102件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-10-29 令和元年全員協議会(10月29日)

財政部長  平成30年度山形健全化判断比率及び資金不足比率について、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき報告する。  これらの比率については、既に議案とともに配付した資料で、各会計を所管する常任委員会において説明しているが、全体の概要について説明する。  

山形市議会 2019-10-07 令和元年 9月定例会(第1号10月 7日)

次に、市長から、既に配付しております文書のとおり、一般会計及び事業会計平成30年度決算に係る健全化判断比率等について、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により報告されております。なお、これらの健全化判断比率等については、今定例会中に開催される常任委員会及び全員協議会において、報告を受けることになっております。  以上で報告を終わります。  

庄内町議会 2019-09-04 09月04日-02号

この7会計決算のうち農業集落排水事業下水道事業については、令和元年5月30日に、その他の会計については令和元年7月9日に、また、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、令和元年8月14日に監査委員審査を依頼しております。 各会計実質収支額につきましては、各会計すべて黒字決算でございまして、一般会計が6億4,924万円の黒字決算

天童市議会 2019-08-21 08月21日-01号

次に、地方公共団体財政健全に関する法律施行に伴う平成30年度実質赤字比率連結実質赤字比率実質公債費比率、将来負担比率及び資金不足比率についてですが、平成29年度と同様、各比率とも健全な段階であり、早期健全化基準に達している比率はありません。 最後に、本市ではこれまで大型投資事業を行ってきており、将来の財政への影響が大きいと言えます。

山形市議会 2018-09-27 平成30年全員協議会( 9月27日)

財政部長   平成29年度山形健全化判断比率及び資金不足比率について、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき報告する。  これらの比率については、既に議案とともに配付した資料で、各会計を所管する常任委員会において説明しているが、全体の概要について説明する。  

山形市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第1号 9月 6日)

次に、市長から、既に配付しております文書のとおり、一般会計及び事業会計平成29年度決算に係る健全化判断比率等について、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により報告されております。  なお、これらの健全化判断比率等については、今定例会中に開催される常任委員会及び全員協議会において報告を受けることになっております。  以上で報告を終わります。  

庄内町議会 2018-09-05 09月05日-02号

同条第2項の規定により平成30年7月9日に、また、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、平成30年8月14日に監査委員審査を依頼しております。 各会計実質収支額につきましては、一般会計が6億4,631万3,000円の黒字決算でございます。国民健康保険特別会計は1億2,981万2,000円の黒字決算

酒田市議会 2018-09-03 09月03日-02号

日程第2、報第15号平成29年度酒田財政健全化判断比率及び資金不足比率報告については、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づく議会への報告であります。 日程第3、報第16号専決事項報告について(損害賠償の額の決定)は、地方自治法第180条第2項の規定に基づく議会への報告であります。 

天童市議会 2018-08-31 08月31日-01号

次に、地方公共団体財政健全に関する法律施行に伴う平成29年度実質赤字比率連結実質赤字比率実質公債比率、将来負担比率及び資金不足比率についてですが、平成28年度と同様、各比率とも健全な段階であり、早期健全化基準に達している比率はありません。 最後に、本市ではこれまで大型投資事業を行ってきており、将来の財政への影響度が大きいと言えます。 

山形市議会 2017-09-27 平成29年全員協議会( 9月27日)

財政部長   平成28年度山形健全化判断比率及び資金不足比率について、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき報告する。  これらの比率については、既に議案とともに配付した資料で、各会計を所管する常任委員会において説明しているが、全体の概要について説明する。  

酒田市議会 2017-09-04 09月04日-02号

日程第2、報第14号平成28年度酒田財政健全化判断比率及び資金不足比率報告については、地方公共団体財政健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づく議会への報告であります。 日程第3、報第15号平成28年度地方独立行政法人山形県・酒田病院機構業務実績の評価については、地方独立行政法人法第28条第5項の規定に基づく議会への報告であります。 

天童市議会 2017-08-28 08月28日-01号

次に、地方公共団体財政健全に関する法律施行に伴う平成28年度実質赤字比率連結実質赤字比率実質公債費比率、将来負担比率及び資金不足比率についてですが、平成27年と同様、各比率とも健全な段階であり、早期健全化基準に達している比率はありません。 最後に、近年、本市では大型投資事業を行っており、将来の財政への影響が大きいと言えます。