175件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-12-09 令和元年環境建設委員会(12月 9日)

○委員  宮城丸森町では、今回の台風第19号の被害で発生した災害ごみを処理するのに10年ほどかかることから、横浜市が受け入れることとしたと聞いている。山形盆地断層地震における災害廃棄物の発生量を約170万トンと想定し、処理完了の目標年数を3年以内としているが、水害が発生した場合は、想定している発生量では済まないと考える。丸森町のように他の自治体に処理をお願いすることは考えているのか。

山形市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第2号12月 3日)

一方、仙台市の二口市有林は、宮城が管理する林道二口線沿線にありますが、たび重なる林道災害が発生し、近年通行どめ期間が続いておりました。このため、平成7年度に実施した保育間伐以降の森林施業ができない状態となっておりましたが、ことし8月に林道が全面開通し、ようやく森林施業ができる環境になりましたので、今後、隣接する国有林の管理者と協議しながら適正な森林保全に努めてまいります。  

山形市議会 2019-10-25 令和元年環境建設委員会(10月25日)

○委員  これから処理計画を策定することになるが、このたびの台風第19号の被害により、福島県宮城などから災害廃棄物の受け入れの依頼があった場合、どのように対応するのか。 ○ごみ減量推進課長  今回策定する山形市災害廃棄物処理計画は、山形市から出た災害廃棄物の処理に関する計画となる。

山形市議会 2019-10-23 令和元年産業文教委員会(10月23日 産業文教分科会・予算)

観光戦略課長  東京2020NIPPONフェスティバルは、岩手県宮城山形県福島県の順番で開催し、各会場で寄せられた復興メッセージをオリンピックが開催される東京に届ける予定である。巨大人形「モッコ」は、約10〜15メートルの大きさで、絆まつりのパレードに合わせて展示される予定であるが、展示場所については、パレード会場沿いの場所を検討している。

山形市議会 2019-10-15 令和元年 9月定例会(第3号10月15日)

また、被害の大きかった自治体への支援といたしましては、隣県で特に被害の大きかった宮城丸森町へ緊急消防援助隊として7隊22名の消防職員を派遣し支援を開始しております。さらに、済生館のDMATが宮城南部で活動を行っているほか、上下水道部では福島県いわき市で応急給水活動を実施する予定であります。今後とも、各関係各機関と連携しながら今回の台風への対応及び災害対策に努めてまいります。

高畠町議会 2019-06-04 2019-06-04 令和元年第511回定例会第2号 本文

まず、4月19日に東京都池袋で旧通産省工業技術院元院長の87歳の高齢者がブレーキとアクセルの踏み違いのミスで母親とその3歳の女子のとうとい命を奪った事故、その1カ月ぐらい後の5月8日には滋賀県大津市保育園児2人の死亡と1人の重傷を負う事故が、また、その1週間後には千葉県市原市内の公園内砂場に車が突っ込み保育園児を引率していた保育士が重傷を負う事故が、またもや5月17日に宮城大崎市児童2人に車の

高畠町議会 2019-03-22 2019-03-22 平成31年第509回定例会第5号 本文

震災直後は、当町は、「被災地」というよりは、主に被災者の「避難所」として、福島県宮城などからの多くの避難者の受け入れを実施しましたが、一方では、水道業務を中心に被災地支援も実施をしてまいりました。  その後も、期間の長短はございますが、被災地の一日も早い復興に向け、岩手県山田町宮城山元町へも職員を派遣をし、この職員派遣は平成26年度まで続きました。  

酒田市議会 2018-10-24 10月24日-06号

東日本大震災でも、同様に高齢者が多く犠牲になっておりますので、岩手県宮城福島県の3県で、これは障がいを持っている人の場合なんですが、このときは、障がいを持っている人の死亡率というのが健常者の2倍以上になっているという、このような実態も報告されております。 このたびの台風19号、これにおいても、亡くなった6割の方が60歳以上であるという報道もありました。

高畠町議会 2018-06-06 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文

この間も行ったんですけれども、宮城柴田町の保存会の人たちを私、案内して行ったときに、案内するために行ったわけじゃないですけれども、拝殿で協賛活動をしていたときにわざわざ来たというのでちょっと知ったふりして行ったんです。行ったらもうやぶで一歩も入っていけないという状況だったんです。

高畠町議会 2017-03-06 2017-03-06 平成29年第498回定例会第3号 本文

このほか、今年度は、高畠町各国駐日大使館員ツアー、東日本旅客鉄道本社事業創造本部、メトロポリタン山形など、JR東日本グループ会社と提携をしてのシンガポール台湾旅行会社及びブロガーなどを招致するファムトリップ・ツアーの受け入れ、また、町観光協会と連携をしての宮城在住の在日外国人ツアーを開催し、当町の「自然」、「歴史」、「食」、そして訪日外国人旅行者を呼び込むキーワードである、地元の「ひと」の生き

山形市議会 2016-12-05 平成28年環境建設委員会(12月 5日)

都市政策課長   仙台都市圏では、19市町村であり、仙台市内については仙台市が担当し、残りの18市町村については宮城が担当するなどの住み分けをしている。今回の都市圏の設定についても、県に対し仙台市と同様のやり方をお願いしたが理解を得られなかった。庁内において、市が主体として実施する場合を検討した結果、今まで一度も実施したことがない中で、まずは3市2町を確実に調査すべきとなった。

山形市議会 2016-09-27 平成28年産業文教委員会( 9月27日 産業文教分科会・決算)

○委員   宮城で猛毒のキノコであるカエンタケが見つかったとの報道があったが、大丈夫なのか。 ○森林整備課長   以前県民の森で見つかったことがあるが、それ以降は見つかったとの話は聞いていない。 ○委員   素人は見逃している可能性もある。何らかの対応が必要ではないか。 ○森林整備課長   県の機関などを通して情報収集したい。

高畠町議会 2016-09-08 2016-09-08 平成28年決算特別委員会 本文

8 番(数馬治男) 210、211ページの10目の農地中間管理事業費ということで、当初180万円とったんですが、140万円減額して、36万4,000円だったけれども、26万円しか使わなかったということでありますけれども、いろいろ農林課で担当して、なかなか農地に関係があって、ことしからは一元化して宮城にするよという形になったわけですけれども、発足して2年目なんだっけ、まだ発足して間もないわけですけれども

山形市議会 2016-06-27 平成28年総務委員会( 6月27日)

岩手県宮城では災害救助法を延長しており、放射能の問題がある福島県も延長すべきであり、採択すべきである。 ○委員   先ほどの請願者の意見陳述により実態を改めて認識した。何ができるのか、何をしなければならないかということを考えていかなければならない。願意妥当である。 ○委員   福島から避難した人の中でも、山形市民となって、家賃を払って生活している人もいる。