167件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

酒田市議会 2018-10-24 10月24日-06号

したがいまして、女性たちがもっともっと参加できるようにということで、例えば、静岡県湖西市というところでしょうか、ここでは、女性だけの避難所運営訓練ということで、避難所図面をもとにして避難所の運営訓練をするわけです。把握訓練というのがあるわけですが、それを女性だけですると。さきに男性だけがメーンでやった避難所と全くさま変わりするような避難所ができ上がるそうなんです。

高畠町議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第503回定例会第2号 本文

数馬治男) ちょっと縮小したんですが、洪水ハザードマップということで町でつくって、いろいろな避難施設一覧とか、避難の呼びかけと行動とかまとまってコンパクトに書かれているということで非常に有効な手段だったんではないかというふうに思いますけれども、これも平成23年に改訂版が出されたということで、もう6年も経過しておりますし、例えば指定避難施設一覧の中では各中学校、一中から四中までのものも載っておりますし、図面

高畠町議会 2017-09-06 2017-09-06 平成29年第502回定例会第2号 本文

そういうものをいただいたのが8月中旬だということで、これからいろいろと審査なり、意見なりを言っていきたいというような考えを持っていたところが、大規模な変更は9月にはもうそういう時期ではないんだというような返答があったわけでありまして、私たちがいろいろとこれからチェックといいますか、そういうものを詳しく話していこうというときに、もう時間がないんだというような感じの話があったわけでございますけれども、その辺の委員会に対する図面

庄内町議会 2017-06-16 06月16日-03号

これは図面を見てもらえれば分かります。 そうしますと、議会が乗っている上にこういった重量物を設置することによって、構造が変わってきて、後からもっと強くしなければならない、そういった部分がないのかどうなのかということを危惧しております。

山形市議会 2016-10-05 平成28年全員協議会(10月 5日)

7ページから10ページにかけての土地利用の方針について、それぞれの機能別に商業・業務系土地利用住宅土地利用工業・流通系土地利用観光・レクリエーション系土地利用などの6つに区分し、それぞれの考え方ごとに目標と方針を示しており、それらを1枚の図面にまとめたものが11ページの土地利用構想図になる。

山形市議会 2016-03-10 平成28年環境建設委員会( 3月10日 環境建設分科会・予算)

ただし、特に古い市街地の中には明治22年の図面がいまだに生きているところや、昭和の中ごろに行われた土地改良によって生み出された換地などもあり、古い公図や改良区の図面をもとに立ち会いせざるを得ない状況であるため、改良区の立ち会いも求めている状況である。 ○委員   窓口を一本化して事前に調査を行い、一元化した立ち会いができないのか検討してほしい。

山形市議会 2016-03-09 平成28年厚生委員会( 3月 9日 厚生分科会・予算)

また、図面ができているのであれば、提示してほしい。 ○済生館管理課長   工事開始は県から平成29年度以降と聞いている。 ○済生館事務局長   当該工区は県道であるため交差点も含め県の工事になる。まだ契約していない状況であるため正規の図面ではなく現時点でのイメージ図であれば提示していきたいと考えている。

庄内町議会 2015-09-07 09月07日-05号

◎農林課長 農家の皆さん、あるいは生産組合の皆さんに対する周知の関係でございますが、5月26日付農業生産委員の皆さんに対する「生産調整水田現地確認のお願い」という文書、それからハウス栽培等を行う農家の皆さんに対する「生産調整水田計測実施図面作成のお願いと提出について」という文書

山形市議会 2015-06-26 平成27年全員協議会( 6月26日)

団体独自収入の主なものとしては、健康福祉医療事業団における老人保健施設2カ所に係る施設運営事業収入などが、約9億3,100万円、土地開発公社エネルギー回収施設や蔵王産業団地の売却に係る収入が約7億6,200万円、都市振興公社の新産業団地造成に係る借入金収入が約2億4,600万円、及び水道サービスセンターにおける給水装置・排水設備図面作成収入などが約6,500万円である。  

山形市議会 2015-05-25 平成27年環境建設委員会( 5月25日)

○経営企画課長   基本的には図面が上がってくる段階でどのような排水施設設備をつけて、放流基準を満たすのかを相談することになる。例外的には、市内の工業団地に立地した企業などは、水処理をして下水道に全量を流さずに、都市下水に流す選択をする企業もあり、個別に相談をしている状況である。 ○委員   まずは、合併浄化槽で対応し、そのうち下水道に接続すると言いながら、延々と接続しないところがある。

山形市議会 2015-03-12 平成27年環境建設委員会( 3月12日 環境建設分科会・予算)

○廃棄物施設課長   契約後、委託業者において求人募集、焼却運転に向けての研修計画の作成、現地の機械や電気設備の調査や図面での確認、社内での研修を行い、2月中旬から現地での研修を開始している。 ○環境部長   立谷川の管理運営については委託先の事業者において研修を順次進めているところであり、問題なく進んでいるものと認識している。

山形市議会 2014-09-12 平成26年産業文教委員会( 9月12日 産業文教分科会・決算)

また、各所有者が集まった機会を捉え確認の上杭を打ち、その際の測量図面などについては森林組合が持っており、将来的に地籍調査時に活用できるようにしている。 ○委員   森林は育てる事業から使う事業へシフトしているが、所有する側の意識改革も大事である。どうやって資産として生かすのか、行政の役割や負担が大きくなるのではないかと考えている。今の段階でどのようなビジョンがあるのか。