313件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-12 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号

成果説明書の成果の中に雇用求人の調整を行い、安定した雇用人材の確保に努めたというふうになっておりますが、平成29年度の場合、いわゆる売り手市場、買い手市場といいますが、就職したいという人が多かったのか、求人したいというほうが多かったのか、その辺どうだったかお聞きします。 ○山崎諭決算特別委員長 村山商工観光課長。 ◎村山秀和商工観光課長 お答えいたします。  

庄内町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月07日−03号

◎農林課長 米の直接支払制度の約2億3,000万円、平成29年度分はそうなって、それが平成30年度になくなるということでは、それがなくなることと同時に、国の制度では、いわゆる生産目標数量が、国の方で配分をしないで生産者自らがというような制度に大きく変わっていることが特徴としてあるわけですが、この直接支払制度があるなしの前に、すでに米の価格については市場原理といいますか、そういったもので、播種米契約とか

庄内町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−01号

風車市場の購入者数については、平成28年10月から道の駅になったこともあり、平成27年度に比べ大幅に増加した。購入者の増加は販売量の増加となり、出荷する生産者も増加している。   ウ 教育委員会が関わる事業     各小・中学校では、「心育む食育週間」を実施している。内容は各学校の都合の良い時期に年1回、1週間、次のような取り組みを行っている。     

庄内町議会 2018-05-21 平成30年  5月 全員協議会-05月21日−01号

風車市場の購入者数については、平成28年10月から道の駅となったこともあり、平成27年度に比べ大幅に増加した。購入者の増加は販売量の増加となり、出荷する生産者も増加している。   ウ 教育委員会が関わる事業     各小、中学校では、「心育む食育週間」を実施している。内容は各学校の都合の良い時期に年1回、一週間、次のような取り組みを行っている。     

庄内町議会 2018-03-09 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月09日−04号

すでに事業化されている「風車市場いろどり」「北月山荘やまぶどう」など観光交流事業と合わせ、清川、立谷沢地域の活性化事業が展開されることになります。  ア 人口減少が加速している地域にあって実施される事業は、同じ年代層の女性が担い手となることが予想されます。担い手不足となる心配はないのかお伺いいたします。  イ 余目地域と立谷沢地域をつなぐ公共交通は、町営バスの幹線路線の2往復のみであります。

庄内町議会 2018-03-08 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月08日−03号

これは、増加した要因としては、納入組織の風車市場からのじゃがいもとかにんじんの供給が大幅に増加しているということのようであります。それに合わせて、風車市場ではこれからもじゃがいも部会とか、ねぎ部会など、各品目に合わせた部会を構成いたしまして、さらに生産量を増やす。あるいは、学校給食に適した食物の生産を図っていくというふうに考えているようであります。  

庄内町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−01号

検証の結果]   ア 庄内町の特性理解      意見の中で、環境ビジネスやコンテンツ事業、古着市場の開拓などの具体的な事業が挙げられているが、起業・創業というより既存の企業が別事業として展開が期待されるような内容になっている。庄内町の特性という事であれば、環境ビジネスが当てはまると思うが、資金や需要、山林の確保など一朝一夕では難しい事業である。

天童市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月05日−02号

ただ、天童市内には、村山地域で唯一となります山形県森林組合連合会が運営いたします原木市場というものが南側の王将工業団地にございますので、柱材ということでの一番いい材料、特にA材などと言っていますけれども、そういったことを考えれば、森林整備計画の中で間伐等を行って、そこの作業道ができてやられた場合にはそちらに持ち込むことも可能なのかなというふうにも思っております。  

庄内町議会 2018-02-21 平成30年  2月 全員協議会-02月21日−01号

(2) 地域特性を生かした産業の振興について   [検証の結果]    ア 庄内町の特性理解       意見の中で、環境ビジネスやコンテンツ事業、古着市場の開拓などの具体的な事業が挙げられているが、起業・創業というより既存の企業が別事業として展開が期待されるような内容になっている。

庄内町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−04号

それからイですが、道の駅(風車市場)付近、分かりやすく言えば、狩川地区の北部地区となるのですが、風車市場付近の風車撤去予定。今までは8基が立っておったものが、平成28年12月に2基撤去いたしておりまして、現在8基ございます。この年数も経過しておりますので、撤去する予定。そして、また新たに設置を計画されているのかどうか。この辺についてお伺いします。  

庄内町議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月14日−02号

◎商工観光課長補佐(渡辺桂一) 2月から新たに2名着任する方の募集にあたりまして、特に留意しましたのは、まず冒頭様々な話がありましたが、なかなか売り手市場になっていると。募集について競争が激しくなっている。そういった中で、いかに伝えることができるのか。私たちもこういう人材を求めているということを、どうすれば伝えられるのかということを一番留意しました。  

天童市議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

農水省は、来年から米政策を転換することについて、生産目標数量の配分をやめる以外は何も変わらないとし、水田活用への助成は継続することから、国が提供する主食用米の生産、在庫、価格情報などで、主食用米とそれ以外の作物を組み合わせ、市場の需要に応じた売れるものを生産し、確実に販売すれば、売れ残りを出さず、経営安定が可能になるとしております。  

天童市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

平成20年度当初、全自治体の寄附受け入れ額は約81億円であったが、昨年、平成28年度は約2,844億円となり、創設初年度と比較して35倍を超え、受け入れ件数においても、当初の5万3,600件から、昨年は1,271万件で、237倍という大変な伸びであり、将来の市場規模は2兆4,000億円とも言われています。  

庄内町議会 2017-09-13 平成29年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号

昨年より増額となっておりますのは、債権保有期間中については、市場の金利に影響されないことから、平準的な収入が得られております。以上でございます。 ○決算特別委員会副委員長 11時5分まで休憩します。                           (10時47分 休憩) ○決算特別委員会副委員長 再開します。                           

庄内町議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月11日−05号

保育士は未だかつてない売り手市場。引く手あまたなのです。ただでさえ低かった報酬から15%削減して、これで来ると思っているのかと、大変強い言葉で申し上げました。努力するという答弁でした。今になってどのような思いですか。 ◎保健福祉課主幹 当然保育園は子どもに対応する業務。対人の業務でございますので、逆に言えば、人がいなければ保育園の業務が回らないという状況もございます。

庄内町議会 2017-09-05 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月05日−01号

だから、やはりどうしても売り手市場になってしまう。売り手の意見が大変強くなってしまうということは私理解しますので、その上で、今皆さんが抱えている話をしっかり聞かせていただかないと、我々も判断に困ります。ぜひ、この辺も含めて、今話せる内容があればぜひ伺いたいと思います。

天童市議会 2017-06-21 平成29年  6月 予算特別委員会-06月21日−01号

内容といたしましては、外国人スタッフによる現地目線での商品開発を行いまして、域内の新たなプライベートブランド育成を目指しまして、市場調査を行いながら国内外の空港観光拠点の店舗にデジタルサイネージ、電子看板ですね、これを組み込みましたワゴンを設置して販売、並びに観光PRを実施する内容でございます。