16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

山形市議会 2017-12-06 平成29年12月定例会(第3号12月 6日)

医療健康食品等々含めた企業誘致、大変これから先ほどの話もありましたけれども新しい産業団地ができれば、そういったものもというところの期待感はありますが、現在、その診療開始に伴って、そういった問い合わせとかそういったものというのはある程度来てるのかなとも思うのですけれども、それの状況もあわせて商工観光部長にお尋ねします。この2点、市長と商工観光部長、お願いします。

山形市議会 2015-12-02 平成27年12月定例会(第3号12月 2日)

まず、実際の重粒子線に関連する最先端の医療や、医療産業、あるいはものづくりにかかわる部分、また製薬会社あるいは健康食品産業等、関連する産業を集積することによって新たな雇用を生み出していきたいというふうに考えております。  また、最先端の治療を受けに来る人、あるいはその家族、あるいは研修や研究

山形市議会 2014-09-24 平成26年決算委員会( 9月24日)

次に、委員から、平成25年度に1,786件の消費生活相談があったが、内容はどうか、との質疑があり、当局から、平成25年度は、健康食品の送りつけ商法劇場型勧誘手口の買え買え詐欺海外のネット通販のトラブルなどの相談が多かった。また、アダルトサイトのワンクリック詐欺架空請求も年代を問わず多かった、との答弁がありました。  次に、委員から、出前講座などの学習会を行っているが、被害はなくならない。

山形市議会 2014-09-12 平成26年厚生委員会( 9月12日 厚生分科会・決算)

消費生活センター所長   平成25年度は、健康食品の送りつけ商法劇場型勧誘手口の買え買え詐欺海外ネット通販トラブルなどの相談が多かった。また、アダルトサイトのワンクリック詐欺架空請求も年代を問わず多かった。 ○委員   相談の中で未然に防いだものもあったと思うが、実際に被害に遭ったケースはどれくらいあるのか。

山形市議会 2013-09-13 平成25年厚生委員会( 9月13日 厚生分科会・決算)

消費生活センター所長   ワンクリック詐欺を含めた不当請求関係が476件、健康食品関係が96件、アパート退去関係が89件、配水管清掃住宅リフォーム関係が50件、雨樋修理が54件、中古自動車関係が46件、インターネット通信サービス関係が44件、預貯金・証券関係が38件、融資サービス関係が153件、アダルトサイト関係が311件、多重債務が167件などとなっている。

庄内町議会 2008-03-10 平成20年  3月 定例会(第2回)-03月10日−05号

カレーイスとか、おじやと言うんですか、ご飯にぶっかけたようなものですけれど、健康食品だということで大分宣伝していますけれど、その中に使用されているお米、これが「月山まんま」というんです。西川町でやっているんですけれど、私も聞いていますと、独り言、「月山、月山、これは庄内町の山だぞ」と思いながら、カレーイスとおじやを食べてきましたけれど、月山と取られてちょっと悔しい思いもしてきましたが。

高畠町議会 2007-10-04 2007-10-04 平成19年第438回定例会第3号 本文

政令指定商品制の廃止が載っているが、具体的にどのような商品を言っているのかとの質問が出され、紹介議員より、指定商品のことはわからないが、弱者を守るため、多少の弊害があっても、弱い者がだまされるような仕組みの今の制度は改めてもらいたいと考えているとの説明があり、補足として行政側より、特定商取引法に規定する販売業種に係る商品というものがあるが、寝具、ふとん、健康器具関連、浄水器エステティック、学習教材健康食品

庄内町議会 2006-09-11 平成18年  9月 定例会(第5回)-09月11日−03号

いつでも、なんでも、好きなだけ食べられる時代になっておりますが、テレビなどでは健康食品のコマーシャルをはじめとし、グルメ番組の花盛りが多く見られ、食や食材に関する情報がふんだんに提供されており、飽食の時代と言われて久しいのでありますが、しかし、一方で食をめぐるさまざまな問題が指摘されるようになっております。そこで国では佐藤議員さんがご指摘のように、食育基本法が制定されたわけであります。

高畠町議会 2001-12-11 2001-12-11 平成13年第396回定例会第2号 本文

連日のごとく掲載される1ページ抜きの健康食品栄養剤の新聞広告、有酸素運動を行うためのトレーニングマシンの売り込みのための折り込みチラシや通信販売等で送り込まれるカタログを見ても、そうした世相をうかがい知ることができると思います。  折しも先日、ある中年の女性の方からお電話をいただきました。「議員さんよし、もっと身近ところで気軽にスポーツに親しめることができるような施設がないもんだべがす。

山形市議会 2001-03-09 平成13年産業文教委員会( 3月 9日 産業文教分科会・予算)

また,作った作物をどのように消費していくかという時に,今,健康食品がブームで,プロテインの効果が話題であるので,業者と提携して大豆の消費を拡大をするなど,発想を変えて農業振興に取り組むべきと思うがどうか。 ○農政課長   農協などと連携し,消費拡大に取り組んでいきたい。 ○委員   今,東南アジア等からいろんな農産物が入ってきている。

山形市議会 1999-06-07 平成11年 6月定例会(第2号 6月 7日)

従いまして,山形市の顔としての,紅花でありますので農産物の紅花ということばかりでなく,もっと広く紅花の成分分析などを行い,健康食品健康飲料等の商品として販売されるように調査,研究を依頼するなどして,後継者が育つ紅花栽培を推進する必要があると考えますが,市長はいかがなお考えでしょうか。お伺いします。  

高畠町議会 1998-12-10 1998-12-10 平成10年第371回定例会第1号 本文

小さいときから生涯教育の中で高畠町の健康食品年齢に応じた食品の開発、それには栄養学権威を招致をし、何を食べ何をつくっていくか。全国にも誇れる有機農業がある。有機農業栽培の生産物は主に県外、町外に出ていくのではちょっと考えさせられるのではないでしょうか。げんき館をつくりましたが、中身は余り変わっていない。

  • 1