55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鶴岡市議会 2019-09-05 09月05日-02号

病床機能充実では、地域母子医療センター認定山形がん診療連携指定病院指定平成24年には看護師を増員しまして、一般病棟を7対1、患者さん7人に対して看護職員1名でありますが、こうした看護体制としたこと。働きやすい職場環境づくりでは、平成27年に保育所を併設した医師公舎を新築したことなどが挙げられます。  

天童市議会 2018-02-28 02月28日-01号

主な内容は、一般会計負担金の減であり、、小児リハビリテーション高度医療等に係る一般会計負担金救急医療確保するための国庫補助金に係る国保会計負担金産科医確保支援事業費補助金及び長期前受金戻入を計上しております。 次に、4ページであります。 支出の第1款病院事業費用につきましては、総額17億4,789万円、前年度比5.6%の増としております。 

山形市議会 2018-02-27 平成30年 3月定例会(第2号 2月27日)

また、県で策定した、地域医療構想においては、医療小児医療についてその機能集約化や、役割分担連携体制構築など、将来のあるべき医療体制提供体制を実現するための施策推進することとしており、当院も同構想にのっとり、機能充実を図ってまいります。 ○副議長遠藤吉久) 須貝太郎議員。 ○28番(須貝太郎) 答弁ありがとうございました。

山形市議会 2018-02-27 平成30年 3月定例会(第2号 2月27日)

また、県で策定した、地域医療構想においては、医療小児医療についてその機能集約化や、役割分担連携体制構築など、将来のあるべき医療体制提供体制を実現するための施策推進することとしており、当院も同構想にのっとり、機能充実を図ってまいります。 ○副議長遠藤吉久) 須貝太郎議員。 ○28番(須貝太郎) 答弁ありがとうございました。

鶴岡市議会 2016-12-01 12月01日-02号

2つ目事業といたしましては、国の医療対策を受けた山形県日中一時支援事業でございまして、県内では荘内病院米沢市立病院日本海総合病院受け入れを行っております。この事業は原則15歳未満の小児を対象としておりまして、在宅呼吸管理などの医療的ケアを必要とする重症の慢性疾患を持つ児童等療養支援と、介護する家族負担軽減を図るために医療機関患者を一時的に受け入れるものでございます。

鶴岡市議会 2016-08-30 08月30日-01号

荘内病院は、鶴岡市を中心といたします庄内南部地域基幹病院として、救急医療医療など、不採算医療や高額な医療機器整備など、民間では採算性確保の上では困難な医療も担っておりますが、一般会計からの適切な繰り入れをいただくとともに、収支の改善に向け、全職員が一丸となって取り組み、安定した経営構築に努めてまいりたいと存じます。  次に、未収金への対応についてであります。

鶴岡市議会 2016-06-17 06月17日-03号

また、26年度から継続項目を含めた27年度に取り組んだ経営改善の主な取り組み内容を申し上げますと、総合的、専門的な急性期医療を24時間提供できる体制を持つ病院を評価する施設基準総合入院体制加算2の取得地域医療センター内のGCU、これは新生児治療回復室ですが、これを小児科の専任の医師の常時配置看護師配置基準6対1を満たすことによる施設基準取得リハビリテーション技師の増員とがんのリハビリ

高畠町議会 2015-06-04 2015-06-04 平成27年第488回定例会第2号 本文

次に、地域連携体制についてでありますが、まず、医療ネットワーク化推進については、置賜地域医療再生計画に基づき平成22年度から事業が開始され、医師確保対策救急医療地域医療連携地域連携クリニカルパス推進事業など、2次医療圏内広域的対応を図るため、県が中心となって実施されてきました。  

天童市議会 2015-03-05 03月05日-04号

公立病院が実施する事業の中には、小児医療救急医療医療などの不採算部門が含まれ、市民病院も例外ではなく、これらの医療を継続的に提供するには、経営基盤強化のため一般会計からの負担が必要であると考えております。 基本的には、総務省の考え方に基づく操出金が前提でありますが、現行の市民福祉向上のための政策医療としての操出金も含めた繰り出しについては、問題はないと考えております。

鶴岡市議会 2015-03-03 03月03日-01号

庄内地域で唯一の県の地域母子医療センターでありますが、24年、25年の2カ年事業NICUGCU拡張整備を行いました。NICUを6床、GCU6床と増床しております。庄内地域新生児医療の拠点として、その充実を図っているところでございます。 第2としましては、災害医療を含む救急医療への取り組みでございます。 25年度荘内病院救急受診された患者さんが約1万7,000人でございます。

鶴岡市議会 2014-12-05 12月05日-03号

一方、荘内病院のほうでも、日本海病院から患者受け入れるなどしております。 また、救急患者受け入れについては、双方で協力し、連携を図っております。これに加えまして、平成24年6月からは庄内地域医療情報ネットワーク、ちょうかいネットと申しますが、このネットを活用し、診療に係る情報の迅速な共有を図っております。

鶴岡市議会 2013-12-06 12月06日-03号

本市の産科医療環境について紹介をさせていただきますと、近年、全国的に産科医療機関が減少している中で、比較的多くあり、また庄内に1カ所の不妊治療機関もあることから、恵まれた環境にあると認識しているところでありますし、また荘内病院では、平成22年4月に県の地域母子医療センター認定を受け、リスクの高い妊婦や新生児に対する高度な医療を提供するとともに、家族中心看護指導に当たっております。 

小国町議会 2013-09-05 平成25年第5回定例会(第1日) 本文 2013-09-05

かいつまんで申し上げますと、まず高齢弱者対策といたしましてはスクールバスを活用した内循環線町営バス路線運航開始、それから既存企業が持続的に発展するための支援策としては、企業所有資産取得しての勤労者住宅及び附帯駐車場整備、町民の健康を守る町立小国病院においては、本年度から眼科、耳鼻咽喉科、歯科を開設して、診療機能充実したほか、電子カルテやインターネットを効果的に活用し、公立置賜病院等との情報共有化医療連携