240件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第2号12月 3日)

ついては、南沼原地区は生活利便施設が多いことから、これらと山形駅、重粒子線がん治療装置の整備が進む山形大学医学部を結んで地域内を循環できる公共交通を整備し、利便性の向上を図ってはどうか伺います。  大きい6番目です。在宅での医療介護についてです。  医療介護総合確保推進法の成立によって、地域医療構想が制度化され、山形県地域医療構想が策定されました。

山形市議会 2019-10-31 令和元年 9月定例会(第4号10月31日)

まず、委員から、山形大学医学部からの協力とは、具体的にどのようなものか。また、どのような形で形成外科を開設するのか、との質疑があり、当局から、週1回、山形大学医学部から医師の派遣を受け、外来診療を開始するものであり、診療は現在あいている診察室を使用する予定である、との答弁がありました。  

山形市議会 2019-10-29 令和元年決算委員会(10月29日)

山形大学医学部付属病院においても、収入に関して考慮しているとの話は聞いているが、当初のシミュレーションを見直す予定はないということで、想定患者数に関する新たな報告は受けていない、との答弁がありました。  次に、委員から、地域自殺対策計画策定事業について、本市の自殺対策の方向性をどのように考えているのか。

山形市議会 2019-10-25 令和元年厚生委員会(10月25日)

○委員  山形大学医学部からの協力とは、具体的にどのようなものか。また、どのような形で形成外科を開設するのか。 ○済生館管理課長  週1回、山形大学医学部から医師の派遣を受け、外来診療を開始するものであり、診療は現在あいている診察室を使用する予定である。 ○委員  形成外科の患者数をどの程度見込んでいるのか。

山形市議会 2019-10-15 令和元年 9月定例会(第3号10月15日)

山形大学大学院においては、臨床心理士の専攻がございます。学生の段階から人材育成発達心理学に興味を持ってもらうことを兼ねて、山形大学大学院と連携した取り組みというのも行ってはどうかと考えますが、所管しているこども未来部長より御所見をお伺いいたします。 ○議長(斎藤武弘) 鈴木こども未来部長

山形市議会 2019-10-11 令和元年 9月定例会(第2号10月11日)

佐藤市長が目指す健康医療先進都市は、令和2年8月に全国7番目として診療が開始される山形大学医学部重粒子線がん治療施設の設置が大きなかなめとなっております。重粒子線治療は従来の放射線治療に比べて、治療回数や日数が少なくて済みます。そうしたことから仕事や日常生活を続けながら外来での治療が可能となります。

山形市議会 2019-10-07 令和元年 9月定例会(第1号10月 7日)

さらに、山形大学医学部が進めている重粒子線によるがん治療施設の整備に対し、継続して支援を行いました。  高齢者がいきいきと暮らせるまちづくりに向けては、我が事・丸ごと地域づくり推進モデル事業を11地区に拡充して実施したほか、既存の支援制度を統合し、利便性を高めた福祉地域づくり推進事業補助制度を新たに創設し、市民地域福祉活動を支援しました。  

高畠町議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年決算特別委員会 本文

このような中で、耕作放棄地里山ワインづくりということでブドウ畑に変えたりですとか、あるいは起業・創業を志している生徒の方に山形大学ですとか、各分野の一流の専門の方から起業・創業にかかわるいろんなノウハウを学べたり、あとはものづくりコースということで、今現在ごらんになった方もいらっしゃるかと思います、熱中小学校の2階に東北最大級の鉄道のジオラマをつくっております。

山形市議会 2019-06-24 令和元年産業文教委員会( 6月24日)

市としては、移転先の土地として、霞城公園前のきらやか銀行敷地や、村山保健所市民会館、山形大学の紫苑寮一体を含めた形で、裁判所との話の中で挙げている。山形地方裁判所としては、市から要請書をもらった上で、上級庁から現地建てかえなのか、移転してよいのか正式に回答をもらう必要があるとのことであったため、市として、山形地方裁判所の移転について考慮してもらえるよう要請しようとするものである。

山形市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第3号 6月19日)

ヨークタウン、山形大学附属病院、蔵王駅、黒沢温泉、ぐっと山形、JA山形蔵王支店、蔵王ー小、マックスバリュなど、その間にもさまざまな医療機関もあるわけであります。そういった方面を回るアクセスでございます。  蔵王半郷、上野、堀田、温泉、山田、松ヶ丘地区は1,000世帯ほどあるわけですが、必要とされる医療機関はほとんどありません。  

山形市議会 2019-06-18 令和元年 6月定例会(第2号 6月18日)

また、来月には、山形市内の当事者サークルと、山形大学が連携して、学内演習室を会場に性的マイノリテイについて語り合うカラフルカフェが企画されております。先ほども申し上げましたとおり、性的マイノリティに対する理解促進を図るには、市が積極的に市民への意識啓発を図る必要があると考えています。

高畠町議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第509回定例会第3号 本文

県内でも山形大学と県が共同でサクランボの収穫ロボットを今開発中だということで、先般、説明会がありまして出席してまいりましたけれども、やはり実用化までにはもう二、三年かかるという話も聞いてございますので、できれば収穫を自動的にやって、あとは箱詰めもロボットができればなとは思っております。ただ、もう少し時間かかるということであります。  もう一つは、やはり生産者のジベつけとか収穫時の腕の上げ下げです。

山形市議会 2018-12-14 平成30年全員協議会(12月14日)

外部評価員には、東北文化学園大学教授の貝山道博氏、山形大学大学院教育実践研究科准教授の中井義時氏にお願いし、所属長へのヒアリングの後、業務内容を評価してもらうとともに、教育委員会事務事業全体に係る総評をもらっている。  それでは、報告書の概要を説明する。  報告書の3ページから12ページにかけては、教育委員会会議の開催状況など平成29年度の教育委員会活動状況を記載している。  

高畠町議会 2018-09-12 2018-09-12 平成30年決算特別委員会 本文

ただ、特に29年度に関しましては、整形外科の先生が交代されまして、山形大学のほうから派遣でおいでいただきました。それまでの整形の先生は、入院患者についてはとられていないというような状況でございましたので、新たに29年度にいらしていただいた先生は積極的に入院患者もとっていただいて、それで入院の患者がふえたというような状況になっております。

高畠町議会 2018-09-07 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文

大学卒、大学といいますと山形大学工学部と、それから栄養大学とあるわけですが、おわかりのように県内からばかりの就職、大学に入学して在籍している方でありませんので、関東方面からももちろん来ているということでございます。そうしたことで、やはり私たちも気持ちとしては地元に残ってほしいわけなんですが、結果としてそういう数字になっているというのが実情です。

山形市議会 2018-02-13 平成30年全員協議会( 2月13日)

さらに、山形大学医学部研究開発を進めている重粒子線によるがん治療照射装置の整備に対し継続して支援を行う。  また、高齢者がいきいきと暮らせるまちづくりに向け、地域の包括的な支援体制の充実を図るため、東沢地区及び鈴川地区を担当とする地域包括支援センターを鈴川交流センターに移転し、地域福祉の拠点として活用する。  

高畠町議会 2017-09-12 2017-09-12 平成29年決算特別委員会 本文

今後の対策でございますけれども、29年度に入りまして整形外科の常勤の先生を山形大学のほうから派遣をいただいております。これまでも常勤の先生はおったわけでありますけれども、その先生、意欲的に働いていただいておりまして、そしてあと、患者さんに対する対応も非常にすばらしいということで患者さんも徐々にふえてきております。

高畠町議会 2017-09-11 2017-09-11 平成29年決算特別委員会 本文

139のまちづくり推進経費の第一中の関係ですが、これは実は今年度事業として取り組もうとしております山形大学工学部初のベンチャー企業とタイアップで、町の農産物加工して新たな商品開発をしようと、そのようなプロジェクトに対する場所の提供ということで、一中の技術室をどのような改造をして提供したらいいかということで設計業務を委託したものでございます。