運営者 Bitlet 姉妹サービス
437件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-11 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−02号 この法人市民税は申告して納税するシステムだと思いますので、自分が申告して未納になったというのは、倒産か何かあったのか、その辺の事情をちょっとお聞きしたいです。 ○山崎諭決算特別委員長 金子納税課長。 ◎金子重也納税課長 お答えします。   もっと読む
2018-09-04 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号 これが分からないでは済まない話ですので、ぜひこれからサブリースの契約をして、先程申し上げました先方が倒産とか自己破産をしたときに、どういうリスクを負わなければいけないのか。せめてそのぐらいは答弁をいただきたい。   もっと読む
2018-05-21 庄内町議会 平成30年  5月 全員協議会-05月21日−01号 それから、住宅以外の空き工場、空き店舗、このことについても今後まとめないと、住宅ばかりではだめなんだということもしっかりと当局に言っておりますし、特に畜産関係の空き畜舎、これの被害が実際出ているということで、これをどのように解決するのかというのもあるので、畜舎関係なんかは、倒産して辞めている方が被害出しても、弁償能力がないということもあって、かなり深刻な問題もあるので、こういったものが今の、敢えて課題 もっと読む
2018-03-05 鶴岡市議会 平成 30年  3月 定例会-03月05日−03号 このような相続にかかわる問題のほか、法人であれば、倒産の結果として所有者不在となる場合も含めた対処が課題となっているところでございます。   続いて、このような所有者不明不在の空き家に関して市が主体的に行うことができる対策といたしましては、まずは特別措置法の第14条第10項に基づく略式代執行というのが考えられるところでございます。 もっと読む
2017-12-07 鶴岡市議会 平成 29年 12月 定例会-12月07日−02号 また、国民健康保険法第77条に基づく保険料の減免等につきましては、本市国民健康保険税条例の定めるところによりまして、生活に困窮されている世帯等に係る保険税の減免を行っておりまして、倒産や解雇などにより仕事を失った方については、国民健康保険税の軽減制度として、非自発的失業者に対する保険税の軽減に該当する場合もありますので、まずは御相談をいただきたいと思っております。    もっと読む
2017-12-05 村山市議会 村山市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月05日−02号 そんなことを組んでいたら、一発で次の年は倒産です。そういう意味で考えると、やっぱりマックスは必要です。私が言いたいのは、観光客がバラ観光で、いきなり1年間に数日間あるいは1週間わあっと来たから、それに合わせる必要はないと思っているんです。やっぱり多くの平均的なものに合わせていくべきだろうと、こういうふうに考えています。   もっと読む
2017-09-28 村山市議会 村山市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月28日−03号 成果出さない限り会社倒産ですよ。そういう気持ちで、やっぱり事業課なんかは望んでいかないと、前に進めないんじゃないかなという感じがするわけです。その辺、今後十分留意して、結果をきちっと把握する、この事業取り組んだら。 もっと読む
2017-09-11 高畠町議会 2017-09-11 平成29年決算特別委員会 本文 それから、現年分の不納欠損につきましても、ただいま申し上げましたように、法人であれば、企業の倒産ということもありますし、固定資産税であれば、当然に同じように死亡された方、あるいは相続放棄というふうなことで収納ができないというケースもございますので、そういった分につきましては、現年分であっても速やかに不納欠損をすることによって全体的な収納率を引き上げることができるということになってまいりますので、町の もっと読む
2017-06-15 川西町議会 平成29年  6月 総務生活常任委員会(6月15日)-06月15日−01号 今もう銀行自身が倒産に追われるような状況なんですよね。合併合併で何とか云々はしていますけれども、中小企業は銀行潰れたら大変なんですよね。既にご商売されている方もこの議員の中ではおられるんで、わかるんですけれども。  私も小さいちょっとした法人であれしているんですけれども、アルバイト雇うのにも、その後、やり方によっては社会保険事務所からまた請求が来たり、もうこれ大変だと思いますわ。 もっと読む
2017-03-06 鶴岡市議会 平成 29年  3月 定例会-03月06日−03号 御自身も会社の倒産を機に鬱病になり、死を選びそうになる自分と闘ったことを踏まえて、その後このNPO法人を立ち上げ、経営不振に苦しむ中小企業者を中心にさまざまな具体的なアドバイスをされているようです。その活動は、後に自殺対策基本法の制定にもつながり、その法律の基本理念にあるように、自殺は個人的な問題として捉えるべきものでなく、社会的な取り組みとして実施されなければならないと力強く語っておられました。 もっと読む
2016-12-13 庄内町議会 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月13日−01号 一方、過去の不祥事から不正防止の対応として、条件を付さない一般競争入札を実施した自治体は、ダンピングによる低価格落札により工事の品質低下や地元業者の疲弊や倒産による地元経済への悪影響から、一転して地元業者優先で落札率を上げるという入札対応に迫られている自治体もある。   もっと読む
2016-12-01 庄内町議会 平成28年 12月 全員協議会-12月01日−01号 一方、過去の不祥事から不正防止の対応として、条件を付さない一般競争入札を実施した自治体は、ダンピングによる低価格落札により工事の品質低下や地元業者の疲弊や倒産による地元経済への悪影響から、一転して地元業者優先で落札率を上げるという入札対応に迫られている自治体もある。   もっと読む
2016-10-11 川西町議会 平成28年 10月 議員協議会(10月11日)-10月11日−01号 人間、会社をつくって一生懸命仕事をするんですけれども、時代の流れとかいろんなことがあって、会社が倒産するというか、なくなるということはあり得ることなんで、そのことに対して我々どうこう言うことはないんですけれども、これも仕方がないかなという、誰も潰そうと思って潰しているわけじゃないだろうというふうに思いますし、これは仕方がないんかなというふうには思いますが、我々がこれから大事なのは、この後どのようになっていくんかということが もっと読む
2016-09-12 川西町議会 平成28年  9月 公営企業会計決算審査特別委員会(9月12日)-09月12日−01号 会社が倒産したとか、本人死亡とかいう部分でございますので、これについては対応のほうができない分ということになっております。  以上でございます。 ○委員長(大矢根秀明) 大崎委員。 ◆委員(大崎淳正) 本人死亡とかの場合はともかくとして、会社が破産した、清算したとなると、管財人や清算人が立って後日財産の処分が行われると。 もっと読む
2016-09-06 村山市議会 村山市議会 会議録 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月06日−03号 また、介護報酬の大幅な削減を行い、これにより2015年の介護事業所の倒産件数は過去最多を記録し、都市部を中心にヘルパー事業所やデイサービスの撤退が相次いでいます。特養ホームなど介護施設も軒並み減収となり、サービスの後退や職員の処遇悪化が大問題となっています。  政府による公的介護の切り捨ては、これで終わりではありません。 もっと読む
2016-09-05 鶴岡市議会 平成 28年  9月 定例会-09月05日−04号 御質問の建物は、所有管理していた法人が平成19年に倒産し、破産手続が進まれておりましたが、平成22年5月に所有者である法人の破産手続自体が廃止となり、所有者である法人は清算法人として存在はするものの管理能力はなく、管理人不在のまま負の財産として建物を放置されている状態にあります。 もっと読む
2016-09-02 川西町議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月02日−02号 逆に言うたら、倒産したような企業が末端で窓口に立っているところがちょろちょろ動いて、自分らの収益を求めるようなことうろうろしているだけで、そこに税金の滞納があって、早く納めてくださいよとか、いやそんなことごちゃごちゃ言われたら太陽光はどないですやろうと、手っ取り早いからね。  そやけれども、そんなものに振り回されているのが行政でしょう。行政とは何なんですか。 もっと読む
2016-06-13 川西町議会 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月13日−02号 さらに、事業者も資金源の金融機関が倒産したりして、開発事業がとまってしまいました。固定資産税も滞納額が膨らみ、土地の所有者も変わり、開発許可の変更も余儀なくされました。一時は国道173号との接道の土地を上げて、上下水道の工事も進みましたが、また開発がこれで進むと思われました。しかし、荒れた土地をもとに戻すには膨大な費用がかかります。 もっと読む
2016-03-08 鶴岡市議会 平成 28年  3月 定例会-03月08日−04号 本市の補助金返還の原因は、明らかに業務受託者の株式会社鶴岡コールセンター並びに親会社の株式会社DIOジャパンの不適切な対応によるものであり、本来は両社に求償してしかるべきものと認識しておりますが、不適正支出の調査が開始された時点で既に両社は事実上倒産しております。 もっと読む
2016-03-02 村山市議会 村山市議会 会議録 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−02号 消費税が10%になったら、税金を払えず倒産しかないと話す建設業の経営者の方の話を聞きました。  また、TPP問題も農業を初め多くの方の不安を聞きます。戦争法案と言われる安全保障関連法案問題、立憲主義、民主主義、国民生活の危機問題を初め多くの問題を控えています。市長はこのような問題解決のための参議院選挙にどのような態度で臨むか伺います。   もっと読む