150件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

天童市議会 2018-09-13 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号

職員の配置に関しましては、げんキッズのほうで、年度とか時期によってやめられる方もあるので変動するんですが、保育を11名から14名ほど雇用しております。長時間の保育に関しては4名ほど雇用しておりまして、あとは御家庭子育て中で保育資格を持っていらっしゃる主婦の方をその他で雇用させていただいております。  保育に係る保育の人数に関しましては、保育園と同等の人数で対応しております。  

庄内町議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月08日−04号

具体的な内容につきましては、支援員の基礎資格は、庄内町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例第10条第3項で、保育資格を有する者など、各号いずれかに該当する者と規定しておりますが、今回の改正は、この規定に、高校を卒業していない者でも、5年以上事業に従事し、町長が適当と認めれば支援員となる資格が付与される、基礎資格を拡大することが追加されたものでございます。

庄内町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

また、この中にあります「専門家による保育の関わり方の指導児童観察など、より保育の質の向上に努めていくために、外部からの指導者やアドバイスを受けているという内容がありましたが、そのような今の現状、今の現場の悩み、現場の現状を把握する上で、担当課としてはどのような聞き取りとか、どのような連携を取られておるのかお伺いいたします。

天童市議会 2018-03-23 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月23日−04号

待機児童解消に向け、児童福祉施設の増や保育確保のための施策に力を入れ、大規模化している放課後児童クラブの増設に適切に対応するなど、子育て支援策の一層の充実に力を入れられたことを高く評価するものであります。  一般会計予算について、全てを否決するものではないことを先に申し上げて、次の点について反対の意見を申し上げます。  

庄内町議会 2018-03-19 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月19日−06号

保育園におきましては、必要な保育看護師を何度も募集しても、ただの一人さえ応募していただけない状況でございます。この状況を踏まえて、私は、この問題を解決するためには応急処置ではだめなんだと。根本的に解決するためには、やはりこの同職員勤務時間と報酬を改正前に戻す、これが最善の道であると1年間訴え続けてまいりましたが、平成30年度予算案には反映させることはありませんでした。

天童市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月06日−03号

保育園等児童施設保育さん、小・中学校教員の皆さん、学童保育の支援員の皆さん、また民生委員などとの連携は、きちんと図られているのか伺っておきたいと思います。  最後になりますが、2018年度、国は生活保護基準を引き下げようとしています。受給者への影響をどう見て、どう対処しようとしているのか伺いたいと思います。  2018年、今年は5年に一度の生活扶助基準の見直しの年となっております。

天童市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第5回)-03月05日−02号

◆5番(佐藤俊弥議員) 平成25年までやって、そのあとはまだ今のところ予定がないということみたいですけれども、全国的に一番不足している保育介護士の養成を行っている由緒ある短期大学が本市にございます。学生たちは生涯学習の足がかりを見つけ、日々、自己の向上に取り組んでいます。学生が喜びに満ちた学園生活を送れるように、高擶駅から清池跨線橋に向かう線路沿いを、南に新しい道路の整備をしていただきたい。

天童市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第5回)-02月28日−01号

1目児童福祉総務費340万8,000円の減額につきましては、国の子ども・子育て支援交付金の確定に伴う返還金の計上のほか、保育宿舎借り上げ支援事業費補助金の減額が主なものであります。  2目児童措置費720万7,000円の減額につきましては、支給見込額の精査による児童福祉扶助費の減額のほか、国の補正予算を活用した児童発達支援施設整備事業費補助金の計上が主なものであります。  

庄内町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−04号

それでは、それぞれの担当現場での不都合についてですが、6月定例会質問したときに主にピックアップして伺ったのが、保育園の保育看護師公民館主事についてでございました。  一定見解は伺っておりますが、まずは保育園の保育看護師について。勤務時間を削減し給与が15%減ったことによって、なかなか必要な人材が確保できないということは認めていただいたと思っております。

天童市議会 2017-12-13 平成29年 12月 予算特別委員会-12月13日−02号

3款2項4目の保育園費、下のほうに私立保育所に要する経費ということで、保育委託料4,000万円ほど増額ということで、たしか保育の処遇改善だったような説明を受けたんですが、詳細をお知らせいただければと思います。 ○鈴木照一予算特別委員長 湯村子育て支援課長。 ◎湯村耕司子育て支援課長 お答えを申し上げます。  このたびの保育委託料4,000万円の増額でございます。

天童市議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

先ほど保育の確保ということが問題になるのかなというお話があったかと思いますけれども、天童市では保育の就職ガイダンスを開催したり、宿舎の借り上げ補助を行ったりということで、こういった活動、事業は継続していく必要があるのかなと思っているところでございます。このほかにもいろいろ考えていく必要があるのかなという気がしております。  

天童市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

なお、休日保育を実施するには、保育の増員等が必要となりますが、年間を通して休日に開所する民間立保育施設等には、保育委託料等への休日保育加算制度があります。今後、施設を運営する民間事業者に対し、休日保育のニーズを提示しながら、休日保育の実施を働きかけてまいりたいと考えております。 ○赤塚幸一郎議長 片桐農業委員会会長。 ◎片桐久雄農業委員会会長 水戸芳美議員の御質問にお答えを申し上げます。  

庄内町議会 2017-09-14 平成29年  9月 決算特別委員会-09月14日−04号

当然、それは保育という資格をお持ちでございますので、それまでの経験等の年数、または、これまで勤めていた職場等での待遇等が少しずつ影響されているものということで伺っておりますので、必ずしも同額ではないという状態と把握しております。 ◆小野一晴委員 町直営ではありませんので、プライバシーということがかかわるのであれば、これ以上は伺いません。

庄内町議会 2017-09-13 平成29年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号

あと、狩川保育園の看護師に関しましては、0歳児もおりますので、お預かりしたあとの体調不良に対応するための業務もありますし、たまに、だいぶ調子は良くなって保育園にお出でになったお子さんで、薬をもう少し飲ませないといけないというようなお子さん、医者からは保育園行ってもいいですよと言われても、お薬があるお子さんですと看護師が管理されて、時間でお薬を保育の方に渡したりということで、保育園に登所されたお子さんの

天童市議会 2017-09-11 平成29年  9月 予算特別委員会-09月11日−01号

その上の3款2項1目になりますが、保育宿泊借り上げ支援事業費補助金ということで、県事業ということで、52万2,000円補助金がついて今回こうなっているわけなんですけれども、この県からの補助金というものが、どこのほうに支出されるものなのかちょっと教えていただければと思います。 ○松田光也予算特別委員長 湯村子育て支援課長。 ◎湯村耕司子育て支援課長 お答え申し上げます。  

庄内町議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月11日−05号

そして、保育園の保育について、いろいろな声が私にも届きます。公民館公民館主事の皆さんのお話も伺って、たぶん、教育委員の皆さんも行っていろいろお話を聞いていると思います。総合教育会議等あれば、その中に会議録が残るのでしょうが、確か今年の1月以降からされていないようですね。  

天童市議会 2017-08-30 平成29年  9月 定例会(第3回)-08月30日−02号

放課後児童支援員の雇用に当たっては、雇用形態を長期的に安定したものとし、放課後児童支援員が長期にわたって安心して就業できるよう、処遇改善や労働環境の整備にも努めることが求められているわけですが、大変な仕事の割には、同じ資格を持った保育や教師などに比べて給料は安く、募集してもなり手がない。支援員不足は深刻であります。

天童市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月15日−02号

次に、市立保育園や児童館保育も非正規保育の割合が高くなっております。正規保育と同じ資格を持って同じ仕事をしていますが、処遇面では格段の差があります。こちらも臨時、正規保育の割合が全国平均で43%になっているとの調査があり、非正規保育の年収は200万円にも満たない実態があります。  同一労働同一賃金を目指すことに反する働かせ方と思いますが、改善策を考えているのか伺います。  

庄内町議会 2017-06-13 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月13日−01号

それから、以前に、3月では保育の充足が満たされていないというようなこともありましたが、保育は今のところ充足されているのか、この点についてもお伺いいたします。  次に、5項2目の公民館費でありますが、2節の給料で、職員分給料の減額とありますが、どこの公民館なのか、この点についてもお伺いいたします。  

庄内町議会 2017-03-21 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月21日−06号

また、今回の労働時間の短縮やそれにともなう減収は、保育の現場では保育の確保がますます難しくなっている現状にあります。確保されたとしましても、今後のことが危惧されますし、交代の多い保育現場を考えてみましても、子どもたちにとって良い保育環境とは考えにくい現状であります。