234件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高畠町議会 2018-12-05 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文

その1つである「温もりの湯」を除却すれば「太陽館」1つになってしまいます。もともと町には温泉がなく、温泉を掘り当て、温泉に入ることを多くの町民が願っていました。温泉を掘り当てるまでには、数カ所を試掘し、ついに一本柳の現在地に温泉を湧出させることに成功したわけです。  平成4年5月に「温もりの湯」、同年9月に「太陽館」が開館し、きょうまで多くの町民や町外、県外の方からも利用されてきました。  

高畠町議会 2018-09-11 2018-09-11 平成30年決算特別委員会 本文

生活環境課長(星 和徳) 今、数馬委員からの質問でございますけれども、これにつきましては今回6月の補正のときに皆様に承認していただきました高畠病院と太陽館、文化ホールの関係のハード事業があるんですけれども、その前に第2次の地球温暖化対策実施計画という計画書を策定しなければならなかったものですから、その関係で国のほうの補助を100%だったんですけれども、いただいて策定をしたと、それが最初のソフト事業ということでさせていただいた

高畠町議会 2018-09-07 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文

結果的には「太陽館」との2つの温泉施設の維持は財政面からも難しいため、一本化の方向で考え、「公共施設等総合管理計画」での分析と整備方針を基本に、2021年度に除却の方向が示されています。  しかし、公共施設を活用した地域づくりは、人口や経済だけで成り立つものでなく、産業や文化、毎日の生活における安心さ等の環境があってこそです。

高畠町議会 2018-06-06 2018-06-06 平成30年第506回定例会第2号 本文

現在、「たかはたブランド品」のみの専門店はございませんが、JR高畠駅太陽館売店、道の駅たかはた売店のほか、県内外問わず、数多くの観光物産施設や有名百貨店を初め、民間事業者の店舗で「たかはたブランド品」の取り扱いをいただいております。  このたび、オープンをいたしました道の駅米沢でも販売をいたしております。  

高畠町議会 2018-03-23 2018-03-23 平成30年第504回定例会第4号 本文

次に、議第42号 高畠町太陽館の指定管理者の指定について申し上げます。  本案は、高畠町太陽館を観光交流事業の拠点施設としてさらなる利活用を図るため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、一般社団法人高畠町観光協会に、平成30年4月1日から平成33年3月31日まで指定管理者として指定するため提案されたものであります。  

高畠町議会 2018-03-07 2018-03-07 平成30年第504回定例会第2号 名簿

設備及び運営に関する基準を             定める条例の一部を改正する条例の制定について 日程第26 議第41号 高畠町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域             密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を             定める条例の一部を改正する条例の制定について 日程第27 議第42号 高畠町太陽

高畠町議会 2018-03-07 2018-03-07 平成30年第504回定例会第2号 本文

日程第27 議第42号及び日程第28 議第43号の計2件 議 長(近野 誠) 次に、日程第27 議第42号 高畠町太陽館の指定管理者の指定について及び日程第28 議第43号 高畠町総合観光案内施設及び高畠ふるさと自然のみち・ウォーキングセンターの指定管理者の指定についての2件を議事の都合により一括議題といたします。  

高畠町議会 2018-03-06 2018-03-06 平成30年第504回定例会第1号 本文

についての専決処分の報告案件が1件、二井宿財産区管理会財産区管理委員の選任についての人事案件が1件、平成29年度高畠町一般会計補正予算(第6号)などの専決処分の承認案件が2件、平成29年度高畠町一般会計補正予算(第8号)などの各会計補正予算案件が13件、平成30年度高畠町一般会計予算などの各会計予算案件が15件、高畠町議会の議決に付すべき事件に関する条例の設定についてなどの条例案件が10件、高畠町太陽

高畠町議会 2017-03-06 2017-03-06 平成29年第498回定例会第3号 本文

地球が太陽の周りを回りまして、また春の季節がやってきたわけでございます。心配された雪についても、思ったよりは雪の被害もなかったのではないかなというように感じ取っているわけでございます。  私は、このたびの質問については4点について質問しているわけでございます。

庄内町議会 2016-12-13 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月13日−01号

(2) 組織化について  ア 先進地事例の活用  香川県観音寺市の(株)中大、(株)太陽のでは、法人化を推進したことにより、新規就農者も現れ、担い手不足解消と所得確保に繋がっている。  法人化は過剰投資を抑制し、規模拡大に繋がり所得も向上することから、町は農業団体と一体になり推進すべきである。  

高畠町議会 2016-12-05 2016-12-05 平成28年第497回定例会第2号 本文

高畠町で指定管理者制度を導入し管理している施設としては、太陽館や浜田広介記念館、文化ホールなどの文教施設、産業振興施設などで活用し、指定管理者はこれまでその施設の設置目的に合致した、町と密接に関連し専門的な立場から、主に継続して管理運営可能な団体を選定し、また、公募によっても選ばれております。  

庄内町議会 2016-12-01 平成28年 12月 全員協議会-12月01日−01号

(2) 組織化について  ア 先進地事例の活用  香川県観音寺市の(株)中大、(株)太陽のでは、法人化を推進したことにより、新規就農者も現れ、担い手不足解消と所得確保に繋がっている。  法人化は過剰投資を抑制し、規模拡大に繋がり所得も向上することから、町は農業団体と一体になり推進すべきである。  

高畠町議会 2016-09-06 2016-09-06 平成28年第495回定例会第2号 本文

本町にもむくどりの湯、太陽館の温泉の2つがあります。しかし、介護風呂の設備はありません。高畠の障害者の方は、遠く山辺町や大江町などに時間をかけて行っているのが現状です。  現在、または将来、町内の2つの施設の改築・増築、または全面移転新築などの計画はありますか。その場合、ぜひ、障害者がいつでもゆったりと温泉に入れる介護風呂の設置が待たれます。町ではどのように考えているかお聞きします。  

高畠町議会 2016-03-07 2016-03-07 平成28年第492回定例会第3号 本文

また、前段のモニターツアー造成に当たっては受け入れ体制の整備が必要であり、今後、観光協会と連携をし、太陽館や道の駅施設などにおいて無料公衆LAN環境の整備やスマートフォンなどでQRコードを読み込んでの多言語表記システムであるQRトランスレーターを導入し、たかはたブランド認証商品と連携した地元産品からの「産地たかはた」をPRする取り組みを行ってまいります。

高畠町議会 2016-03-04 2016-03-04 平成28年第492回定例会第2号 本文

商工費につきましては、町中小企業振興資金融資制度や、産業立地促進資金の貸付金が増加したことと、太陽館や温もりの湯の改修などにより17.2%の増額。  土木費は、道路改良事業、下水道会計繰出金などの減により3.6%の減額としました。  消防費につきましては、置賜広域行政事務組合負担金や同報系デジタル防災行政無線整備事業などにより121.2%の大幅な増額といたしました。  

高畠町議会 2016-03-03 2016-03-03 平成28年第492回定例会第1号 本文

また、去る2月21日から14日までの4日間、太陽館をメーン会場にまほろば冬咲きボタン祭りが開催されました。今回で15回を数え、また期間中好天にも恵まれたため、入り込み数も約2万人を数え、過去最高を数えたところであります。特に今回は、仙台などからのバスツアーのお客様が14台でご来場いただくなど、高畠冬ボタンの名が浸透し、好評を博した次第であります。

高畠町議会 2015-09-15 2015-09-15 平成27年第490回定例会第2号 本文

この再生可能エネルギーというようなことで、可能性をどういうふうに探るかということでありますけれども、この再生可能エネルギー、ご案内のとおり、資源が枯渇せずに繰り返し使える、地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しないすぐれたエネルギーであると規定されておりまして、その具体的ものとしては太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、大気中の熱、自然界に属する熱、バイオマス等が規定されているところでございます

村山市議会 2015-09-03 村山市議会 会議録 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月03日−03号

昨今、一般家庭でも太陽エネルギーを活用したり、企業、行政が太陽光を利用したり、水力、地熱などのさまざまなものが活用されてきました。個人的には、一般家庭でのそのような設備についてはもっと補助を出すべきと考えますし、教育の中でもその重要性を教えていくべきだと考えます。  日本の戦争の歴史には、必ずエネルギーの問題がありました。

鶴岡市議会 2015-09-03 平成 27年  9月 定例会-09月03日−02号

一方で、海上保安庁の灯台再編計画の中で、加茂地区の3灯台については、水族館の横にあります荒埼灯台は太陽電池・LED化して残し、北防波堤の通称白灯台は離岸堤に機能を移して撤去、通称赤灯台は撤去、現白灯台、赤灯台の跡地に山形県が標識灯を建設するという計画が進んでおります。