2339件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第511回定例会第3号 本文

次に、議第50号 高畠町家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。  本案は、国の基準である家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令施行に伴い、条例の一部を改正する必要が生じたことから提案されたものであります。  

高畠町議会 2019-06-03 2019-06-03 令和元年第511回定例会第1号 本文

次に、議第50号 高畠町家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定についてご説明を申し上げます。  本案は、国の基準であります家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令等の施行に伴い、条例の一部を改正する必要が生じたため提案するものでございます。  

高畠町議会 2019-06-03 2019-06-03 令和元年第511回定例会第1号 名簿

第1号) 日程第 7 議第47号 高畠町町民運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定につい             て 日程第 8 議第48号 高畠町立図書館条例の一部を改正する条例の制定について 日程第 9 議第49号 高畠町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改             正する条例の制定について 日程第10 議第50号 高畠町家庭保育事業等

川西町議会 2019-03-26 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月26日−07号

本補正につきましては、去る6日に委員会を開催し、審査しており、審査の経過及び結果につきましては、お手元に配付しております委員会報告書に記載のとおりでありますが、審査の過程における意見といたしまして、  本議案では、小・中学校特別支援学校を初め留守家庭児童育成クラブにおいても嘱託職員や臨時職員が当初見込みどおり確保できなかったことに伴う減額補正が行われていることから、教育現場における人材不足の解消に

鶴岡市議会 2019-03-22 平成 31年  3月 定例会-03月22日−07号

平成30年4月の京田小学校と栄小学校の統合調整に尽力し、統合後の京田小学校校長としてPTAの活性化、同窓会組織運営、学校家庭地域の連携強化など、地域から信頼される学校づくりを推進しておられます。この間、学校新聞教育に取り組み、現在山形県新聞教育研究議会会長、全国新聞教育研究議会理事を務めておられます。

山形市議会 2019-03-11 平成31年産業文教委員会( 3月11日)

スポーツ保健課長  休養日や活動時間を適切に設定することによって、地域家族とかかわる機会がふえ、生徒が多様な学びや経験ができるのではないか、みずから興味・関心を深く追及するような機会として、ぜひ、家庭地域活動などに積極的にかかわれるような時間的余裕がほしい、といった意見をもらっている。そのような内容も方針に盛り込んでいきたいと考えている。

山形市議会 2019-03-07 平成31年厚生委員会( 3月 7日 厚生分科会・予算)

○こども福祉課長  放課後児童クラブは、留守家庭子供を預かることとしており、父母ともに就労している家庭の増加に伴い、需要がふえている。ニーズに応えて整備していきたい。 ○委員  放課後児童クラブの今後の方針について、どのように考えているのか。 ○子育て推進部長  条例基準適合の経過措置期間を5年間延長することとなり、現在、整備に係る指針の改正に向けて検討している。

高畠町議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第509回定例会第3号 本文

国や県で毎年実施されております学力テストは、児童生徒に身につけてほしい思考力、判断力、表現力といった総合的な学力を推しはかるとともに、家庭での学習や生活の状況などを把握し、先生方の指導の振り返りや授業の改善につなげることを目的に行われるものであります。  現在、年度初めの4月に、国の学力等調査は小学校6年生と中学校3年生、山形県学力等調査は小学校5年生と中学校2年生を対象に行っております。  

山形市議会 2019-03-06 平成31年厚生委員会( 3月 6日 厚生分科会・予算)

また、積極的に家庭訪問行い、必要に応じて医療や障がい福祉サービスにつなぐとともに、就労や地域との交流の機会づくりなども行いながら対策を進めていきたい。 ○委員  県が行っている自死遺族相談や精神障がい者の社会復帰に対する支援活動も市で引き継ぐのか。 ○保健所準備課長  自殺対策や就労支援につないでいく役割も、市保健所精神保健の部門で行っていく。

鶴岡市議会 2019-03-05 平成 31年  3月 定例会-03月05日−04号

子育て家庭に対する育児相談など、一般的なサービスを充実させるとともに、虐待を受けている子供や支援を必要としている家庭を早期に発見し、適切な保護や支援を図るためには、関係機関との間での情報や考え方の共有、また適切な連携のもとで対応していくことが重要と考えております。この間、法律で要保護児童対策地域議会が規定されており、地方自治体はその設置に努めるものとされております。   

川西町議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月04日−05号

子育て支援施策の事業の一つである留守家庭児童育成クラブの開所時間を延長する考えについてお伺いいたします。  平成31年度の留守家庭児童育成クラブの事業費の当初予算案は、一般財源と国県支出金及び特定財源を合わせ、総額3億8763万2000円であり、財政状況の厳しい本市にとって決して少ない予算額ではありません。つまり、子育て支援に光を当てようとする市長の決意のあらわれとも捉えております。  

川西町議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月01日−04号

ひとり親家庭で必死に働いている母親が残業で帰宅できないとき、ひとりでお留守番をしている小学校6年生の女の子のところに何度も押しかけて玄関の前でドアを蹴ったり大声で叫ぶ。あるご高齢の女性からの相談では、玄関先で、おまえのことを近所に言いふらしてこのまちに住めなくしてやるとまでおどされ、大声で叫ばれ、恐怖で心身ともに疲れ切っておられます。