運営者 Bitlet 姉妹サービス
1384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 小国町議会 平成30年第8回定例会(第1日) 本文 2018-12-06 また、国では水稲共済の支払いに特例を適用する措置を講ずることを、今月に入って打ち出しましたので、情報の収集を進め、農家等に周知したいと考えております。  米を初め中山間地域での農業経営は、平坦部と比較し収量、コストの面からも厳しい環境にありますが、風土に根ざした経営戦略をもって、持続可能な農業を引き続き実践していただくよう、農業経営者の皆さんの活躍に期待を寄せております。   もっと読む
2018-12-04 高畠町議会 2018-12-04 平成30年予算特別委員会 本文 8 番(数馬治男) それから、12ページの19款の1目雑入ですけれども、上の建物損害共済金、当初1,000円で9月に849万6,000円という増額補正をしたんですが、共済金は確定したから9月に上がったのかなと思ったんですが、今回250万円ほど減っていますけれども、その辺の理由についてお聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) その結果、農業共済、つまり収量減が予想される場合、刈り取る前に申請の後、刈り取る前に水田調査をするという農業保険手続をしなかった生産者が出ました。この稲刈り直前の時期の作況指数情報は非常に重要であると考えますが、所見をお伺いいたします。 また、秋の実際の収穫量に対して8月15日調査、8月31日の発表は余りにも真逆な指数が示されております。 もっと読む
2018-10-12 小国町議会 平成30年第7回臨時会(第1日) 本文 2018-10-12 そうした中、山形県の農業共済組合のほうに被害申告を行っている農家につきましては12戸で35ヘクタールというような状況になっていると伺っております。  そういった中で、非常にことしの作柄につきましても、昨年度と同様に、今議員がおっしゃられるように、1俵ないしは2俵以上の落ち込みが見込まれているということで、非常に深刻に捉えているところでございます。   もっと読む
2018-09-12 鶴岡市議会 平成 30年  9月 予算特別委員会-09月12日−01号 9款1項2目非常備消防費96万2,000円は、消防団員等公務災害補償等共済基金の助成決定に伴う耐切創性手袋の購入経費であります。   10款3項3目学校建設費1億2,689万3,000円は、鶴岡第三中学校の北工区外構工事を前倒しで実施するものであります。    もっと読む
2018-09-12 鶴岡市議会 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月12日−01号 これは、給与改定による支出額の増加と共済追加費用の増加によるものでございます。材料費は22億9,428万円で、前年度に比べ2,828万円、1.2%増加となっておりますが、これはがん治療薬などの高額な医薬品の使用により、薬品費が増加したことなどによるものです。経費は28億2,002万円で、前年度に比べ235万円、0.1%減少となっております。 もっと読む
2018-09-11 高畠町議会 2018-09-11 平成30年決算特別委員会 本文 こちらにつきましては、教職員の方々あるいは町職員というようなことで雇用形態がそれぞれちょっとあるわけなんですけれども、保険制度、共済組合の保険制度が違っておりまして、人間ドック等々の申し込みというようなことで町主催、要するに教育委員会主催で受ける場合と教育委員会の主催で受ける場合等々、これもまた年度末まで最終調整ができないというような部分がございまして、結果残が残るというようなこともございます。 もっと読む
2018-09-06 高畠町議会 2018-09-06 平成30年予算特別委員会 本文 それからあと、次の12ページの雑入ですけれども、先ほど総務課長からお話があったんですが、建物損害共済金、当初1,000円程度だったんですが、今回849万6,000円ということで、これは行政防災無線に落雷したのか何だかですが、結構いろいろなところに無線があるわけで、何か避雷針とか、そういうことで落雷防止みたいなことができないものかどうかですけれども、行政無線に落雷したということで理解してよろしいか。 もっと読む
2018-09-05 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月05日−01号 次に、歳出の状況でありますが、まず、義務的経費につきまして、人件費は、定員適正化を進めたものの、市長選挙、市議会議員選挙に伴う時間外勤務手当の増や地方公務員共済組合等負担金の増があり155万円の増、扶助費は、臨時福祉給付金の関連事業や児童手当支給費などの減により4億4,890万3,000円の減、公債費は、近年繰上償還に積極的に取り組んできた効果もあり8,034万7,000円の減となり、合計では5億2,770 もっと読む
2018-09-04 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号 2款1項総務管理費は、1目一般管理費で8月1日より採用の職員2名分の人件費として給料、職員手当等、共済費の各節に計596万円を追加。また、会計年度任用職員制度導入のための運用方針調査や例規整備等のため例規整備支援業務委託料162万円を補正するものでございます。5目財産管理費は、本庁舎等整備事業にあたり文書棚の移設や不要物品等を処分するための作業手数料90万円を追加するものでございます。 もっと読む
2018-06-08 庄内町議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月08日−04号 乳牛及び和牛を放牧する際に、家畜共済の加入を義務づけるこの条例第12条第4項の趣旨を変えるものではありません。  それでは、新旧対照表により説明いたしますので、新旧対照表をご覧ください。  第12条第4項中「農業災害補償法」を「農業保険法」に改めるものでございます。  議案に戻っていただきまして、附則でありますが、この条例は、公布の日から施行するものとするものであります。以上でございます。 もっと読む
2018-04-27 天童市議会 平成30年  4月 臨時会(第1回)-04月27日−01号 それから、この国保のほかに、市民の皆さんはいろんな保険、市の職員は地方公務員共済組合ですか、それによって負担している。 もっと読む
2018-03-23 天童市議会 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月23日−資料 (1) 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。) もっと読む
2018-03-07 鶴岡市議会 平成 30年  3月 予算特別委員会-03月07日−02号 第5条は予算流用の規定でありますが、各項間の経費を流用できる場合を定めるものであり、給料、職員手当等及び共済費に限って過不足が生じた場合に同一款内での流用ができることと定めるものであります。   9ページをお開きください。第2表、債務負担行為について御説明いたします。 もっと読む
2018-03-06 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月06日−04号 藤島エコタウンセンターは、旧庄内中央農業共済組合跡地の活用として平成17年5月に開設をいたしました。エコタウンセンターは、人と環境にやさしいまちづくりのシンボル的な施設として、1つは直売施設、2つに加工品づくりや新エネルギー活用の地場産業拠点施設、3つに市民が自由に活用できるスペースなどを位置づけました。 もっと読む
2018-03-06 庄内町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−01号 14ページ、3款2項2目任意事業費において、当初給付の適正化を図るため、マネジメント、ケアプランによるサービスと請求明細書の突合等の確認作業をパート職員で予定しておりましたが、国保連合会での対応が可能となったため、1節報酬139万1,000円及び4節共済費23万7,000円を減額。7節賃金は、介護給付実績通知発送に係るパートタイム職員の賃金10日分を補正するものでございます。   もっと読む
2018-03-05 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月05日−03号 総括質問ではセーフティーネットとしては共済制度と来年度からの収入保険制度の選択性ということですが、また県の支援策の発動を被害額10億円から引き下げの方向ということですが、現時点で発動される可能性と支援策の内容、共済制度と収入保険制度の概要について伺います。 ◎農林水産部長(渡邊雅彦) ただいまの再質問についてお答えいたします。    もっと読む
2018-02-28 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-02月28日−01号 3つ目には農協、これを信用や共済事業、これらから撤退を求めることや準組合制度の見直しを図ろうとしております。また、食料増産と国内自給率向上、これには逆行するWTOやTPPの促進、これらをしようとしております。 もっと読む
2018-01-24 庄内町議会 平成30年  1月 全員協議会-01月24日−01号 4節 共済費については、議員共済会給付費負担金が1,512万8,000円で、164万2,000円の減です。これは、負担率が39.7%から38.2%へ引き下げられたことと、積算の基礎となる平成30年4月1日現在の在職議員数が1人欠員であるためです。   もっと読む
2017-12-22 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月22日−06号 なお、経費については、公益社団法人全国市有物件災害共済会の自動車損害共済において全額補填されるものであります。   提案説明の後、質疑に入りましたが質疑なく、質疑を終結し討論に入りましたが討論者なく、討論を終結し採決の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。   次に、議第94号 指定管理者の指定について(史跡旧致道館)の審査を行いました。 もっと読む