453件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2020-03-11 2020-03-11 令和2年第515回定例会第4号 本文

ローン災害現場捜索活動での活用は、2016年の熊本地震現地被害状況や断層の様子などを確認したり、平成30年に山林に立ち入った救助要請の男性を栃木県警のドローンが発見するなど、その効果は有効性が認められておりますが、置広消防10カ年整備計画の中にはドローン配備の記述はなく、高機能通信システム機器消防救急デジタル無線保守点検等優先度を高めた整備計画となっております。  

鶴岡市議会 2020-03-06 03月06日-03号

最近昔と違って、山林を所有していてもチェーンソーを満足に使えない人が多くなっています。作業道に倒れかかった木を除去することも簡単でない場合があります。真っすぐな木であれば何とか伐採できるのですが、倒木した木を処理するには、倒れた木が変則的な跳ね返りをすることなど大変危険な場合があります。

酒田市議会 2019-12-20 12月20日-05号

本市と真室川町を結ぶ国道344号線がありますが、青沢集落から少し先の山林国有林になっているものと思います。その国有林が二、三年前から森林伐採が進められています。その伐採間伐ではなく、一山全てを伐採する皆伐というやり方のため、大雨などの場合、下流域にその影響がないかと心配される市民の声があったので、質問として取り上げさせていただきました。 

天童市議会 2019-12-10 12月10日-02号

なぜ2年の1回の実施かと申しますと、消防団では、河川を管理している消防団山林、林野のほうを管轄する消防団がございますので、2年に1回ごと、河川水防訓練林野防御訓練実施しているところでございます。 以上でございます。 ○山崎諭議長 笹原隆義議員。 ◆6番(笹原隆義議員) 消防団の消火のところと水防訓練といったところで、それぞれ交互にやっているといったところで理解いたしました。 

山形市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第3号12月 4日)

国の新たな制度でことし4月に、森林経営管理制度、新たな森林管理システムが導入され、不在地主山林自治体管理林業に意欲のある団体が管理できることになりましたが、先ほど質問した森林整備による土砂災害防止にもつながる実にいい制度だと思っております。この新たな制度による市の取り組みについて伺いたいと思います。  あわせて、(3)国の新たな森林環境税の市の森林行政について伺います。

鶴岡市議会 2019-09-03 09月03日-01号

次に、41ページの財産についてでありますが、公有財産山林を除く土地現在高につきましては799万9,000平方メートルとなっており、増加の主なものは最終処分場敷地や旧いこいの村庄内敷地の取得による増などであります。建物延べ面積は67万平方メートルとなっており、減少の主なものは鶴岡第三中学校旧校舎解体などであります。

鶴岡市議会 2019-06-06 06月06日-02号

これ以外に雑種地原野等が3,186筆、約262ヘクタール、山林が1,090筆、約2,508ヘクタールとなっているところでございます。  それから、続きまして3点目の定員適正化計画につきましてですが、行財政改革の一環として組織機構の再編、事務事業の見直し、民間委託の推進、再任用職員活用などの取り組みにより職員数適正化を進めているものであります。

庄内町議会 2019-03-19 03月19日-05号

今現在、山林を持っている方も、自分の山がどこにあるのか、どこの場所かというようなことで、家を継いでいる方で分からない方もおりますので、その辺は十分調査をして行っていただきたいと思います。 この賦課徴収はどのように賦課するのか。それから、いつからこの課税が始まって、税率は年額いくらなのか。

鶴岡市議会 2019-03-04 03月04日-03号

学校財産は、学校用地6.8ヘクタール、校舎等建物面積1万7,000平米、農場11.4ヘクタール、そのうち水田が4.8ヘクタール、畑、果樹園約71アール、山林5.8ヘクタール、そのほか19棟、4,600平米の農場の施設、温泉、実習室ライスセンター等を有し、いこいの村と比較しても土地面積は1.8倍、建物面積は3倍もあり、普通高校と比較しても桁違いの規模であります。

山形市議会 2019-02-28 平成31年予算委員会( 2月28日)

やまがた緑環境事業費につきましては、やまがた緑環境税活用し、自然環境学習森林資源有効活用に推進するため、木育実施森林学習会の開催などに要する経費のほか、里山林整備を図るため、バッファゾーン整備などに要する経費を、市産材利用拡大促進事業費は、山形市産材の利用拡大を図るとともに、森林の適正な整備林業の再生に資するとともに、木材関連産業活性化に寄与するため、山形市産材を一定量以上使用した新築住宅

山形市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第3号 2月27日)

議員の御指摘のとおり、農振農用地5,293ヘクタール、農振農用地区域外にある農地、いわゆる農振白地606ヘクタールを除く、約5,998ヘクタールが山林、住宅地河川及び道路など農業以外に使用されている土地ということになります。また、現に耕作目的に供されておらず、かつ、引き続き耕作目的に供されないと見込まれる市街化調整区域内の遊休農地につきましては約17ヘクタールとなっております。

天童市議会 2018-12-12 12月12日-03号

それから、山林の大規模伐採があると影響が出る。そういうふうに出ているのですね。それを、そういうふうなやはり研究があるわけですから、それを考えた上で、何かいろいろ、こういう対応をしなければならないなというようなことを考えていることがあれば、ちょっと教育長から御答弁お願いします。 ○赤塚幸一郎議長 相澤教育長