3923件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-10-02 令和 2年 9月定例会(第4号10月 2日)

初めに、監査委員から、令和2年9月に実施した例月出納検査の結果が、地方自治法第235条の2第3項の規定により、議長宛て報告をされております。  次に、市長から、既に配付しております文書のとおり、令和2年9月25日付で、本市所有自動車の事故に係る損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分した旨、同条第2項の規定により報告されております。  

山形市議会 2020-09-28 令和 2年環境建設委員会( 9月28日)

斎藤淳一委員   今回の工事実施により、十文字橋は今後どうなるのか。 ○道路整備課長   十文字橋については、今回新しく架ける橋の下流側約250メートルのところに位置する昭和27年に架けられた幅員4メートル程度の橋である。この橋は、地区の主要な生活道路となっており、5年前に補修工事を行い、長寿命化を図ったところであるため、現在の十文字橋は残したまま、新たな橋を架ける計画である。

山形市議会 2020-09-28 令和 2年産業文教委員会( 9月28日)

全国学力学習状況調査実施される4月は、本来は集団づくりなどを行わなければならない時期であるにもかかわらず、過去問題を解く時間に費やされるなど、学校現場の弊害になっているとの声が教員から出ており、願意妥当である。 ○荒井拓也委員   教員だけではなく、子供たちにとってのメリット・デメリットを調べる必要があるため、継続審査としたい。  

山形市議会 2020-09-28 令和 2年厚生委員会( 9月28日)

母子保健課長   医師と妊婦が相談の上、出産の2週間前に検査実施することになる。 ○浅野弥史委員   産科医療機関との契約数はどのくらいになるのか。また、検査の結果、陽性となった場合のスキームはどうか。 ○母子保健課長   契約の数については現在、調整中である。また、陽性となった場合については、感染症法対象となるので、指定医療機関への入院となる。

山形市議会 2020-09-25 令和 2年環境建設委員会( 9月25日 環境建設分科会・予算)

菊地健太郎委員   現在は通行止めとなっており、住民に不便をかけているため、早急に工事実施してほしい。今回の工事により橋脚はどうなるのか。 ○道路維持課長   橋脚は撤去し、橋台を生かして橋桁を架ける工事予定である。 ○菊地健太郎委員   本沢橋の近くにある湯田橋は、本沢橋と同じような形状であり、今回の豪雨の際、橋脚に流木がかなりたまっていたが、将来架け替えの計画はあるのか。

山形市議会 2020-09-25 令和 2年厚生委員会( 9月25日 厚生分科会・予算)

浅野弥史委員   新型コロナウイルス対応放課後児童支援員等慰労金及び新型コロナウイルス対応保育士等慰労金について、予算使い方として山形市で既に実施している事業との調整ができないのか議論はしたのか。また、山形市と同じように県に先立って慰労金を支給している県内の自治体はほかにないのか。

山形市議会 2020-09-25 令和 2年総務委員会( 9月25日 総務分科会・予算)

また、国や市町村が一気に予防的措置まで実施することは難しいが、国はこれからの災害に備え、所有者不明地などの固定資産税の課税を改めるなど、国や県、市町が災害時に対応できる範囲を徐々に拡大してきている状況である。 ○今野誠一委員   市債残高が年々増加している状況をどう捉えているのか。 ○財政課長   市債残高の約半分弱は臨時財政対策債となっており、地方交付税で措置されることになる。

山形市議会 2020-09-23 令和 2年産業文教委員会( 9月23日 産業文教分科会・決算)

川口充律委員   教職員健康診断について、定期健康診断メンタルヘルス調査実施後の対応状況はどうか。 ○スポーツ保健課長   一般職員よりも視力等基準値が高く設定されていること等もあり、精密検査対象者の比率が約49%と高い状況であるが、そのうち、約97%の職員が受診したとの報告を受けている。

山形市議会 2020-09-23 令和 2年厚生委員会( 9月23日 厚生分科会・決算)

福祉文化センター所長   各種事業の設定については、小さい子供と一緒に行うベビートレーニングとして、平日の日中実施することが多く、就労している女性を対象にした事業については、平日の夜間または土日に実施することが多い。 ○折原政信委員   各種事業への参加者の声については、どのように把握し次年度へ反映しているのか。

山形市議会 2020-09-23 令和 2年総務委員会( 9月23日 総務分科会・決算)

企画調整課長   DBO事業者の公募に向けた準備の一つとして、現在公表している道の駅整備事業実施方針と要求水準書の案において、隣接している施設の観光的・物産館的な機能とのすみ分けを十分意識して整備することとしている。また、市南部への児童遊戯施設などの周辺施設とも連携しながら、よりよい提案をしてもらうよう案を示している。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年産業文教委員会( 9月18日 産業文教分科会・決算)

田中英子委員   大学等就職ニーズ調査について、今年度は新型コロナウイルス影響実施するのは難しいと思うが、どのような内容実施予定であったのか。また、今後どのように事業を行っていくのか。 ○雇用創出課長補佐   県内においては、山形大学、東北芸術工科大学等の学生が参加するバスツアー実施する予定であったが、新型コロナウイルス感染症影響により今年度は中止することとなった。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年厚生委員会( 9月18日 厚生分科会・決算)

事業実施方法や相談の仕方など検討してほしいがどうか。 ○母子保健課長   男性が訪問することに抵抗感を持つ方もいることは認識している。民生委員児童委員主任児童委員が訪問することを断られた場合は、専門職が訪問し、地域で生活するに当たり、虐待予防の観点から親子が地域とつながっていることなどを理解していただいている。相談する側の状況も考え、様々な工夫をしながら進めていきたいと思う。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年環境建設委員会( 9月18日 環境建設分科会・決算)

管の更新については、年間14〜15キロメートルをめどに工事実施している状況である。 ○中野信吾委員   約10年で整備が完了するということか。 ○水道建設課長   現在、法定耐用年数を超えている管は約150キロメートルであるが、毎年、法定耐用年数を超える管は増える。水道管の総延長は約1,400キロメートルであり、仮に毎年15キロメートルずつ更新していくと約100年かかることになる。

山形市議会 2020-09-18 令和 2年総務委員会( 9月18日 総務分科会・決算)

補助制度を活用した農産物を返礼品に指定することについては、ふるさと納税制度との関係などを研究し、収入の増につながるようであれば実施したいと考えているが、今後の総務省の判断など不明確な部分もあるため、随時情報収集するとともに、担当課連携しながら、できる限り自主財源の確保に努めていきたい。

天童市議会 2020-09-18 09月18日-04号

これに対して執行部からは、各学校担当者を集め、納入業者から端末やソフトウエアの内容について説明会実施してもらうとの説明がありました。 採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。 最後に、請陳第3号教職員定数の改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書提出を求める請願について申し上げます。 

山形市議会 2020-09-17 令和 2年議会運営委員会( 9月17日)

3 その他 (1)議場見学会及び議場演奏会について  菊地健太郎委員長から、毎年、議場見学会及び議場演奏会実施しているが、今年度実施するかどうか協議願いたい、との発言があり、協議に入った。 ○浅野弥史委員(新翔会)   議場演奏会については、参加者が特定されているため、新型コロナウイルス感染症対策を施した上で開催してもよいのではないかと考える。