218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-13 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

あと、委員おっしゃったような悪意といいますか、保護受給要件にならないんではないかというような方はいないように、担当としても訪問するなり調査するなどして、鋭意毎日努力をしているところでございますが、今後も漏れのないように、生活保護に対しては行政として対応していきたいと思いますので、もし何かあれば、委員の方々からも御助言協力などいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

庄内町議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号

空き家の問題は多岐にわたるということから、強制代執行に至る前に、今後も空き家相談会を開催し、所有者、管理者が不動産業者、司法書士などの専門家からの指導助言の機会を設けるとともに、地元の行政区長と連携し、定期的な空き家情報の提供や台風・強風時の状況確認など、空き家の見守りへの協力もいただけるような体制を今後構築していきたいというふうに考えているところでございます。

庄内町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

町の助言や支援がさらに重要になってくるではないかと思っておりますが、今後の支援等、町の考えを示していただきたいと思っております。  以上で、1回目の質問といたします。 ◎町長 それでは、國分浩実議員の方にお答えをいたしたいと思います。  1点目のふるさと応援寄附金の基金についてということでございました。

庄内町議会 2018-03-13 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日−02号

◆國分浩実委員 平成29年4月1日に総務大臣通知として、ふるさと納税における返礼品のあり方としての助言があり、全国的に見直しを図る動きがあるようですし、各地で、特に換金性の高い市町村によってはパソコン・家具・楽器、そういったものを返礼品とされているところがあるようで、そういった換金性の高いものについての指摘だと思いますが、そのような見直しを図る動きがあるということでありました。

天童市議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

5、障がいを理由とする差別に関する相談について、相談者への助言や関係機関との連絡調整などを行う相談体制を整備します。  法律施行されてから1年8カ月ほどなりましたが、今のところ、ここの中で取り組んだものはあるのでしょうか、お願いいたします。 ○赤塚幸一郎議長 小川健康福祉部長。 ◎小川博史健康福祉部長 お答え申し上げます。  

天童市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

ふるさと応援寄附に係る返礼品については、本年4月に国から、各自治体間における過度な競争を是正するための技術助言がなされております。これを受け、本市では9月1日から高額な返礼品の廃止や返礼割合の見直しなど、通知に沿った内容に変更しております。  今年度のふるさと応援寄附の状況につきましては、前半、変更前の駆け込みが見られ、8月末までの寄附件数及び金額は、ともに前年同期比約3割の増でありました。

庄内町議会 2017-09-13 平成29年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号

いじめ問題専門調査委員会に関しましては、年1回専門家の先生から来ていただきまして、町のいじめ防止の取り組みについてご説明をさせていただき、それについて専門家それぞれの視点で、取り組みについてのご指導、ご助言をいただいているところであります。 ◆石川武利委員 ただいまご答弁いただきました。  次に、年2回ほど実施している、子どもを対象にした、いじめに対するアンケート調査ございましたよね。

庄内町議会 2017-09-08 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月08日−04号

しかし、この問題について、2002年3月19日の参議院厚生労働委員会での、日本共産党井上美代参議院議員と堤政府参考人、坂口厚労大臣との論戦の中で、政府は「この三原則は助言、勧告であり、自治体が従う義務はない。やめろとまでは言っていない。」と明言しました。このときのやりとりを議事録から再現したいと思います。  

天童市議会 2017-09-06 平成29年  9月 決算特別委員会-09月06日−02号

もう一つのいじめ専門委員会のほうでは、心理学弁護士、お医者さんなど専門の方々ですので、実際、天童市の中の典型的ないじめの事例を幾つかお示しして、そこに対する指導のあり方がどうあるべきか、あるいはこのように指導したんだけれどもどうかというところの評価をいただいたり、助言をいただき、それを学校に返しました。

天童市議会 2017-08-30 平成29年  9月 定例会(第3回)-08月30日−02号

また3つ目として、放課後児童支援員等が子どもとかかわる際の共通認識を得るために必要な項目を充実させたと言っておりまして、各市町村において、この運営指針に基づき放課後児童クラブが適正、円滑に事業運営されているかを定期的に確認し、必要な指導助言を行い、一定水準の質の確保・向上が図られるよう尽力いただきたいというふうなことを、最初に言っておられたわけであります。  

天童市議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月16日−03号

その理由は、山形市の場合、勧告や助言、あっせんなどの行政措置については盛り込んでいないためです。これは、さまざまな場面や問題があるために、一律に定義することは難しいとの判断からのようです。山形市では、今後の法律の見直しなど社会情勢を踏まえて再検討することにしているとのことです。  

庄内町議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月16日−03号

幹部OBの纏友会、並びに団長、副団長経験者の消親会につきましては、消防団の事業、年間で春季演習とか操法大会とかありますが、その際に案内を出しまして、見ていただいておりますし、その後の懇親会の方も案内も出しまして、一緒に酒を酌み交わしながら、交流や叱咤激励、助言等をいただいていると考えております。 ◆1番(石川武利議員) 私もそういったいろんな形でかかわりを持っているわけです。  

天童市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月15日−02号

教育委員会としても、より社会に開かれた教育活動が実践されるよう助言してまいりたいと考えております。 ○鈴木照一議長 熊澤光吏議員。 ◆1番(熊澤光吏議員) それでは、順を追って再質問をさせていただきます。  今、御答弁いただいた内容と重複する部分があるかと思いますが、何とぞ御理解いただければと思います。  まず初めに、将棋教育的価値についてお聞きいたします。  

庄内町議会 2017-06-13 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月13日−01号

でも、こういうことを充実させるには、住みやすい地域づくり交付金云々といろいろ町の支援はありますが、それは2分の1ですから、高額のものに入れるためにはこのコミュニティ助成に手を挙げて採択を受けるということは大変いいことだと思うんですが、4年かかっていろんな苦心をしてこういうふうになったことについて、町の危機管理の方とかが指導に入ったり、助言、アドバイスしたり、タイアップした経緯とか、相談がかけられてこうだったとかというご

庄内町議会 2017-04-18 平成29年  4月 全員協議会-04月18日−01号

私、リハビリにずっと行っておるわけですが、3月に入ってからは週に3回ということで、まだ本当に思わしくないということで、あまり日を空けるとだめですよというような先生からの忠告がありまして、その日が局長とお話、以前に早く終わればいいのではないですかというような、そういうご助言もありまして、そういうふうにして提出をしましたが、その中で議事が早めに終わらなかったので、それでお昼休み、病院の方にその日の診察を

庄内町議会 2017-03-21 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月21日−06号

当初計画で、町はCM方式により設計及び施工管理を行うとしていましたが、地元企業参加やコスト面などから、公的機関山形県建設技術センターに変更して、町への助言を求めて進めてまいりました。平成29年度予算に、最終的な基本設計に基づき、実施設計を行うべき予算が提案されました。  実施設計が進められますと、変更が難しいのが現実であります。

庄内町議会 2017-03-15 平成29年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号

そのシンポジウムの中でも、インバウンド対策について、舟下りの社長あるいは近畿日本ツーリストの担当の方々からも、いろいろ考えられるということでご助言、ご指導もいただいておりますので、そういう広域連携事業も含めてソフト事業については推し進めていきたいというふうに思います。