66件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第2号12月 3日)

ことし7月の参議院選挙において、これまでの国政選挙と大きく異なるのは、最低賃金が争点の一つとなったことです。日本維新の会以外の主要政党最低賃金引き上げ公約に掲げたことなど、深化、拡大する格差と貧困の解決策を考えたときに最低賃金のあり方について問わなければならなくなっているのではと思います。さらに、これまで以上に、最低賃金引き上げ使用者法令遵守監督指導が求められたとも言えます。  

酒田市議会 2019-10-21 10月21日-04号

国政選挙であれ、地方選挙であれ、1回、1回の選挙は全部違うと思っています。環境やそのときの世論の動向によって全く変わってまいります。選挙とは、まさに市民の審判を仰ぐ厳しいものであります。改めて今回の選挙結果をどのように受けとめておられるかお尋ねを申し上げます。 次に、財政の急速な悪化ということについてお尋ねをいたします。 

高畠町議会 2019-09-18 2019-09-18 令和元年第513回定例会第3号 本文

初めに、ことしは国政選挙統一地方選挙統一外選挙・各市町村の首長選が行われる12年に一度の選挙の年と言われ、先月8月4日には我々の選挙も執行され、新しい議員体制で現在9月定例会を迎えているところでございます。まずもって、各議員の皆様とともどもに町当局方々には今後ともよろしくお願い申し上げます。  さて、本題に入ります。  

村山市議会 2019-09-05 09月05日-03号

衆院選を含め全国規模国政選挙として過去最低だった1995年の参議院議員選挙44.52%以来、24年ぶりに50%を割り低投票率となりました。 山形県におきましては、全国1位で60.74%の投票率ではありますが、過去2番目の低さとなっており、投票率低下という点につきましては、ほかと同様なものになっているのもまた事実であります。 

天童市議会 2019-06-05 06月05日-03号

また、有権者に身近な存在である地方議会選挙のほうが、国政選挙に比べ投票に結びついていないのが全国的に見受けられます。地方選挙は、以前は国政選挙よりも投票率が高いと言われていましたが、都市化核家族化少子高齢化により、地域社会結びつきが弱くなったことも、投票率低下に影響しているのではないかという報告もあります。

鶴岡市議会 2019-03-22 03月22日-07号

今後執行される統一地方選挙国政選挙等の経過によっては新たな政治判断が下されることも想定されるが、そのような場合はどのような対応を検討しているのかとの質疑に対し、このたびの条例改正は、予定されている消費税率引き上げにあわせての対応であり、延期等の際は別途検討することになるものと考えている旨の答弁がありました。  

山形市議会 2017-12-06 平成29年12月定例会(第3号12月 6日)

国政選挙で米沢・福島間のトンネル新設線路複線化などによって山形・東京間の1時間台が公約として掲げられた際も、市長もそのことに大変賛同しておられるように受けとめております。正直何が優先されるのかがわかりません。  この種の質問には相手のある話ということで濁されるパターンかも知れませんけれども、山形市は継続して仙山連携をJRや仙台市と協議をしていくのか。

山形市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会(第2号12月 5日)

直近の国政選挙であります平成28年参議院議員選挙対比で111.7%であり、今回は、投票者数12万1,805人に対し、期日投票者は2万8,639人、23.51%の方々期日投票をされております。このうち1万8,911人、15.53%が市役所、9,312人、7.65%の方々霞城セントラルであります。期日投票という制度が定着したあかしと考えますし、今後も伸びるのではないかと思います。

山形市議会 2017-03-21 平成29年 3月定例会(第5号 3月21日)

投票率との関係で何か考えはあるのか、との質疑があり、提出議員から、二元代表制の中で首長政策を競い合うことにもなり、地方から政策を持ち上げていくことにもつながるため、地方議会議員選挙のみならず、国政選挙首長選挙投票率向上にも大きく寄与するものと確信している、との答弁がありました。  

山形市議会 2017-03-07 平成29年総務委員会( 3月 7日)

二元代表制の中で首長政策を競い合うことになり、地方から政策を持ち上げていくことにもつながるため、地方議会議員選挙のみならず、国政選挙首長選挙投票率向上にも大きく寄与するものと確信している。 ○委員   議員一人一人の常日ごろの努力により、信頼を得られれば投票率も上がってくるものである。議員一人一人が反省をしなければならない。PRしたからといって投票率が上がるわけではない。

天童市議会 2016-09-07 09月07日-03号

それで、24年の最後の53投票所になったのは24年12月、これの国政選挙が53カ所で行われた投票だったと記憶しております。このときの投票率選挙にかかる経費、それと、今回の投票率選挙にかかった経費、この辺はどういうふうになっているのかお示しいただきたいと思います。 ○鈴木照一議長 秋葉選挙管理委員会委員長。 ◎秋葉俊一選挙管理委員会委員長 御質問いただきましてありがとうございます。 

天童市議会 2016-03-04 03月04日-02号

近年、国政選挙、地方選挙とも、投票率は全般的に低下傾向を続けており、特に若い世代の投票率が低い状況にあります。 こうした中、公職選挙法改正により、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられ、平成28年の夏に予定されている参議院議員通常選挙から適用されます。新しく有権者に加わる高校3年生については、学校教育の中で国で作成した副教材を使用しながら、指導や啓発が行われております。 

山形市議会 2015-12-03 平成27年予算委員会(12月 3日)

第2款総務費第4項選挙費でございますが、公職選挙法改正によりまして、平成28年6月19日以降の最初国政選挙公示日以後に、その期日公示または告示されます選挙から、選挙年齢が満18歳に引き下げられることとなり、今年度中に選挙人名簿を調整するシステム等の改修が必要となったため、所要の経費を計上するものであります。  次に、33・34ページをお願いいたします。  

鶴岡市議会 2015-09-07 09月07日-04号

それで、施行後初めて公示される国政選挙から適用されることになっておりますので、平成28年7月25日に任期満了を迎えます参議院議員通常選挙から実施される予定であります。 選挙権年齢の18歳引き下げに伴い、18歳、19歳の方々が新たな有権者として加わることになり、全国で240万人、本市においては約2,500人ほどが選挙人名簿に登録される見込みであります。 

天童市議会 2015-06-05 06月05日-02号

これは第2次安倍内閣発足後初の大型国政選挙で、国民焦点は、環太平洋連携協定、TPP、消費税を8%にする増税、社会保障制度参議院では野党が過半数の122議席を上回っており、衆参両院ねじれ国会問題など、さまざまありましたが、結果的に自民党は焦点経済政策アベノミクスの是非に絞り込み、経済成長への期待感を喚起し、ねじれ国会の解消を訴え、圧勝につながったものと思います。

高畠町議会 2015-03-11 2015-03-11 平成27年予算特別委員会 本文

総務課長横山孝一) まず最初にご説明する中で、当然国政選挙、あと県選挙等につきましては、有権者数とかあと投票所の数とか、そういう部分の中で選挙経費基準額が決まっておりまして、それに伴って国なり、県のほうから委託金という形で選挙管理委員会のほうに入っていく、上位のほうの選挙は入ってくるということになってございまして、看板等につきましては多分高畠も川西も同じくらいのレベルのベニヤ板を使ってやっているかとは

村山市議会 2014-09-18 09月18日-04号

国民代表である国会議員を選ぶ選挙、この請願については参議院選挙ですけれども、やっぱり国政選挙というのは国民の多種多様な意見が正確に反映されなければならない、反映されるような選挙制度でなければならないというふうに思うわけですが、この点については委員会の中でどのように議論なされたか、これが1点です。 

酒田市議会 2013-09-17 09月17日-04号

また市長選挙国政選挙などで、公開討論会においても東北公益文科大学の学生が運営にかかわっております。 これらの取り組みは地道でありますが、積み重ねが大切というふうに思っておりますので、今後とも若い段階から少しでも政治や行政、そして選挙に関心を持ってもらえるような取り組みを進めていきたいと、そのように考えております。 以上です。 ◆18番(門田克己議員) 御答弁いただきました。