12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

庄内町議会 2014-06-09 06月09日-04号

具体的には、基礎課税である医療分上限は51万円そのままに据え置かれますが、後期高齢支援現行上限の14万円から2万円プラスの16万円に、それから介護納付金分現行の12万円からプラス2万円の14万円に引き上げとなります。 2点目といたしましては、国の社会保障税一体改革にともなう全国の国保への2,200億円の公費投入の政策の一部として、低所得者国保保険料軽減拡充を行うこととなりました。

天童市議会 2013-02-27 02月27日-01号

今回の改正は、国民健康保険税の確保と国民健康保険特別会計の健全な運営を図るため、平成25年度の国民健康保険税医療分後期高齢支援及び介護納付金分について、税率等引き上げ改定を行うものであります。 次に、議第91号平成23年東北地方太平洋沖地震に伴う災害に係る被災者に対する入湯税課税の特例に関する条例の廃止について申し上げます。 

酒田市議会 2012-03-12 03月12日-04号

平成24年度の国民健康保険税は、医療分後期高齢支援、介護納付分と値上げになっております。特別会計では、基金の繰り出しなど担当課の御努力はされておりますが、中間所得者層への税負担は大きいものとなっています。 全日本民主医療機関連合の調査では、経済的理由によって医療機関への受診がおくれ、結果として死亡に至ったと考えられる事例が、2011年の1年間で67人に上ったと発表しております。

酒田市議会 2011-12-07 12月07日-02号

自分の計算では、引き上げになる医療分後期高齢支援所得に占める負担の割合は、ほとんどの所得階層で10%を超え、所得が低い階層ほど負担率が高くなりますが、負担感をどのように見ているのかということと、国保税未納額の累積も、たしか10億円を超えております。引き上げによる未納の増加の心配はないのかどうかということも、見解を賜りたいと思います。 国保給付金保有残高についてお尋ねいたします。 

天童市議会 2008-06-06 06月06日-01号

国保の部分については基礎課税限度額が56万円から47万円になって下がったんですけれども、後期高齢支援が12万円ということでなりますから、当然今まで56万円の限度額だったのが59万円ということになって3万円黙って上がるということになるわけですが、この限度額いっぱいいっぱい納めている方というのはどのくらいの世帯があるのか、全体から見てどれくらいになるのか。 

村山市議会 2008-03-06 03月06日-03号

国保税はこれまで医療分介護分の2本立てでしたが、今度は医療分後期高齢支援、介護分の3本立てとなることが予想されます。高齢者医療に使われるお金を目に見えるようにし、現役世代高齢者を分断させ、高齢者負担増医療切り捨てをやりやすくするための改悪です。 本市でもこれに合わせ、税率改定を6月に予定しているようであります。そこで市長にお尋ねします。

  • 1