16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

山形市議会 2017-12-06 平成29年12月定例会(第3号12月 6日)

新たな産業団地が竣工するまでの期間というのが、また少しかかってしまいますので、その間はさらなる地元企業支援充実、また空きオフィスへの企業誘致、また起業・創業支援などにも積極的に取り組んでまいります。 ○議長(渡邊元) 長谷川幸司議員。 ○22番(長谷川幸司) 新たな産業団地開発計画策定ということで12月議会に今これから議論を深めていくわけであります。

酒田市議会 2017-03-02 03月02日-02号

(1)企業立地による雇用確保地元企業支援。 地元企業が元気になり、働く人々が生き生きと仕事と暮らしを両立できることが人の定着にもつながるものと考えています。京田西工業団地臨海工業団地では、企業新規立地既存企業による工場等の増設が相次いでおります。 また、平成28年12月のハローワーク酒田管内での正社員有効求人倍率は、正社員に関する調査を始めて以来、最高となる1.05倍となりました。

酒田市議会 2016-02-29 02月29日-02号

(1)企業立地による雇用確保地元企業支援。 京田西工業団地は、平成27年1月以降だけで計8件の契約が成立し、企業立地が好調となっています。日本海沿岸東北自動車道へのアクセスのよさや、港湾都市としての高い優位性を強調し、人的、組織的ネットワークを活用しながら、企業立地に積極的に取り組んでまいります。 

酒田市議会 2014-06-19 06月19日-06号

初めに、地元企業支援について、お伺いいたします。 政府は、デフレからの早期脱却経済再生の実現に向けて全力で取り組むとしており、経済の好循環なくしてデフレ脱却はあり得ないとしております。これにより、経済財政運営と改革の基本方針に基づき経済財政運営を進めるとともに、日本再興戦略の実行を加速化し、強化するとしています。 

酒田市議会 2014-03-11 03月11日-04号

そして、社会基盤整備では、最近、市長が挨拶するとき必ず話題にする山形新幹線庄内延伸高速交通網、そして重点港湾酒田港活性化、次に産業振興では、地元企業支援企業誘致基幹産業である農業振興、6月から9月にかけて行われる山形デスティネーションキャンペーンと鳥海山・飛島ジオパーク構想、次に市民の元気があふれるまちづくりでは、県内で初めて実施する無料クーポン券を配布するピロリ菌検査事業と、光ケ丘陸上競技場

酒田市議会 2014-02-28 02月28日-03号

次に、地元企業支援企業誘致についてであります。 ことしは、プレステージインターナショナルの開設や花王のおむつ工場建設と、企業誘致などでは一定の成果があったものと思います。そのこともあって、雇用環境県内では一番よくなり、評価できるものでありました。今後も高卒者大卒者初め、多くの方が地元に就職し、定住してほしいものであります。 

酒田市議会 2014-02-26 02月26日-02号

地元企業支援企業誘致について。昨年設立した中小企業支援連絡協議会において、銀行や商工会議所等関係機関と課題や情報を共有し、連携を強化することで、中小企業支援充実を図ってまいります。また、京田西工業団地立地環境の向上に資する市道錦坂野辺新田線道路改良促進するほか、雇用創造協議会において人材育成に取り組み、雇用拡大を図ってまいります。 

酒田市議会 2009-09-16 09月16日-04号

できる対応はしっかりやらせていただいているつもりでありますが、さらに、商工会議所から意見を伺ったり、それから、個々に訪問した企業の皆さんからの提案を検討したりということで、より有効な、効果的な地元企業支援策については検討をしていきたいと思っております。 それから、地域経済の刺激、そしてまた雇用の場の確保という意味で、住宅などの建築云々ということも大変大事なことであります。

  • 1