661件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2019-12-13 令和元年12月定例会(第4号12月13日)

協議について  第20 議第 82号 令和元年度山形市一般会計補正予算  第21 議第 83号 令和元年度山形市国民健康保険事業会計補正予算  第22 議第 84号 令和元年度山形市後期高齢者医療事業会計補正予算  第23 議第 85号 令和元年度山形市介護保険事業会計補正予算  第24 議第 86号 令和元年度山形市母子父子寡婦福祉資金貸付事業会計補正予算  第25 議第 87号 令和元年度山形市区画整理事業会計補正予算

山形市議会 2019-12-11 令和元年予算委員会(12月11日)

最後に、議第87号令和元年度山形市区画整理事業会計補正予算については、当局の説明を了承し、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  以上で報告を終わります。 ○武田新世委員長 以上で各分科会委員長の報告は終わりました。  ―――――――――――――――――――― ◎質疑 ○武田新世委員長 これより質疑に入ります。  ただいまの委員長報告に対し、御質疑ありませんか。

山形市議会 2019-12-06 令和元年環境建設委員会(12月 6日 環境建設分科会・予算)

17分 場  所   第5委員会室 出席委員   渋江朋博、斉藤栄治、武田新世、中野信吾、菊地健太郎、        丸子善弘、遠藤吉久、斎藤淳一 欠席委員   なし 当局出席者  環境部長、まちづくり政策部長都市整備部長、        上下水道部長、関係課長 委員長席   渋江朋博 審査事項   1 議第82号 令和元年度山形市一般会計補正予算        2 議第87号 令和元年度山形市区画整理事業会計補正予算

山形市議会 2019-12-05 令和元年予算委員会(12月 5日)

第8款土木費第4項都市計画費のうち、区画整理事業への繰出金につきましては、後ほど同事業会計において御説明申し上げます。  街路事業に要する経費につきましては、今年度、本市域で実施される県施行の街路事業に対する事業費の負担金を計上したものであります。  続きまして、繰越明許費について御説明申し上げます。  議案書5ページ、事項別明細書は45・46ページをお願いいたします。  

山形市議会 2019-11-28 令和元年12月定例会(第1号11月28日)

3 諸報告  第 4 議第 82号 令和元年度山形市一般会計補正予算  第 5 議第 83号 令和元年度山形市国民健康保険事業会計補正予算  第 6 議第 84号 令和元年度山形市後期高齢者医療事業会計補正予算  第 7 議第 85号 令和元年度山形市介護保険事業会計補正予算  第 8 議第 86号 令和元年度山形市母子父子寡婦福祉資金貸付事業会計補正予算  第 9 議第 87号 令和元年度山形市区画整理事業会計補正予算

山形市議会 2019-10-29 令和元年全員協議会(10月29日)

2、実質赤字比率であるが、その内容は、一般会計及び区画整理事業会計からなる普通会計を対象として、実質赤字額の標準財政規模に対する比率をあらわしたものである。この比率は、赤字額から見た健全度を示す指標として位置づけられるものである。平成30年度決算の実質収支は黒字であるため、実質赤字比率は該当しない。  

山形市議会 2019-10-29 令和元年決算委員会(10月29日)

次に、区画整理事業会計については、当局の説明を了承しました。  次に、都市整備部関係について申し上げます。  まず、委員から、山形市橋梁長寿命化修繕事業について、目標値と実績値に開きがあるが、今後の整備計画はどうか、との質疑があり、当局から、施工時に想定外の損傷が発見されるなど、計画どおりに進まない状況であるが、対策区分で緊急に対策が必要な橋梁は、全て修繕が完了している。

山形市議会 2019-10-18 令和元年環境建設委員会(10月18日 環境建設分科会・決算)

区画整理事業会計  まちづくり政策課長の説明を了承し、全員異議なく認定すべきものと決定した。 【都市整備部関係】 3 議第58号 平成30年度山形市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について  〇一般会歳出 第8款土木費 第1項土木管理費、第2項道路橋りょう費、第3項河川費         第11款災害復旧費 第2項公共土木施設災害復旧費  関係課長から説明を受けた後、質疑に入った。

山形市議会 2019-10-17 令和元年決算委員会(10月17日)

次に、区画整理事業会計でございます。  表の最下段が歳入合計となりますが、予算現額は9億6,197万2,000円、1つ飛びまして、収入済額は9億6,197万2,217円となりました。  32・33ページをお願いいたします。表の最下段が歳出合計となりますが、支出済額は9億6,186万7,258円、1つ飛びまして、不用額は10万4,742円となりました。  

山形市議会 2019-06-26 令和元年予算委員会( 6月26日)

次に、委員から、山形ニュータウン事業関連公園整備事業について、蔵王みはらしの丘6号公園には、高齢者や障がいを持った方に配慮した遊具などは設置するのか、との質疑があり、当局から、市街地などの公園であれば、地域の方と協議し、設置することになるが、区画整理事業地内に整備される公園であるため、地元の方もいないことから、一般的な遊具を設置する予定である、との答弁がありました。  

山形市議会 2019-06-21 令和元年環境建設委員会( 6月21日 環境建設分科会・予算)

公園緑地課長  市街地などの公園であれば、地域の方と協議し設置することになるが、区画整理事業地内に整備される公園であるため、地元の方もいないことから、一般的な遊具を設置する予定である。 ○委員  地域と全体のバランスを考慮しながら、高齢者や障がいを持った方も楽しめるような公園整備を推進してほしい。  大要以上の後、議第42号の付託部分については、全員異議なく可決すべきものと決定した。

山形市議会 2019-05-17 令和元年 5月臨時会(第1号 5月17日)

 (3)観光及び物産に関する事項について  (4)農業畜産及び林業に関する事項について  (5)農水産物の流通に関する事項について  (6)農業地域環境整備に関する事項について  (7)教育に関する事項について  (8)その他産業文教委員会の所管に属する事項について 5 環境建設委員会  (1)環境保全及び清掃に関する事項について  (2)都市計画及び都市整備に関する事項について  (3)土地区画整理

高畠町議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第503回定例会第2号 本文

大きな3番目、定住促進と土地区画整理事業施策についてお聞きいたします。  人口減少の課題は、ほとんどの自治体、特に地方では重要な問題、我が町も当然にさまざま対策に取り組んでおるわけでございます。子育て支援や住宅建設の助成金制度など、確かにこれらは人口減少対策の一環として理解しているわけでございます。  

山形市議会 2016-12-07 平成28年予算委員会(12月 7日)

次に、議第78号平成28年度山形市区画整理事業会計補正予算については、当局の説明を了承し、全員異議なく可決すべきものと決定しました。  最後に、議第79号平成28年度山形市駐車場事業会計補正予算については、当局の説明を了承し、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。  以上で報告を終わります。 ○佐藤秀明委員長  以上で各分科会委員長の報告は終わりました。  

山形市議会 2016-12-02 平成28年環境建設委員会(12月 2日 環境建設分科会・予算)

    遠藤和典、川口充律、松田孝男、中野信吾、斉藤栄治、         小野 仁、斎藤武弘 欠席委員    なし 当局出席者   環境部長、まちづくり推進部長、上下水道部長、関係課長 委員長席    遠藤和典 審査事項    1 議第74号 平成28年度山形市水道事業会計補正予算         2 議第73号 平成28年度山形市一般会計補正予算         3 議第78号 平成28年度山形市区画整理事業会計補正予算

山形市議会 2016-12-01 平成28年予算委員会(12月 1日)

次に、区画整理事業会計への繰出金につきましては、後ほど同事業会計において御説明申し上げます。  街路事業に要する経費につきましては、今年度、本市域で実施されている県施行の街路事業に対する事業費の負担金を計上したものでございます。  続きまして、債務負担行為について御説明申し上げます。  議案書は6ページ、事項別明細書は47・48ページをお願いいたします。  

山形市議会 2016-10-05 平成28年決算委員会(10月 5日)

初めに、区画整理事業会計については、当局の説明を了承しました。  次に、駐車場事業会計について主な質疑を申し上げます。  委員から、地方都市機能を維持していくためには、公営駐車場の運営が重要だと考えるがどうか、との質疑があり、当局から、公営駐車場は、市有施設利用者への利便性の向上のほか、地方都市機能を維持するためにも重要な施設となっている。

山形市議会 2016-10-05 平成28年全員協議会(10月 5日)

前年度の8.9%に比べ、区画整理などの起債償還の減に伴い0.3ポイント改善している。  また、項目5の将来負担比率であるが、普通会計が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模を基本とした額に対する比率をあらわしたものである。これは、将来的に負担することになっている実質的な負債の比重から見た健全度を示す指標と位置づけられている。

山形市議会 2016-09-27 平成28年環境建設委員会( 9月27日 環境建設分科会・決算)

区画整理事業会計   都市政策課長の説明を了承し、議第62号の付託部分のうち区画整理事業会計については、全員異議なく認定すべきものと決定した。  〇駐車場事業会計   道路維持課長から説明を受けた後、質疑に入った。その主なものは次のとおり。 ○委員   公営駐車場の本来の目的をどう捉えているか。 ○道路維持課長   市民へのサービスであり、地域の利用者の利便性が第一である。