68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会(第2号12月 3日)

平和都市宣言事業実行委員会組織し、平和コンサートや平和劇場、そして原爆展を開催しながら戦争核兵器の悲惨さ、平和のとうとさを伝えております。御紹介のあった平和人権は、これまで余り知られる機会が少なかった山形市内の戦争に関する遺跡などの情報が掲載されており、大変貴重な資料であります。

庄内町議会 2018-12-14 12月14日-03号

また、最近のことでは、山辺町立作谷沢中学校少年・少女の声が掲載されている欄では、ミサコの被爆ピアノと呼ばれるピアノの演奏や校長先生からの原爆戦争のことでの平和の大切さに関しての話をされたとあり、生徒たちは平和の維持には過去の失敗を覚えておくことが大切であるといった内容が掲載されておりました。このミサコの被爆ピアノは、世界に10台しかない貴重なものであります。

村山市議会 2018-09-21 09月21日-05号

原爆投下から72年、国連で核兵器を人類史上初めて違法化し、悪の烙印を押す核兵器禁止条約が採択されました。我が国は唯一の核被爆国として、核兵器の廃絶を訴えなければならないと宣言する村山市の議会として、条約への署名批准を求める本請願に反対する理由を見出すことはできないはずであります。 総務文教常任委員会で発言なされた議員は、誰もが核兵器がなくなることを願っているとおっしゃいました。

天童市議会 2018-09-21 09月21日-04号

そして、長年にわたり、原爆写真展など平和を伝える運動に取り組み、核兵器のない世界の実現を望んでいます。 日本政府は核保有国と非核保有国の間の橋渡しをしながら実現していくんだという話もありましたが、これまでどのような努力をされたのか、目に見えない、まして核兵器禁止条約が出た後の態度といえば、批判こそあれ、賛同が得られていないのが現実であります。 

山形市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第3号 9月12日)

ことしの原爆の日では、広島市長崎市の市長がそれぞれの挨拶の中で、日本政府条約への賛同を求めるなど、被爆国の首長として与えられた機会を通じて核兵器廃絶へ大きく飛躍する力となる条約参加訴えています。  山形市は、広島市長崎市と同じ日本非核宣言自治体議会平和首長会議に加盟しています。

村山市議会 2018-09-05 09月05日-02号

ただ、残念なことにこのローズドーム、ちょっと定かでないんですが、平成10年あたりにつくられたということで、それから20年たっているわけですが、つるバラ、途中までしかなっていなくて、あそこにバラが咲けばすごくきれいだなと思うんですが、今の状態は広島の原爆ドームみたいになっております。観光客から見るとちょっと寂しいかなと思います。 

庄内町議会 2018-06-07 06月07日-03号

山形市や天童市などでは、平和事業として実行委員会を立ち上げ、原爆展、平和コンサートなどを開催されています。旧余目時代に、中央公民館小ホールで原爆展が開催されたと伺っております。 また、本町では、平和活動に携わる個人団体育成・支援はどう考えているのか、お伺いいたします。 次に、子育て支援についてであります。 

村山市議会 2018-03-06 03月06日-03号

広島、長崎への原爆投下から72年、核兵器のない世界の実現に大きな一歩を踏み出す歴史の転機を迎えています。広島で被爆したサーロー節子さんが、国連会議で「この日を70年以上待ち続けていました」と声を詰まらせた姿は、場内に大きな共感と感動を広げました。 この核兵器禁止条約の最も画期的な点は、核兵器歴史上初めて条約によって違法化したことにあります。

鶴岡市議会 2017-12-22 12月22日-06号

一命を取りとめても皮膚がめくれ、垂れ下がり、ひどいやけどを負ったことなど、直接の原爆被害者は三十数万人にも及び、この生涯脳裏から離れることのない地獄絵図のような状況を記し、現在も小中高の学校現場で語り継ぐ活動をされているところです。

酒田市議会 2017-12-21 12月21日-06号

日本では、古都京都の文化財、同じく奈良文化財、広島の原爆ドーム、それから、富岡製糸場等々がございます。世界遺産は、文化遺産自然遺産合わせて20というふうなことになっております。 次に、山形県最上川世界遺産を取り下げた経緯があるが、最上川という地の利を生かしまして、今後、酒田市が主になって世界遺産に向けて発信していく必要があるのではないかと、市の所見についての御質問がございました。 

高畠町議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第503回定例会第2号 本文

このような事態は絶対避けなくてはならないことは、あの原爆を体験した日本人であれば当然のことだと思います。  それには、私は対話の方向を考えてみるほうが賢明かと思っております。武力による解決は歴史的にもイタチごっこを招き、実践ともなれば一般庶民に悲惨な事態を及ぼすことを証明しているからでございます。  

天童市議会 2017-08-30 08月30日-02号

本市としましても、非核平和の考えを後世に伝えていくことは重要なことであると考えておりますので、本市非核平和都市推進事業として、原爆写真展や絵本の読み聞かせ等の平和活動を行う市民団体の活動に支援をしているところであります。 また、本年度からその事業期間に合わせまして、市庁舎に非核平和都市宣言をアピールする懸垂幕を掲げているところであります。 

天童市議会 2017-03-07 03月07日-03号

これは、核兵器のない世界を求める世界の平和運動の力であり、唯一の被爆日本被爆者を先頭に、当初から一貫して広島、長崎の実相を訴え核兵器の非人道性、残虐性を告発し、各地で原爆展などに取り組んできた市民運動の力でもあります。 本市においては、昭和38年に連邦平和都市宣言を行い、平成12年には非核平和都市宣言が制定されました。

小国町議会 2016-03-03 平成28年第2回定例会(第1日) 本文 2016-03-03

今例えば30人の新規就農者が年代的に小国にいるということであれば、たちまち数が減って、人口構成が原爆のキノコ雲みたいに細ってしまうわけですから、非常に心配であります。そういうことで、この者たちの定住を促進する、これは仕事と大きく関連がありますけれども、どういうふうになっているのか。  

山形市議会 2015-10-14 平成27年 9月定例会(第2号10月14日)

またこの間、平和の輪を広げるため、平和劇場平和コンサート、原爆展などの平和都市宣言事業や恒久平和を願う千年和鐘打鐘式を毎年継続開催しております。今後もこれらの取り組みを継続しながら、市民の皆さん一人一人とともに平和のとうとさを再認識し、平和の輪を広げてまいりたいというふうに考えております。  次に、双葉小学校の跡地利用についてであります。