚く敬意を表する次第です。  

高畠町議会 2019-12-04 2019-12-04 令和元年第514回定例会第2号 本文

今年4月に念願でありました東北中央自動車道開通をいたしました。これにより、仙台・福島の両圏域環状路線で結ばれるようになり、1日当たり7,000台を超える交通量となっております。これは今までの約2倍の交通量であり、道の駅米沢への来場者を中心に、相当数観光客が増加している状況であります。  しかし、増加した観光客数がそのまま近隣市町に流動してはおらず、平準化した動きになっていないのが現状です。

酒田市議会 2019-10-23 10月23日-05号

9月30日には、念願新庄酒田道路戸沢立川間の計画段階評価の手続が開始され、事業化に向け、一歩踏み出しました。全線開通にはまだ時間が要するようです。 今後は酒田市以外との医療交流のためにも、日沿道の両県境区間新庄酒田道路早期全線開通させるべきと思いますが、考えをお尋ねします。 (3)企業の誘致について。 

酒田市議会 2019-10-02 10月02日-02号

新庄酒田道路につきましても、念願戸沢立川間の新規事業化に向けた概略ルート・構造の検討が9月30日に開始されたとの公表があり、着実に事業化に向けてスタートが切られているものと理解をしております。 ことしの5月に庄内開発協議会国土交通省と財務省、それから、7月には地域経済界皆さん国土交通省道路局長ヘ、それから、8月には新庄酒田同盟会皆さんと一緒に中央省庁要望活動を行っております。

酒田市議会 2019-03-04 03月04日-03号

念願であった酒田駅前地区の(仮称)酒田コミュニケーションポート建設も始まり、今後は建設と並行してにぎわい創出となるソフト面での取り組みも行われるものと思われます。 にぎわい創出拠点となる環境が整備されつつある中、人や物が拠点と結ばれるための空港や港湾・道路等インフラ整備が今後重要になるものと思われます。 

鶴岡市議会 2018-09-28 09月28日-06号

日本海沿岸東北自動車道早期全線開通庄内空港発着便運航拡充空港機能の充実、羽越新幹線整備促進、安全、安定輸送の強化など、これら高速交通網基盤整備が一日も早く実現されますよう念願いたしまして、本委員会中間報告といたします。 ○議長齋藤久議員) 次に、議会改革特別委員会委員長報告を求めます。18番本間信一議会改革特別委員長。   

村山市議会 2018-09-21 09月21日-05号

我が国唯一核被爆国として、また戦争を放棄し、恒久の平和を念願する国として、核兵器廃絶軍備縮小を訴えなければならない。村山市はここに緑豊かな郷土を守り、市民の永遠の平和と繁栄を希求し、平和都市を宣言する。 昭和59年6月22日に議決した村山市平和都市宣言であります。 原爆投下から72年、国連核兵器人類史上初めて違法化し、悪の烙印を押す核兵器禁止条約採択されました。

山形市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第3号 9月12日)

昨年7月、国連において、核兵器廃絶を願う世界国々人民にとって念願だった、核兵器禁止条約採択されてから1年、この画期的な流れが加速しています。昨年12月、条約採択に貢献した国際NGO核兵器廃絶キャンペーンICANノーベル平和賞を受賞し、歓迎する国々信頼協力による非核の傘の拡大連帯の輪が広がっています。

山形市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第3号 9月12日)

昨年7月、国連において、核兵器廃絶を願う世界国々人民にとって念願だった、核兵器禁止条約採択されてから1年、この画期的な流れが加速しています。昨年12月、条約採択に貢献した国際NGO核兵器廃絶キャンペーンICANノーベル平和賞を受賞し、歓迎する国々信頼協力による非核の傘の拡大連帯の輪が広がっています。

高畠町議会 2018-09-07 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文

その内容は「高畠平和都市宣言世界の平和は人類共通念願であるが、核兵器はますます拡大の傾向にあり深刻な脅威となっている。我が国唯一被爆国として核兵器廃絶を訴えなければならない。ここに高畠町は非核三原則の堅持と全世界核兵器廃絶を求め、人類の恒久平和を希求し平和都市を宣言する。」というものであります。

山形市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第1号 9月 6日)

また、ユネスコ創造都市ネットワークについては、加盟に向けた国内外でのさまざまな活動により、市全体の機運を高め、昨年10月に念願認定を受けました。これらの活動の中で、創造都市ネットワーク日本会議への参加や、国際貢献1つとして、山形市に関する映像海外で上映する「やまがた映画パッケージto the world」を開催するなど、山形市の魅力発信に努めました。

山形市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第1号 9月 6日)

また、ユネスコ創造都市ネットワークについては、加盟に向けた国内外でのさまざまな活動により、市全体の機運を高め、昨年10月に念願認定を受けました。これらの活動の中で、創造都市ネットワーク日本会議への参加や、国際貢献1つとして、山形市に関する映像海外で上映する「やまがた映画パッケージto the world」を開催するなど、山形市の魅力発信に努めました。

山形市議会 2018-06-20 平成30年 6月定例会(第3号 6月20日)

我が町、清住町の念願でありました公園新設工事が本年3月末、立派に完成いたしました。顧みれば、私の一般質問ではもちろんのこと、町内会長としての要望など歴代市長に対し、うんざりするほどお百度を踏み、要望を重ねてまいりましたが聞き入れてもらえず、いよいよ公園適地がなくなるという最後最後に、市民生活を大事にする佐藤市長が就任し、わずか2年3カ月余りで50年来の悲願が達成されました。  

山形市議会 2018-06-20 平成30年 6月定例会(第3号 6月20日)

我が町、清住町の念願でありました公園新設工事が本年3月末、立派に完成いたしました。顧みれば、私の一般質問ではもちろんのこと、町内会長としての要望など歴代市長に対し、うんざりするほどお百度を踏み、要望を重ねてまいりましたが聞き入れてもらえず、いよいよ公園適地がなくなるという最後最後に、市民生活を大事にする佐藤市長が就任し、わずか2年3カ月余りで50年来の悲願が達成されました。