9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高畠町議会 2017-06-08 2017-06-08 平成29年第500回定例会第2号 本文

特に、先ごろ安倍政権の地方創生担当大臣学芸という専門職に対する軽率的な発言問題を例とするまでもなく、文化を守り、それを社会に広く普及する専門職の役割は文化政策の実現に向けて重要と思います。そういった専門職の配置をしつつも、文化振興行政の長期的視点での人材育成が図れるような体制づくりが重要だと思いますが、今後の文化行政を進める上での基本的な考え方について、お聞きいたします。  その2つ目です。

山形市議会 2017-03-13 平成29年産業文教委員会( 3月13日)

購入したものは、購入前に専門家学芸が確認しているが、指定に当たり、改めて文化財保護委員の専門家が、その価値について判断している。 ○委員   市の指定文化財基準は何か。また、指定したことにより将来県や国の指定へと上がっていくのか。 ○社会教育少年課長   指定候補となった文化財については、文化財保護委員会に諮り、市が定める指定基準に基づき慎重に判断している。

山形市議会 2015-12-07 平成27年環境建設委員会(12月 7日)

公園緑地課長   これまでの継続した維持管理に加え、専門性のある学芸を配置しながら、絶滅危惧種を含めた約850種の植物を約1,200種まで拡大させ、展示植物園として運営している。また、平成26年度には事業内容や展示植物の管理体制が認められて博物館相当施設として位置づけられた。これらの成果を踏まえて、今後も継続的に専門性の高い維持管理が必要なことから、非公募で指定管理者を選定したところである。

山形市議会 2013-12-09 平成25年総務委員会(12月 9日)

非公募の理由として、平成元年から同施設を運営してきた中でのノウハウや、資料の収集・保管等の専門性があること、専門の学芸がいること、長年の運営の中で大学研究機関、他の文化団体とのネットワークが事業展開に結びついていることである。 ○委員   これだけの歴史や専門性のある団体が、指定管理者の審査結果で、満点の70%の点数しか得ていないが、評価が低すぎるのではないか。

山形市議会 2010-12-06 平成22年環境建設委員会(12月 6日)

これまでの経験の蓄積と専門知識を有する学芸存在などは他者にかえがたく,また,野草園が地域振興の中核的な役割を担っているという点から,非公募とした。 ○委員   そうした野草園の趣旨もあって非公募であるとすれば,それを忘れずに取り組んでもらいたい。  大要以上の後,議第72号から議第74号までの議案3件については,全員異議なく可決すべきものと決定した。

山形市議会 2009-09-14 平成21年産業文教委員会( 9月14日 産業文教分科会・決算)

ただ,技術的な問いかけなどがあれば,当課の学芸資格を持っている職員からアドバイスさせてもらっている。 ○委員   埋蔵文化財についてはどこに貴重なものが存在しているかわからないが,有志で行っている方でも何年か調査していれば,それなりに重要なのかどうかはわかると思う。

山形市議会 2009-03-13 平成21年総務委員会( 3月13日 総務分科会・予算)

館長や学芸とも話をしてみたいと思う。 ○委員   JCの活動で「子どもに美術を見せよう」という企画があり,いいものがたくさんあるのを知った。もっとPRをしてほしい。 ○委員   市民文化賞に関して,書は対象にならないのか。 ○文化振興課長   該当はするが,どちらかと言うとほかに受賞の機会がないような分野に光を当てるのがこの賞の趣旨である。

山形市議会 2008-06-17 平成20年 6月定例会(第2号 6月17日)

専門的な学芸のわかりやすい説明にも好評があって,保育園児を初め,高齢者グループや障がいを持つ方々の来園も増えているようでございます。生涯学習の場として,自然に触れることのできる野草園へのアクセスに,バス利用の補助策も少年自然の家同様,補助を進めていただけるお考えはおありでしょうか。  次,6番目。労働安全衛生体制の確立について。  

  • 1