312件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小国町議会 2019-12-05 令和元年第7回定例会(第1日) 本文 2019-12-05

任期は1年以内の職員で、勤務時間が常勤職員と同じフルタイム職員、常勤職員より短いパートタイム職員の2種類であります。  給与に関しては、フルタイム職員は給料、パートタイム職員は報酬として位置づけられること。また、フルタイム職員及び一定の勤務時間数を超えるパートタイムの職員についても期末手当を支給することなど、国のマニュアルに沿った制度設計を行ったところです。  

高畠町議会 2019-09-30 2019-09-30 令和元年第513回定例会第4号 本文

審査に際しては、委員から、フルタイム会計年度任用職員勤務時間の取り扱いはとの質疑があり、当局から、正規職員と同じ週38時間45分であり、それよりも勤務時間が短ければパートタイム会計年度任用職員となるとの答弁がありました。また、委員から、常勤の正規職員が望ましいと判断された職はなかったのかとの質疑があり、当局から、そういった判断には至っていないとの答弁がありました。  

山形市議会 2019-06-24 令和元年総務委員会( 6月24日)

職員課長  正職員会計年度任用職員のどちらが担うべきか、業務の質と勤務時間である量の面から職の整理を行うことが求められてきており、今後、精査していく必要がある。 ○委員  行政とのかかわりの中で、特に農業の分野では、市職員は現場に顔を出さず、行政管理の面しかないとの声をよく聞く。今回の制度導入で、今まで以上に現場には正職員が来なくなり、会計年度職員しか来なくなるのではないか。

高畠町議会 2019-03-22 2019-03-22 平成31年第509回定例会第5号 本文

初めに、議第31号 高畠町職員勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを申し上げます。  本案は、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律公布に伴い、条例の一部を改正する必要が生じたことから提案されたものであります。  審査に際しては、委員から特に質疑はなく、当局の説明を了承し、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  

山形市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第5号 3月19日)

整備等の促進に関する法律            に基づく特定事業に係る契約締結について  第27 議第20号 山形市中小企業振興条例の設定について  第28 議第21号 山形市認定こども園の認定の要件に係る基準並びに施設設備及            び運営に関する基準を定める条例の設定について  第29 議第22号 山形市保健衛生関係手数料条例の一部改正について  第30 議第23号 山形市職員勤務時間

山形市議会 2019-03-11 平成31年総務委員会( 3月11日)

時00分〜11時52分 場  所    第2委員会室 出席委員    武田新世、川口充律、佐藤亜希子、小野 仁、菊地健太郎、         斎藤武弘、鈴木善太郎、遠藤吉久 欠席委員    なし 当局出席者   総務部長、財政部長、企画調整部長消防長、関係課長等 委員長席    武田新世 審査事項    1 議第18号 包括外部監査契約締結について         2 議第23号 山形市職員勤務時間

高畠町議会 2019-03-06 2019-03-06 平成31年第509回定例会第2号 名簿

日程第11 議第25号 平成31年度高畠財産特別会計予算 日程第12 議第26号 平成31年度二井宿財産特別会計予算 日程第13 議第27号 平成31年度屋代財産特別会計予算 日程第14 議第28号 平成31年度和田財産特別会計予算 日程第15 議第29号 平成31年度高畠町病院事業会計予算 日程第16 議第30号 平成31年度高畠町水道事業会計予算 日程第17 議第31号 高畠町職員勤務時間

高畠町議会 2019-03-05 2019-03-05 平成31年第509回定例会第1号 本文

べさせていただくほか、提案を申し上げます案件は、道路標識柱による車両損傷事故に伴う損害賠償の額を定める専決処分の報告についてなどの専決処分の報告案件が2件、人権擁護委員候補者の推薦についてなどの人事案件が4件、通学用マイクロバスの購入についての財産の取得案件が1件、平成30年度高畠町一般会計補正予算(第5号)などの各会計補正予算案件が13件、平成31年度高畠町一般会計予算などの各会計予算案件が15件、高畠町職員勤務時間

山形市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第3号 2月27日)

しかしながら、授業を行う期間において勤務時間が現在よりも長時間化したり、多くの残業を認めたりする懸念があること、子育て介護といった教員個々の事情などに考慮しなければならないといった課題もあります。今後、総合的に教職員の働き方を見直す取り組みの状況を見きわめながら慎重に検討してまいりたいと思います。長時間労働の抜本的な改善策は、教職員定数の改善にあると考えております。

山形市議会 2018-12-14 平成30年全員協議会(12月14日)

教育長   部活動も含めて中学校教員の約6割が平均勤務時間が11時間を超え、過労死水準だという新聞報道があったことは記憶に新しいことだと思う。教員の多忙化は全国的に限界に来ていると認識しているところであり、給食を3〜4分で食べ終わらせ、すぐに事務を行うことが常態化しているなど、そのようなことも現場で起きていると感じている。  

庄内町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月07日−03号

「1日当たりの学内勤務時間は、平日にあっては1時間15分、土日にあっては1時間7分」、それは10年前、だから平成18年度と比べると、平日だったら43分、土日だったら49分と、これ現実また増加しているということあるわけです。そしてまた、過労死ラインと言われている1ヵ月80時間以上の勤務実態、それは全国の教員の中で1%ぐらいの数値だそうです。ただ、これ中学がぐっと増えて8.5%になる。

庄内町議会 2018-03-19 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月19日−06号

平成29年度予算の中で、一般職非常勤職員勤務時間を正規職員の4分の3以下に抑えないと違法になる、法律に触れるという間違った解釈から、本来削減する必要のなかった一般職非常勤職員の皆さんの勤務時間と報酬を15%削減した。このことについて、我々は、一般職非常勤職員の皆さんの生活の糧を奪ってしまう、そして何よりも、このことが原因で行政サービスに深刻な影響を与える恐れがある。

庄内町議会 2018-03-13 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日−02号

社会教育課長 今委員からございましたとおり、公民館主事一般職非常勤職員になるわけですが、今年度から勤務時間が短縮されたということで、これまで同様の事業を展開するということは非常に厳しいと考えておりまして、やはり公民館の事業につきましては見直しをしなければならないということでございます。そういった中で、一つは参加人数が少ない事業。あるいは、他の機関でも同様のことを行っている事業。

庄内町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−01号

教育課長 まず年間の勤務時間数ですが、先程目安として週4日の42週で1日2時間ということが根拠になっておりますが、年間にしまして336時間、この範囲内で学校で年間の活動日を設けて、それに合わせて勤務していただくということになります。  先程教育長からありましたとおり、平日だけあるいは土日だけということもありますので、そこは学校裁量で勤務していただく日を設定していただくということになります。