689件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-14 平成30年  9月 決算特別委員会-09月14日−05号

そうした中で、天童市のほうでは2案出ておりまして、主要地方山形天童線、県の総合運動公園、それともう一つが、位置的には県道長岡中山線、高擶小学校の前の通りというふうなことで、この2路線の間にしかスマートインターチェンジが設置できないというふうな地形的な条件がございまして、そこに向けての、今、調整を図っております。  

天童市議会 2018-09-12 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号

それでは小学校の分でございますけれども、こちらのほう、ちょっと担当の小松補佐から回答させていただきます。 ○山崎諭決算特別委員長 小松課長補佐。 ◎小松和博教育総務課長補佐 お答え申し上げます。  清掃業務ということで、小学校3校、そして中学校1校ということで、窓ガラス清掃になりまして、こちらのほうは山形ビルサービスということで、1者に契約ということで行っております。  以上です。

天童市議会 2018-09-11 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−02号

まず、高擶小学校の村山北部3号井戸でありますけれども、平成5年から19年までの期間で変動しているグラフを見てみますと、地盤から2メーター程度の水位が平成5年あたりはあったんですけれども、平成18年あたりになりますと6メーターぐらいまで地下水が下がりまして、平成26年度になってきますと、また4メーターぐらいまで上がってきておりまして、平成29年度は3メーターあたりの水位で推移しております。  

庄内町議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号

その上で、報告書にもあるとおり、保健師が10時35分には第三公民館の方に出向いて、それから、第三公民館、第三小学校、第二公民館、余目町農協、それぞれ全員に聞き取り調査をしているという状況です。  さらにその反省を踏まえて、今回8月31日もあったわけですが、それぞれ福祉担当なり介護担当、健康推進担当が状況を検証しております。

庄内町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月06日−03号

この立谷沢周辺を改めて見てみますと、次はいよいよ旧立谷沢小学校の利活用をどのように図るかが課題のように思われますが、町では、旧立谷沢小学校の利活用についてどのように考えておられるのでしょうか。お伺いいたします。また、現在はどのように活用されておりますでしょうか。合わせてお伺いいたします。  次は、市街地のカラス対策についてであります。

庄内町議会 2018-09-04 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号

車いす用、障害者用の駐車スペースにつきましては、第三幼稚園は特に、他の小学校に比べまして、第三小学校駐車場との距離もございます。それから、公民館との距離もございますので、第三幼稚園独立した形で、やはり障害者用の車いすスペースが必要だろうという観点から設置をしたものでございます。

天童市議会 2018-06-20 平成30年  6月 予算特別委員会-06月20日−01号

次にありますが、10款1項3目教育指導費の中で、教育指導一般に要する経費ということで、これ探求型学習推進プログラム事業で、南部小学校が指定校になったというふうなことで計上されている予算ということでしたけれども、この謝礼12万6,000円計上されておりますが、この具体的な内容はどのようなものでしょうか。 ○鈴木照一予算特別委員長 戸田課長。 ◎戸田一彦学校教育課長 それでは、お答えします。  

天童市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号

このたび策定されました第七次天童市総合計画で、標準学力検査の各学年、各教科偏差値51以上の割合を、6年後の2024年には、小学校では90%、中学校では80%としています。また、標準学力診断の正答率を、小学校では70%、中学校では62%としております。  この数値目標は、現状のままで達成できるものではなく、何らかの手だてを打たなければ達成できない目標ではないでしょうか。

庄内町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月07日−03号

文部科学省が示しているものは、仮に40年・50年学校が保つのだとすれば、途中20年目ぐらい、まだまだ丈夫なときに、そこで改修をして、40年・50年保つものを70年・80年と、この耐用期間を延ばすということがイメージのようでしたが、残念ながら、わが町の第一小学校から第四小学校、第四小学校は少し丈夫なんですが、もうすでに耐震強度が弱いということで、耐震補強をして、次のステップということになるわけですが、

庄内町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

これらを受け、本町においては、教育施設長寿命化計画策定に向け、今年度は余目第四小学校長寿命化改良調査を実施し、取り組みをスタートしているところであります。また、来年度には、立川小学校を含むすべての小学校を実施し、平成32年度までの教育施設長寿命化計画の策定を目標としているところであります。  

庄内町議会 2018-05-21 平成30年  5月 全員協議会-05月21日−01号

この配置図の関係と、それから、場合によっては小学校も利用させていただくというような話もしていましたが、公民館も含めて、どういうふうな利用計画をされているのか。そのことと、この配置図はどういうふうな整合性があるのか。その辺を説明いただければと思います。 ◎保健福祉課主幹 何点かご質問ございました。少し言い逃すかもしれませんが、順を追ってご説明したいと思います。  

庄内町議会 2018-04-18 平成30年  4月 全員協議会-04月18日−01号

新年度に入りまして、皆さんにおかれましては、各地域の行事、あるいは小学校中学校の入学式等の出席、大変ご苦労さまでした。また、最近では、それぞれ、総務文教厚生常任委員会、それから産業建設常任委員会のいよいよ検証の総仕上げということで、皆さんから回議いただいております。大変ご苦労さまでございます。

天童市議会 2018-03-23 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月23日−04号

一般論ですが、一度保育所に入れば、そのままエスカレーター式で持ち上がるので、小学校の入学までの移動はほとんどなくなります。  開所当時はゼロから2歳枠が多くを占め、3から5歳児は定員割れが生じます。その後に定員が埋まればよいのですが、埋まらないと経営にも影響してきます。3から5歳児の枠を広げる必要があるでしょうか。  

庄内町議会 2018-03-19 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月19日−06号

避難場所などを問えば、耐震診断の対象にならない旧清川小学校体育館を挙げている現状であります。清川地区周辺には、急傾斜地の統括特別警戒区域も存在するとの県調査報告もあります。観光施設より先に、住民の暮らしの安全安心のために、避難場所の整備等、優先すべき課題は多くあると考えます。歴史は大切なものであります。

庄内町議会 2018-03-15 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−04号

合併して、ちょうど中ぐらいに、余目地域の四つの小学校耐震補助はしました。中国の四川の地震の関係で、「このままではまずい」と。「改築まではまだ先があるので、耐震補強だけしましょう」と。あのときも、当面10年という目安をしながら行ってきた経過がございます。この歳出の全体の関係です。  平成30年度予算、維持補修費が2億6,200万円出ています。

庄内町議会 2018-03-13 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日−02号

小学校における外国語教育の充実を図るために、学習支援員を拠点校に配置し、町内小学校への外国語指導の支援を行うということであります。1名という説明でありましたが、どちらを拠点校と定め、どのような関わりを持ちながら、庄内町には小学校が五つあるわけですが、その1名の方は具体的にどのように、週何回、授業に関係してくるのか。