運営者 Bitlet 姉妹サービス
2312件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 山形市議会 平成30年厚生委員会(12月13日) ○委員   労働者や地域の企業に悪い影響を与えないようにしてほしい。 ○委員   地域の方やボランティア団体等がイベント等で体育館を専用使用したい場合、夜間のみ利用可能となるのか。 ○こども保育課長   べにっこひろばでは、幼稚園や保育園の遠足、子育てサークルのイベント等での利用に限定し、日中の体育館の専用利用を認めており、南部の児童遊戯施設でも同様の取り扱いをしたいと考えている。 もっと読む
2018-12-11 山形市議会 平成30年厚生委員会(12月11日) ○委員   介護従事者の労働環境改善と地域間格差の是正は必要と考えるため願意妥当である。  大要以上の後、請願第8号(30)について採決した結果、賛成多数で採択すべきものと決定した。なお、意見書の原案の作成については正副委員長に一任し、12月14日の全員協議会終了後に委員会を開催の上、案文について協議することとした。 もっと読む
2018-12-07 小国町議会 平成30年第8回定例会(第2日) 本文 2018-12-07 一つには、労働力といいますか社会に出て働いていただくという活躍もございますし、今議員からおっしゃられたように、社会的ないろいろな活動もあろうかというふうに思います。   もっと読む
2018-12-06 小国町議会 平成30年第8回定例会(第1日) 本文 2018-12-06 多くの日本人の労働の場である企業に対しては、国は活動しやすいような良好な環境を提供するという暗黙の了解があったんだそうです。  そのころ、この暗黙の了解は、日本の成長の原動力でありましたけれども、その前提が音を立てて崩れ始めたと。1995年ですよ。企業は外国に出ていく。働く場はなくなる。一生懸命働く意欲があっても、収入がふえないと、こういう状況になってきた。 もっと読む
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 この働き方改革法の大きな目的は一億総活躍の実現、つまり、将来の労働力を確保するために、政府が掲げた次の3つの政策の実現を目指していると言われております。  1つ目は、女性や高齢者の社会進出の促進により、働き手をふやす。2つ目は、出生率を上げて将来の労働力のもととなる人口をふやす。3つ目は、労働生産性を上げることであります。  いずれも今日本が直面している大きな課題と言えます。   もっと読む
2018-12-04 高畠町議会 2018-12-04 平成30年第508回定例会第1号 本文 第5款労働費第1項労働諸費に40万8,000円の追加計上。  第6款農林水産業費第1項農業費に1,566万4,000円の追加、第2項林業費から11万5,000円の減額をし、合わせまして1,554万9,000円の追加計上。  第7款第1項商工費から711万6,000円の減額計上。   もっと読む
2018-12-04 高畠町議会 2018-12-04 平成30年予算特別委員会 本文 〔当局の説明省略〕 委員長(小松政一) 続いて、第5款労働費、第6款農林水産業費及び第7款商工費について説明願います。八巻商工観光課長。               もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) また、会計年度任用職員制度の導入に向けた事務処理マニュアルでは、「同一労働同一賃金ガイドラインの案を踏まえ」としています。自治体によっては、財政難を理由に期末手当や退職手当を支給しないのではないかとも言われています。 このような一般的に言われている課題含め、この制度改正をきっかけに雇いどめや労働条件の改悪を行うことのないよう、よりよい制度導入を酒田市として目指していただきたいと思います。  もっと読む
2018-09-28 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号 厚生労働省の調査によると、2017年の保育士の平均賃金は月22万9,900円で、全産業平均より10万3,900円低く、政府は待機児童問題が解消しないのは処遇に問題があり、深刻な保育士不足を招いていると認識しているとのことです。    もっと読む
2018-09-27 鶴岡市議会 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月27日−02号 初めに、議第68号、一般会計歳出、4款衛生費、3項環境保全費、2目環境保全対策費のうち、下水道事業会計負担金及び出資金、4項上水道費並びに5款労働費では質疑なく、次に6款農林水産業費に入り、地域定住農業者育成プロジェクト事業について、農業や食と農にかかわる仕事に携わるなどして地域に定住して農業に取り組んでいる人の状況は、また若い人たちが夢を持ってこの鶴岡の地で農業、あるいは食文化等にかかわっていけるような もっと読む
2018-09-27 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月27日−05号 次に、同一労働同一賃金であれば、それぞれの地域の労働条件によって労働者に格差が生じないように最低賃金を確立していく、底上げをしていくということも可能かと考えるがとの紹介議員への質疑に対して、隣国の韓国の事例であるが、韓国においては全国一律の最低賃金を確立しているとともに、中小企業支援策としても30人未満の企業の支援策を発表しており、5年間の最低賃金引き上げ率7.4%を上回る分の人件費を直接支援するというような もっと読む
2018-09-18 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月18日 厚生分科会・決算)    田中英子 審査事項   1 議第61号 平成29年度山形市一般会計及び特別会計歳出               決算認定について      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 【子育て推進部関係】 1 議第61号 平成29年度山形市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について  〇一般会計歳出 第3款民生費 第2項児童福祉費(第1目〜第6目)          第5款労働もっと読む
2018-09-14 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月14日 厚生分科会・決算) そのときの妥当性を示す説明として、8西病棟の看護師等を外来やほかの病棟に回すことにより、職員の労働条件がよくなるとのことであったが、現在、職員の月8回夜勤は守られ、有給休暇が取りやすくなるなど労働条件は改善しているのか。  外来診療や面会などに訪れた方への市営済生館前駐車場の駐車料金の助成費用について、以前は一般会計から数億円の補助があったが、現在はどうか。 もっと読む
2018-09-12 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−03号 だんだん大型化してきているというような部分もありますし、また今後は集積から集約と、やっぱり貸し借りをしてなるべく広い田んぼをできるように、耕作できるように、貸し借りなどを進めていきたいというふうに思っていますし、また、特に果樹のほうをはじめとした畑のほう、そちらのほうが前年より3.2ポイントは上昇しているというようなことでありますけれども、やはり果樹の貸し借り、そちらのほうがなかなか経営規模の拡大が労働集約型 もっと読む
2018-09-11 高畠町議会 2018-09-11 平成30年決算特別委員会 本文 〔当局の説明省略〕 委員長(伊澤良治) 続いて、第5款労働費及び第6款農林水産業費について説明願います。八巻商工観光課長。              〔当局の説明省略〕 委員長(伊澤良治) 深瀬農林振興課長併任農業委員会事務局長。               もっと読む
2018-09-11 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号 さて、最後の質問ですけれども、厚生労働省は地域の特性を生かした休暇取得促進のための環境整備事業を展開しております。鶴岡市には、多種多様な地域文化が根づいておりまして、大事にしたい地域の伝統あるいは文化は、人それぞれでございます。 もっと読む
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 そうした中で、働き手の一つとして市内のいわゆる潜在的労働力としてある労働力としては、例えば議員からございました、そういった障害者の方もいらっしゃいますし、あるいは専業主婦の方でちょっとした時間だったら働けるんだけどという方もいらっしゃいます。そういったものを丁寧に掘り起こしながら、農業者とマッチングを進めていくということが今後必要な施策だなというふうに認識してございます。    もっと読む
2018-09-07 高畠町議会 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文 次に、厚生労働省が6月27日に、ここにも、答弁にも出ていましたが、いわゆる生活保護者、今年度の4月からですね、保護者にもクーラーの設置のために5万円の補助金を出すというふうになったわけですね。私はこれはね、画期的な転換だと思います。今までは生活保護は車もだめ、貯金もだめと、こう言ってきました。確かにそういうことはあります。 もっと読む
2018-09-07 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号 やはり優先順位をつけながら整備を進めてきたという経過があるということで、職員室については、ある校長先生によっては、「校長室よりも先に職員室に付けてくれよ」といった計らいをしてくれた校長先生もいらっしゃったということで記憶しておりますし、やはり職員の労働環境の整備ということで、子どもたちは確かに教室で先生と一緒に授業をしていますので、その間は職員はずっと冷房のないところに子どもたちと一緒、同じ条件でいるわけであります もっと読む
2018-09-06 高畠町議会 2018-09-06 平成30年第507回定例会第1号 本文 さらに、働き方改革による、就労しやすい環境の整備や非正規労働者の処遇の改善、そして長時間労働の是非や柔軟な働き方の導入など、余暇時間の拡大に向けた取り組みは個人消費の拡大に寄与し、内需を中心とした経済成長の実現につながることが期待されております。   もっと読む